close
1.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of Future Direction of System LSI Design and Test Technology — システムLSI設計とテスト技術の将来動向
Yasuura, Hiroto ; 安浦, 寛人
出版情報: SLRC 論文データベース. 6, pp. 3-7, 2005-12. SEMI Japan
本文を見る:
概要: システムLSIのテストは、微細化・高速化・複雑化 によるテスト項目やテスト対象の変化とテスト時間の 増大という問題に直面している。プロセス変動や電源 電圧・クロック周波数の動的制御などによる設計パラ メーターの複雑化への対応と製造、検査、解析を考慮 した設計技術など今後の技術課題と動向を概観する。 続きを見る
2.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of User-Computer間の認証に関する考察 — Towards Secure Authentication between Human and Computer
渡部, 貴大; Watanabe, Takahiro; 野原, 康伸 ... [ほか]
出版情報: SLRC 論文データベース. 2006-01.
本文を見る:
概要: Electronic authentication with a portable device such as a smart card has been receiving increasing attention. In an authentication, the portable device is regarded as the human user himself. However, in an open environment like authentication systems, it is necessary to have a way of secure communication between the portable device and the human user. This paper considers an authentication of a server computer of a service provider by a human with a portable device as a part of the authentication and an attack by a client computer which relays the communication between the portable device and the server computer. As a defense against the attack, we introduce a system with a portable device which has an interface to show information to a human. 続きを見る
3.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of Energy Efficient Distributed Coordination Function for IEEE 802.11 Wireless LAN
Adil, Bourichi; Tsujimoto, Taizo; 辻本, 泰造 ... [ほか]
出版情報: SLRC 論文データベース. 1, pp. 323-326, 2006-01. Institute of Electronics and Electrical Engineers
本文を見る:
概要: This paper proposes an approach to save the energy consumed by a computer’s wireless network interface card (WNIC) due to the wireless communication activity in an IEEE 802.11 wireless local area network (WLAN). The energy efficiency design is considered at the MAC (Medium Access Control) layer, especially in its Distributed coordination Function (DCF), by reducing automatically the number of retransmissions due to collisions on the wireless channel. 続きを見る
4.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of リンク不能性を持つID照合システムの実装に向けて — Towards implementation of unlinkable identification scheme
中村, 徹; Nakamura, Toru; 野原, 康伸 ... [ほか]
出版情報: SLRC 論文データベース. 2006-01.
本文を見る:
概要: 近年RFID タグ、非接触型IC カードなどに代表されるRFID デバイスが急速に普及してい る。しかし、第三者が様々な場所でユーザのID を読み取り、ID を元にユーザの行動を追跡できる問題 がある。この問題の解決策としてRandomized Hash Lock 方式が提案されている。だがこの手法では、 ID 照合の度にサーバにおいてO(N) 回(N はデバイスの数) ハッシュ計算を行う必要があった。K 段ID 照合方式は、ID を木構造にすることでサーバにおけるハッシュ計算回数をKN 1 K にする。K 段ID 照合 方式では、K を増加させることによりサーバの処理時間を短くすることができる。一方でK を増加させ るとデバイスの処理時間は増加する。本稿では、実装結果を元にN 及びサーバの性能を変化させたとき の総処理時間を最小にするK について導出を行い、大規模RFID システムへの適用について考察する。 続きを見る
5.
その他
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 電子マネー実現に向けた現金通貨システムのモデル化 — A Model of Currency System for Electric Money System Design
小山, 健一郎; Oyama, Kenichiro; 野原, 康伸 ... [ほか]
出版情報: SLRC 論文データベース. 2006-03.
本文を見る:
6.
その他
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 現金通貨システムのモデルを用いた電子マネーシステムの解析 — Analysis of Electric Money System Using a Currency System Model
野原, 康伸; Nohara, Yasunobu; 小山, 健一郎 ... [ほか]
出版情報: SLRC 論文データベース. 2006-03.
本文を見る:
7.
その他
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 90nmCMOS回路における遅延及び電力ばらつきの実測 — Measurement of Delay and Power Variation in 90nm CMOS Circuits
山口, 聖貴; Yamaguchi, Masaki; Yang, Yuan ... [ほか]
出版情報: SLRC 論文データベース. pp. 23-24, 2006-03. 電子情報通信学会
本文を見る:
8.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of マイクロプロセッサのエネルギー消費特性抽出とソフトウェアデバッガを用いた消費エネルギー見積もり — An Energy Characterization Technique for Fast and Accurate Software Power Estimation
李, 東勲; Lee, Donghoon; 石原, 亨 ... [ほか]
出版情報: SLRC 論文データベース. 2006, (124), pp. 109-114, 2006-03. 情報処理学会システムLSI設計技術研究会
本文を見る:
概要: マイクロプロセッサの消費エネルギーを高い抽象度でキャラクタライズする手法を提案する。消費エネルギーのモデルには線形式を用いる。本稿におけるキャラクタライズとは、線形式のパラメータ係数をゲートレベルのエネルギー見積もり値に基づく重回帰分析により決定することを意味する。キャラクタライズは対象となるデバイス(マイクロプロセッサと使用されるプロセステクノロジ)ごとに行う。提案手法で導出した線形式を用いることによりマイクロプロセッサ上でソフトウェアを実行する際に消費されるエネルギーを数千から数万命令ごとの粒度で正確かつ高速に見積もることができる。M32R-IIプロセッサとSDRAMを主記憶としたシステムを対象として実験を行った結果、平均誤差8%、最大誤差38%で消費エネルギーの見積もりが行えることを確認した。 続きを見る
9.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of Exploiting Narrow Bitwidth Operations for Low Power Embedded Software Design
Yamaguchi, Seiichiro; 山口, 誠一朗; Muroyama, Masanori ... [ほか]
出版情報: SLRC 論文データベース. pp. 51-56, 2006-04. Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Infomation Technologies
本文を見る:
概要: This paper proposes a low power software design technique for processor-based embedded systems. A basic idea is to reduce switching activities in sign extension bits of instruction operands through shifting the operands. To the best of our knowledge, this is the first software-level power reduction technique which exploits narrow bitwidth operations. Our technique, called shifted operation technique in this paper, consists of following three steps: 1) shift operands from LSB side toward MSB side by optimal shift amount, 2) execute instructions with the shifted operands, and 3) shift back computational results to original positions. Experimental results exploiting shifted operation technique show about 10.7% energy reduction of datapath, and about 5.5% energy reduction of overall processor. 続きを見る
10.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 90nmCMOS回路における遅延および電力ばらつきの実測と解析 — Measurement and Analysis of Delay and Power Variations in 90nm CMOS Circuits
山口, 聖貴; Yamaguchi, Masaki; Yang, Yuan ... [ほか]
出版情報: SLRC 論文データベース. pp. 41-46, 2006-05. 電子情報通信学会VLD研究会
本文を見る:
概要: 近年,製造ばらつきに起因する回路性能のばらつきが顕著になってきている.回路性能のばらつきによっ て歩留まりが低下する.歩留まりを向上させるためにはばらつきに対処する設計手法が必要である.設計時にばらつ きを考慮するためには,まず性能ばらつきの実態を確認する必要がある.本稿では,90nm プロセスを用いたCMOS 回路において実測を行い,製造ばらつきが遅延および電力に与える影響について解析を行った.測定対象として199 段のリングオシレータを用いた.ばらつきはチップ内およびチップ間に分けて測定し,遅延,動作時の電力および静 止時の電力のばらつきについて実測および解析を行った.実測結果から,リーク電力のばらつきが大きいこと,チッ プ内よりもチップ間の方がばらつきが大きいことなどが確認できた. 続きを見る