<紀要論文>
フランスにおける「視聴覚コミュニケーションの自由」(三・完) : 1980年代におけるその形成と展開

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
目次 はじめに, 第I章.前史, 第1節.「独占」システムの内在的崩壊要因, 1.l'O.R.T.Fの実質的崩壊, 2.「周辺放送局」の台頭, 第2節.「独占」システムの外在的崩壊要因, 1.「自由ラジオ」の出現と発展, 2.イタリアの動向, 第II章.立法による「視聴覚コミュニケーションの自由」の保障, 第1節.「1981年法」 : 「独占」の”特例”, 1.「81年法」の性格と制定の背景, 2.内容, 第2節.「1982年法」による放送の「自由化」, 1.制定の背景, 2.「視聴覚コミュニケーションの自由」の保障, 3.H.A.C.A.の創設 : その権限および組織, 4.その他の特色, 第3節.「1986年法」と「自由」, 1.制定の背景, 2.「視聴覚コミュニケーションの自由」の性格, 3.C.N.C.L.の創設 : その組織および権限, 4.その他の特色, 第4節.「1989年法」による「1986年法」の改正 : 「改正86年法」としての現行法制の確立, 1.制定の背景, 2.「改正86年法」の特色, 3.C.S.A.の創設 : その組織および権限, 小結, 第III章.フランス憲法院と「視聴覚コミュニケーションの自由」, 第1節.1981年10月30日・31日の憲法院判決, 第2節.1982年7月27日の憲法院判決, 第3節.1986年9月18日の憲法院判決, 第4節.1989年1月17日の憲法院判決, 小結, 結語

本文情報を非表示

KJ00000075376-00001 pdf 1.86 MB 77  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2011.09.12
更新日 2017.01.06