close
1.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 多視点カメラを用いた3次元人体動作の実時間推定 — A Vision-based Real-time Human Motion Capture System
谷口, 倫一郎; Taniguchi, Rin-ichiro; 米元, 聡 ... [ほか]
出版情報: 情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア]. pp. 65-72, 2001-07-06. 情報処理学会
本文を見る:
概要: 実生活環境において誰しもが利用可能な仮想環境インタフェースを構築するためには,機器の装着を強いられることなく,しかも実時間で人間の3次元的動作を計算機へ入力する手段が必要となる.本研究では,センサとしてカメラを用いて人間の頭部や手,足等の部位の3次元位置を追跡し,それらから人間の3次元動作を推定する手法について提案する.人体部位の追跡は色領域(blob)をベースに行い,複数視点からの観測結果を融合して部位の3次元位置を安定に求めている.しかし,この手法だけでは人間の姿勢推定に必要な肘,膝の位置が得られないので,これらの位置を求めるために逆運動学を実時間で近似的に解く方法を導入し,人間の3次元姿勢を実時間で推定することを可能にしている. 続きを見る
2.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of Human Figure Control Software for Real-Virtual Application
Yonemoto, Satoshi; 米元, 聡; Taniguchi, Rin-ichiro ... [ほか]
出版情報: Proceedings of Eighth International Conference on Information Visualisation, IV 2004. pp. 858-862, 2004-07. IEEE
本文を見る:
概要: We present human figure control software using vision-based human motion capturing. We have already developed core techniques for vision-based human motion tracking and motion synthesis. We have provided the first version software as an open source kit. In this work, we have developed the second version software with modified motion synthesis. Our software consists of the following software: the vision software (includes 2D blob tracking modules and stereo vision module) and the motion synthesis software (includes skeletal structure reconstruction from a limit number of 3D positions, i.e., physically simulated joint position estimator). This software can be employed for many real-virtual applications such as avatar based video conferencing, virtual human control, and 3D game consoles which need the user postures as input. Our software requires the following hardware: more than two firewire cameras for vision processing and more than one PC for vision processing, motion synthesis, and rendering. In our real-virtual system, this software is also employed for virtual object manipulation interface with augmented avatar representation. 続きを見る
3.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of Augmented Character Motion for Manipulation Tasks
Yonemoto, Satoshi; 米元, 聡; Taniguchi, Rin-ichiro ... [ほか]
出版情報: Proceedings of Ninth International Conference on Information Visualisation. pp. 785-789, 2005-07. IEEE
本文を見る:
概要: We have developed an automatic motion generation method for human-like characters. In previous works, we have already developed vision-based human motion capture technique and avatar motion control method toward realization of seamless interaction between users and virtual world. In this paper, we extend the avatar motion control method into augmented motion generation method for the support of animating manipulation tasks. 続きを見る
4.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 3次元人体動作の解析・生成による実時間インタラクションの実現 — 3D Human Motion Analysis and Synthesis for Real-time Interaction
米元, 聡; Yonemoto, Satoshi; 谷口, 倫一郎 ... [ほか]
出版情報: 画像の認識・理解シンポジウム, MIRU2002. 2, pp. 323-328, 2002-07.
本文を見る:
概要: 本研究は実空間と仮想空間との境界を意識させない,高度なユーザインタフェースの実現を目指している.具体的には,カメラを用いて人体の3次元動作を非接触に計測・解析し,その動作を入力として,実空間上の人間と仮想空間上のイベントや物体との円滑な実時間インタラクションを実現するシステムを開発している.画像認識の結果を利用して人体動作を再現する場合,その困難さから少数の部位の位置情報をもとにリアルな動作を生成することが必要となる.また,人にやさしいシステムであるために,システム側が人間すなわちユーザの意図した動作を的確に把握できることが望ましい.これらの2点を考慮したシステムについて述べる. 続きを見る
5.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 多視点動画像における3次元多関節物体の追跡 — Tracking of 3D Multi-Part Objects Using Multiple Viewpoint Time-varying Sequences
米元, 聡; Yonemoto, Satoshi; 布巻, 崇 ... [ほか]
出版情報: 画像の認識・理解シンポジウム, MIRU'98. 2, pp. 423-428, 1998-07.
本文を見る:
概要: This paper presents a shape and pose estimation method of 3D multi-part objects, whose purpose is to easily map objects in the real world into virtual environments. In general, complex 3D multi-part objects cause serious self-occlusion and non-rigid motion. To deal with the occlusion among them, we employ multiple viewpoint time-varying sequences, since there is enough information to estimate the parameters in the sensory data. In our framework, to minimize the error between the selected image feature points and the estimated model parameters, we employ a model fitting procedure which can select corresponding pairs adaptively. We have demonstrated our system works well for multiple-part objects using the real image data. 続きを見る
6.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of Avatar Motion Control by User Body Postures
Yonemoto, Satoshi; 米元, 聡; Nakano, Hiroshi ... [ほか]
出版情報: Proceedings of the eleventh ACM international conference on Multimedia. pp. 347-350, 2003-11. ACM
本文を見る:
概要: This paper describes an avatar motion control by body postures. Our goal is to do seamless mapping of human motion in the real world into virtual environments. We hope that the idea of direct human motion sensing will be used on future interfaces. With the aim of making computing systems suited for users, we have developed a computer vision based avatar motion control. The human motion sensing is based on skin-color blob tracking. Our method can generate realistic avatar motion from the sensing data. We address our framework to use virtual scene context as a priori knowledge. We assume that virtual objects in virtual environments can afford avatar's action, that is, the virtual environments provide action information for the avatar. Avatar's motion is controlled, based on simulating the idea of affordance extended into the virtual environments. 続きを見る
7.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 多視点カメラを用いた色領域追跡に基づく3次元人体動作の実時間推定 — A Real-time Human Motion Traking System Using Multiple Cameras
米元, 聡; Yonemoto, Satoshi; 星野, 竜也 ... [ほか]
出版情報: 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解. 100, (702), pp. 57-62, 2001-03-16. 電子情報通信学会
本文を見る:
概要: 実生活環境において誰しもが利用可能な仮想環境インタインタフェースを構築するためには,機器の装着を強いられることなく, しかも実時間で人間の3次元の動作を計算機へ入力する手段が必要となる.本研究では,センサとしてカメラを用いて人間の頭部や手の3次元位置を追跡する手法について提案する.色情報を用いて人体部位の領域の追跡を行うが,その際,変形を許容した楕円形状モデルによって領域追跡の精度の向上を試みている.また,複数のカメラを用いた計測範囲の拡張についても示す. 続きを見る
8.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 変形可能モデルを用いた3次元多関節物体の形状・姿勢パラメータの推定 — Shape and Pose Parameter Estimation of 3D Multi-Part Objects
米元, 聡; Yonemoto, Satoshi; 鶴田, 直之 ... [ほか]
出版情報: 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解. 97, (205), pp. 141-148, 1997-07-25. 電子情報通信学会
本文を見る:
概要: 我々は実空間からのデータ獲得に基づく高リアリティ現実の実現を目指している. 本報告では, 複雑な3次元多関節構造を有する物体に内在する自己隠蔽や, その動きによる様相の変化に対処可能とするため, 複数の変形可能モデルを部位とした対象物モデルを構成し, そのモデル投影像を基にした画像合成による解析 (AbIS) の枠組を提案する. その枠組において, 多視点動画像から多関節物体の形状・姿勢パラメータ系列を推定するための方法を述べる. 合成データによる実験シミュレーションから本手法の有効性を示す. 続きを見る
9.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 多視点カメラを用いた実時間全身モーションキャプチャシステム : 視覚に基づく仮想世界との実時間インタラクション — A Real-time Full-body Motion Capture System with Multiple Cameras
米元, 聡; Yonemoto, Satoshi; 松本, 明日香 ... [ほか]
出版情報: 電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解. 98, (677), pp. 49-56, 1999-03-18. 電子情報通信学会
本文を見る:
概要: 我々は実空間の動物の動作を, 多視点カメラを用いて実時間で計測し, その情報をもとにリアリティの高い仮想空間を構成することを目指している. ビデオカメラを用いた画像ベースの実空間センシングは, センサ接触型の方法では計測できない情報(形状特性や表面など)を得ることができる利点がある. そこで, 我々は画像ベースのセンシングの実用化を目指すが, まず実時間性を重視するため, 人間の全身につけたカラーマーカの追跡を行なうプロトタイプシステム, つまり多視点カメラを用いた実時間モーションキャプチャシステムの開発を行なった. 本システムを高速通信系Myrinetで接続したPCクラスタ上へ実装し, 実時間かつオンラインで動作可能な仮想現実アプリケーションに適用した. 続きを見る
10.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 画像合成による解析に基づく3次元多関節物体追跡
米元, 聡; Yonemoto, Satoshi; 鶴田, 直之 ... [ほか]
出版情報: 第50回電気関係学会九州支部連合大会. pp. 91-91, 1997-10. 電気学会
本文を見る: