<研究報告書>
超離散周期戸田格子の幾何学的実現

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 周期離散戸田格子の時間発展はそのスペクトル曲線である超楕円曲線と他の平面曲線との交叉を用いて幾何学的に実現できる.また,このような幾何学的枠組みは超離散化の手法を用いてトロピカル幾何学に翻訳可能である.本稿では,その帰結として得られる,超離散周期戸田格子のトロピカル平面曲線を用いた幾何学的実現について概観する.

本文情報を非表示

Article_No_18 pdf 127 KB 167  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
注記
登録日 2014.07.07
更新日 2015.12.07