close
1.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 芦田川本流域の村々 — Villages in the Basin of the Ashida River
服部, 英雄 ; Hattori, Hideo
出版情報: 国立歴史民俗博物館研究報告. 28, pp. 135-175, 1990-03. 国立歴史民俗博物館
本文を見る:
目次:
はじめに 一、伊尾村の地名と名 二、芦田川流域の灌漑用水と水利慣行 まとめ
はじめに 一、伊尾村の地名と名 二、芦田川流域の灌漑用水と水利慣行 まとめ
2.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of Quantification of Bird-to-Bird and Bird-to-Human Infections during 2013 Novel H7N9 Avian Influenza Outbreak in China
Hsieh, Ying-Hen; Wu, Jianhong; Fang, Jian ... [ほか]
出版情報: MI lecture note series. 60, pp. 1-2, 2014-11-28. 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
本文を見る:
3.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of SARS and Ebola: Clinical and epidemiological point of view
浦島, 充佳 ; Urashima, Mitsuyoshi
出版情報: MI lecture note series. 60, pp. 3-5, 2014-11-28. 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
本文を見る:
4.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 数理モデルによる抗ウイルス薬の薬効評価系の確立 — Mathematical modeling of combination drug effects
小泉, 吉輝; Koizumi, Yoshiki; 岩見, 真吾 ... [ほか]
出版情報: MI lecture note series. 60, pp. 6-10, 2014-11-28. 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
本文を見る:
概要: HCVに対するさまざまな治療薬が臨床開発されているが、多くの場合単剤では長期的なウイルス排除は望めないため、多剤併用療法が求められる。今後さまざまな系統の抗HCV剤が利用可能になると期待されることから、最適な多剤併用設計の理論基盤の構築が重要となる。本研究の目的は、数理モデルを基軸とした数理生物学的手法を駆使して、抗ウイルス薬の薬効を定量的に検証・評価し、同時に、最適な投薬戦略をデザインするための理論を構築する事である。 続きを見る
5.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of Assessment of current rabies prevention act in Japan through infectious disease modelling
門脇, 弾; Kadowaki, Hazumu; 蒔田, 浩平 ... [ほか]
出版情報: MI lecture note series. 60, pp. 11-14, 2014-11-28. 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
本文を見る:
概要: In Japan, rabies had been eradicated in 1956 and Japan has been one of the rabies free countries since then. The success of rabies eradication depended heavily on the control measure, the Act of Rabies Prevention, which includes vaccination for dogs, registration of dogs, elimination of stray dogs and quarantine of animals. However, being free from rabies for a long time made Japanese public interest in prophylaxes weakened, and it is said that the number of registered dog is largely different from the actual number and that vaccination coverage is below 40%. Moreover, the risk of transmission of rabies in Japan might be different from the past because of the change of social situation such as relationship between dogs and humans, and urbanized environment. Under such circumstances, a study on the review of current rabies prevention measure in Japan was granted by the Japan Ministry of Health, Labor and Welfares. The purposes of our study are prediction of the rabies transmission dynamics in present situation, given the disease is introduced in Japan, and the assessment of cost and efficacy of different options of preventive measures. 続きを見る
6.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 確率微分方程式を用いたSIR解法とその応用 — Solving the SIR Equations via the Stochastic Differential Equations with Some Applications
野口, 和久; Noguchi, Kazuhisa; 廣瀬, 英雄 ... [ほか]
出版情報: MI lecture note series. 60, pp. 15-19, 2014-11-28. 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
本文を見る:
概要: The conventional SIR models given by the ordinary differential equations can be solved as an initial value problem. The solution may be obtained deterministically if the initial values are appropriately provided. However, disease spread phenomena show randomness. It would be more natural to deal with such equations incorporating stochastic terms. In this note, we discuss the modeling for such stochastic differential equations adapted to the SIR models 続きを見る
7.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of The Use of Mathematical Models to Evaluate Tuberculosis Control Interventions
Lin, Hsien-Ho
出版情報: MI lecture note series. 60, pp. 20-21, 2014-11-28. 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
本文を見る:
概要: Tuberculosis (TB) remains a major infectious disease in the world, with estimated eight million incident cases every year. In the past few decades, dynamic transmission models of infectious diseases have been used increasingly to inform policy making in TB control. In this talk I will give some examples on the application of infectious disease models in TB control. 続きを見る
8.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 基本増殖率R_0の感受性解析に基づく,大都市圏における効率的な防除政策の提案 — Efficient disease control strategy in metropolitan area based on sensitivity analysis of basic reproduction ratio R_0
八島, 健太; Yashima, Kenta; 佐々木顕 ... [ほか]
出版情報: MI lecture note series. 60, pp. 22-29, 2014-11-28. 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
本文を見る:
概要: 感染症流行に対し効率的かつ有効な防除政策を立案するためには,重点的に疫病対策を施すべき危険箇所の特定が重要となる.感染症への対抗資源(ワクチン,抗ウイルス薬等)が限られていることや,隔離政策の経済的影響(工場,事務所等の閉鎖)を最小限に抑える必要性から,流行を抑え被害を低減させる上で,疫学上危険な箇所から対策を施す必要がある.このことから本研究においては,実際の東京都市圏における交通流動データを用いて(大都市交通センサスを使用),大都市圏における疫学上危険個所のランク付けを,基本増殖率R_0の感受性解析を用いて行い,その有効性を示した.東京都市圏における感染症流行モデルは,各駅(約1,500駅)間を通勤・通学者(センサス・データに基づく150,000人)が通勤・通学に伴い往復するとしたメタ・ポピュレーションモデルにより定式化を行った.インフルエンザを想定した感染動態として,各個人の疫学状態として,感受性状態(S),感染状態(I),回復状態(R)からなるSIRモデルを用いた.このモデルに対し次世代行列を定式化し基本増殖率R_0を求めた.感受性人口を変化させた際の(ワクチン接種,隔離等に相当)基本増殖率R_0の変化を感受性解析により求め,すべての居住駅および通勤通学経路を,疫学上の危険度合いに応じてランク付けすることが出来た.これに基づき,3種類の防除政策を比較した.疫病対策を行う際に,危険度ランキングの(1)高い箇所から実施,(2)低い箇所から実施,(3)ランキングとは無関係にランダムに実施.結果,感受性解析に基づいたランキングは非常に有効であることが確認出来た. 続きを見る
9.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of SARS and Ebola: Clinical and epidemiological point of view
浦島, 充佳 ; Urashima, Mitsuyoshi
出版情報: MI lecture note series. 60, pp. 3-5, 2014-11-28. 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
本文を見る:
10.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 数理モデルによる抗ウイルス薬の薬効評価系の確立 — Mathematical modeling of combination drug effects
小泉, 吉輝; Koizumi, Yoshiki; 岩見, 真吾 ... [ほか]
出版情報: MI lecture note series. 60, pp. 6-10, 2014-11-28. 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
本文を見る:
概要: HCVに対するさまざまな治療薬が臨床開発されているが、多くの場合単剤では長期的なウイルス排除は望めないため、多剤併用療法が求められる。今後さまざまな系統の抗HCV剤が利用可能になると期待されることから、最適な多剤併用設計の理論基盤の構築が重要となる。本研究の目的は、数理モデルを基軸とした数理生物学的手法を駆使して、抗ウイルス薬の薬効を定量的に検証・評価し、同時に、最適な投薬戦略をデザインするための理論を構築する事である。 続きを見る