<紀要論文>
民事鑑定における当事者権 : 弁論権の保障を中心として

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
目次 はじめに : 本稿の問題意識と目的, 第一章.鑑定の意義, 第一節.「裁判官の判断能力の補助」と「当事者の攻撃防御方法」, 第二節.当事者の納得形成のためのプロセスとしての鑑定, 第二章.鑑定人尋問権の理論的位置づけ, 第一節.日本における鑑定人尋問権, 第二節.ドイツにおける鑑定人尋問権, 第三節.検討, 第三章.鑑定人尋問の実効化, 第一節.鑑定人尋問の実務上の問題点, 第二節.鑑定人尋問の実効化のための方策, 第四章.鑑定作業における当事者の立会権, 第一節.日本における立会権, 第二節.ドイツにおける立会権, 第三節.検討, おわりに : 専門訴訟の脱専門化へ向けて

本文情報を非表示

KJ00000075372-00001 pdf 3.05 MB 810  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.04.22
更新日 2017.01.06