<紀要論文>
診断用X線スペクトルの測定 : フイルム面に入射するX線スペクトル

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 直接線及び散乱線を測定することにより,実際にフィルム面に入射するX線のエネルギースペクトルをグリッドが有る場合と無い場合について測定した。このスペクトルから次のことが要約される。(1)グリッドが無い場合,散乱線の寄与が光子数で57%である。(2)グリットを使用した場合には散乱線の寄与は7%になる。(3)グリッドを使用することにより,直接線が37%減少した。これらスペクトルの管電圧,付加フィルター,...X線の照射野,ファントームの幾何学的条件などによる変化は今後の問題であり,これと画像との関係はさらに検討が必要であろう。続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000075329-00001 pdf 277 KB 236  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2010.06.07
更新日 2016.07.19