<記事>
変わりゆく大学図書館員の役割

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
概要 科学技術・学術審議会の学術情報基盤作業部会(2010年)及び学術情報委員会(2013年)による「審議のまとめ」をふまえ,主に大学図書館を対象に,図書館員の変わりゆく役割について考察する。現在の日本における大学や大学図書館が置かれている状況を整理したうえで,今後の図書館に起こり得る変革も視野に入れて,大学図書館員に求められる新たな期待と役割について説明する。また,九州大学が2011年に開設した「教材開発センター」や大学院「ライブラリーサイエンス専攻」等の活動を紹介しながら,図書館員の人材育成・確保のための仕組みを構築する方法について述べ,最後に,図書館員の未来について展望する。
Focusing on academic libraries, this paper discusses the changing role of the librarian based on the "Summary of discussion" by the Science Information Infrastructure Working Group (2010) and the Scientific Information Committee (2013) in the Council for Science and Technology. After reviewing the current status of universities and academic libraries, we describe the new roles and the expectations required of academic librarians, considering the changes which may occur in the library of the future. It also discusses how to build the mechanisms for human resource development and securing of librarians, while introducing activities of "Innovation Center for Educational Resource" and "Department of Library Science" at Kyushu University. Finally we present the future outlook for librarians.
目次 1.はじめに 2.大学図書館を取り巻く状況 3.図書館に求められる変革 3.1.九州大学での図書館改革 3.2.大学図書館に求められる機能・役割 4.図書館員に必要な専門性 4.1.業務内容の変化に応じた図書館員の資質・能力 4.2.教材開発支援における専門性 4.3.サブジェクト・ライブラリアンとしての専門性 5.図書館の機能高度化に向けた図書館員の養成 5.1.大学図書館員の育成・確保の在り方 5.2.九州大学大学院ライブラリーサイエンス専攻の取り組み 6.図書館員の未来 注・参考文献

本文情報を非表示

Arikawa pdf 457 KB 1,446  

詳細

レコードID
査読有無
主題
ISSN
NCID
注記
登録日 2014.06.09
更新日 2015.04.22