Japanese Acupuncture and Moxibustion in 16-18th Century Europe

Views: 797
Downloads: 473
このエントリーをはてなブックマークに追加

Japanese Acupuncture and Moxibustion in 16-18th Century Europe

Format:
Article
Kyushu Univ. Production Kyushu Univ. Production
Title(Other Language):
16〜18世紀のヨーロッパへ伝わった日本の鍼灸
Responsibility:
ミヒェル, ヴォルフガング(九州大学:名誉教授)
Language:
Japanese
Publication info:
全日本鍼灸学会雑誌. 61, (2), pp. 150 (42)-163 (55), 2011-05-01. 全日本鍼灸学会
Version:
Publisher
Table of Contents:
近世東西交流における医学// 情報発信地としての「鎖国日本」// 和漢医学に関心を寄せる南蛮人 // 日欧医師の継続的交流を可能にしたオランダ商館の移転 // 足痛風の治療薬としての「Moxa」// 鍼の西漸 // 分れる評価
近世東西交流における医学// 情報発信地としての「鎖国日本」// 和漢医学に関心を寄せる南蛮人 // 日欧医師の継続的交流を可能にしたオランダ商館の移転 // 足痛風の治療薬としての「Moxa」// 鍼の西漸 // 分れる評価

View fulltext

Similar Items:

9
Caspar Schambergers Aktivitäten als Barbierchirurg in Japan by Michel, Wolfgang; Michel-Zaitsu, Wolfgang
10
近世日本医学における「越境」と「折衷」 by Michel, Wolfgang; Michel-Zaitsu, Wolfgang
9.
Caspar Schambergers Aktivitäten als Barbierchirurg in Japan by Michel, Wolfgang; Michel-Zaitsu, Wolfgang
10.
近世日本医学における「越境」と「折衷」 by Michel, Wolfgang; Michel-Zaitsu, Wolfgang