<紀要論文>
診断用X線のスペクトル測定 : カーボンファイバグリッドの評価

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 241Amの光子によるグリッドの透過率を比較すると59.5keVではカーボンファイバを67%、Alを56%透過した。また26.4keVでは59%、21%の光子数が透過した。直接線、散乱線のエネルギースペクトルからもカーボンファイバグリッドの透過性の優秀さが特に低エネルギー側で確認された。光子数から求めた散乱線含有率は80kVで5% 100kVで6.3%であった。このことは鉛ハクの方向に対する散乱線...の方向を考慮することにより増加する可能性がある。なお、本論文の一部を第39回日本放射線技術学会総会(大阪)、要旨は第34回九州部会総会(沖縄)で発表した。続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000074987-00001 pdf 284 KB 576  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2010.06.28
更新日 2016.08.08