close
1.
その他
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 九州大学新聞
出版情報: 九州大学新聞. 439, 1960-01-25. 九州大学新聞部
本文を見る:
目次:
強い政治への不信 九大生の意識調査から 安保改定反対九四% 岸内閣は保守、反動 社会党支持率ガタ減り 共産党はわずか一・五%/山田学長に聞く今年の九大 学生との話し合いの場を/生協化の推進を強調 第十一回代議員会総会開かる/自治意識の高揚を 野見山新委員長の抱負/九大人事 [異動] [出張]/盲点/論説 新しい段階の闘争へ 安保反対に終りはない/安保調印は矛盾への泥沼 破綻がくる独占資本の対米追随(具島兼三郎)/占領状態の米軍駐留 国連を通じて基地撤廃へ 平和条約は“従” 安保条約が“主” 『極東の安全』は日本を戦争へ?(伊藤不二男)/条約審査権は持つべき 最終的判断は国民に(手島孝)/『西日本文学』発刊/石炭は燃えている1 クビ切りをかくす斜陽論 石油資本に従属する日本 失業者は十万 社会が生んだ危機 合理化のカラクリ 類例のないクビ切り 前時代的な経営/ボタ陰の炭住街を行く 診療班に同行して 炭住を覆う病魔と貧困 あてのないその日暮し ボタ化する人達 お粗末な救済法 家計に響く正月休み 病気におびえる炭住 冷淡な役所の窓口(HIRO)/定款の基本線を承認 生協設立総会開く/るうぺ 物理学と九大生(森田右)/ユネスコ教育局長に平塚益徳教授(教)/理学部長決る 吉村恂教授/政治活動と補導教官 教育行政に残る占領政策 失なわれる教基法の理念(河野和正)/西日本別府庭球大会開く/サッカー 対佐大定期戦に勝つ/学生部長に細川理学部教授/山岳部 槍岳、穂高に遠征/大学院の募集始まる 【法学部】 【教育学部】/学生庭球ランキング一位に寺岡(九大)/昆虫学・動物学の合同例会/“るつぼ”合評会/今年の入試要項決る 電子工学科を新設/学芸 お粗末な教育施設 表面は華やかな沖縄経済(高田源清)/学芸 山村教授(医)に朝日文化賞 結核の生化学的研究で/学芸 特徴を失ったテナー 充実していた『月夜孟宗』 コールアカデミー(内海敬三)/学芸 機械主義に反省の機 科学史における宗教(石蔵甚平)/これからの人 中村之臣 老化現象に取り組む ネズミやウサギが相手/第三回松原賞小説を募る(九州大学新聞)/学芸 支配層の手を離れる 確立されたオーケストラ編成 18世紀の音楽(今井直典)
強い政治への不信 九大生の意識調査から 安保改定反対九四% 岸内閣は保守、反動 社会党支持率ガタ減り 共産党はわずか一・五%/山田学長に聞く今年の九大 学生との話し合いの場を/生協化の推進を強調 第十一回代議員会総会開かる/自治意識の高揚を 野見山新委員長の抱負/九大人事 [異動] [出張]/盲点/論説 新しい段階の闘争へ 安保反対に終りはない/安保調印は矛盾への泥沼 破綻がくる独占資本の対米追随(具島兼三郎)/占領状態の米軍駐留 国連を通じて基地撤廃へ 平和条約は“従” 安保条約が“主” 『極東の安全』は日本を戦争へ?(伊藤不二男)/条約審査権は持つべき 最終的判断は国民に(手島孝)/『西日本文学』発刊/石炭は燃えている1 クビ切りをかくす斜陽論 石油資本に従属する日本 失業者は十万 社会が生んだ危機 合理化のカラクリ 類例のないクビ切り 前時代的な経営/ボタ陰の炭住街を行く 診療班に同行して 炭住を覆う病魔と貧困 あてのないその日暮し ボタ化する人達 お粗末な救済法 家計に響く正月休み 病気におびえる炭住 冷淡な役所の窓口(HIRO)/定款の基本線を承認 生協設立総会開く/るうぺ 物理学と九大生(森田右)/ユネスコ教育局長に平塚益徳教授(教)/理学部長決る 吉村恂教授/政治活動と補導教官 教育行政に残る占領政策 失なわれる教基法の理念(河野和正)/西日本別府庭球大会開く/サッカー 対佐大定期戦に勝つ/学生部長に細川理学部教授/山岳部 槍岳、穂高に遠征/大学院の募集始まる 【法学部】 【教育学部】/学生庭球ランキング一位に寺岡(九大)/昆虫学・動物学の合同例会/“るつぼ”合評会/今年の入試要項決る 電子工学科を新設/学芸 お粗末な教育施設 表面は華やかな沖縄経済(高田源清)/学芸 山村教授(医)に朝日文化賞 結核の生化学的研究で/学芸 特徴を失ったテナー 充実していた『月夜孟宗』 コールアカデミー(内海敬三)/学芸 機械主義に反省の機 科学史における宗教(石蔵甚平)/これからの人 中村之臣 老化現象に取り組む ネズミやウサギが相手/第三回松原賞小説を募る(九州大学新聞)/学芸 支配層の手を離れる 確立されたオーケストラ編成 18世紀の音楽(今井直典)
2.
その他
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 九州大学新聞
出版情報: 九州大学新聞. 440, 1960-01-26. 九州大学新聞部
本文を見る:
目次:
武装警官三百学園に乱入 22日午前2時押収書類奪う 侵された大学の自治 21日早朝 九学連書記局捜索される “押収書類を再検討せよ” 学内、学生の立合いで 無力だった学校当局 学友 “無抵抗の抵抗”で抗議 代表団を入れぬ警察 22日東署へ抗議デモ 大藪九学連委員長逮捕さる/論説 大学の自治は無力か 権力からの防塁を築け/学校側の責任を追求 23日抗議集会 四要求申し入れる/全学自治懇談会開く/真相報告会開く 大学当局と警察へ抗議文 26日/捜索差押許可状/押収品目録/警官の乱入事件に関する声明/当日の我々の行動(丸山儀四郎)/警官乱入をこう思う 大学の中で解決を (奥田譲)/警官乱入をこう思う 自治には能力が要る(細川隆英)/警官乱入をこう思う 学生を理解すべきだ(平岩馨邦)/警官乱入をこう思う お互いの信頼が先決(副田満輝)/警官乱入をこう思う 私たちは正しかった(木原悠子)/九大事件と大学の自治(嶋(ママ)崎譲)/安保反対運動への弾圧(梯武寛)
武装警官三百学園に乱入 22日午前2時押収書類奪う 侵された大学の自治 21日早朝 九学連書記局捜索される “押収書類を再検討せよ” 学内、学生の立合いで 無力だった学校当局 学友 “無抵抗の抵抗”で抗議 代表団を入れぬ警察 22日東署へ抗議デモ 大藪九学連委員長逮捕さる/論説 大学の自治は無力か 権力からの防塁を築け/学校側の責任を追求 23日抗議集会 四要求申し入れる/全学自治懇談会開く/真相報告会開く 大学当局と警察へ抗議文 26日/捜索差押許可状/押収品目録/警官の乱入事件に関する声明/当日の我々の行動(丸山儀四郎)/警官乱入をこう思う 大学の中で解決を (奥田譲)/警官乱入をこう思う 自治には能力が要る(細川隆英)/警官乱入をこう思う 学生を理解すべきだ(平岩馨邦)/警官乱入をこう思う お互いの信頼が先決(副田満輝)/警官乱入をこう思う 私たちは正しかった(木原悠子)/九大事件と大学の自治(嶋(ママ)崎譲)/安保反対運動への弾圧(梯武寛)
3.
その他
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 九州大学新聞
出版情報: 九州大学新聞. 441, 1960-02-25. 九州大学新聞部
本文を見る:
目次:
まだ出ぬ大学側の態度 警官乱入事件その後 事実調査委員会で調査中 山田学長にきく/九教授学園を去る 退職後も研究に専念 木下亀城教授 工学部・応用地質学 田中吉郎教授 工学部・衛生工学 長谷川清一教授 工学部・造船学 内田恵太郎教授 農学部・水産学 金関丈夫教授 医学部・解剖学 水島治夫教授 医学部・衛生学 向坂逸郎教授 経済学部・経済原論 長沢信寿教授 文学部・哲学 楠本正継教授 文学部・中国哲学史/社会党調査団来学 九大事件の事情聞く/農学部自治会再建さる 学内問題を重視/私の歩いた道 ベンルさんのこと(向坂逸郎)/盲点/論説 早急に今後の対策を/究極の支えは何か 大学自治の根本問題 自治と学問の自由 自治と国家権力 自治と階級闘争 自治確立のために(滝沢克巳)/セツルメント労働対策部労働学校を開く/九学連臨時大会 三月九・十日福岡で/来月五日中央委員会/第三回松原賞小説を募る(九州大学新聞)/石炭は燃えている2 危機は資本主義の矛盾から 国家に寄生してきた石炭資本 危機の本質 石炭産業の停滞 鉱区独占と地代 奴隷的労働も 石油資本に従属 総評・炭労の対策/統一テーマは見送り 九大祭準備始まる/“毎日一時間古典を” 21日向坂教授の講義終る/原担者の責任がアイマイ 講義プリント 教授からも強い抗議(ドル)/るうぺ 廻り道と偶然(山村雄一)/九大を去るに当って 魚の生活史に四十年(内田恵太郎)/九大を去るに当って “九州は宝の山”(金関丈夫)/県教委が思想調査 福岡学芸大で問題化/強烈なカメラの眼 土門拳写真集 筑豊のこどもたち(川)/受験生特集 九大の四年間(編集部)/受験生特集 九大の四年間 ナマの法律問題と取組む セツルメント(榊靖司)/受験生特集 九大の四年間 大学に学んでよかった(芝原晴子)/受験生特集 九大の四年間 教室にないサークルの快感 軟式野球(永淵元敏)/受験生特集 九大の四年間 競争率昨年を下廻る 志願者総数五五一八名/受験生特集 九大の四年間 受験場案内/受験生特集 九大の四年間 昭和35年度入学志願者数/受験生特集 九大の四年間 思想はグループの中で 政治研究(松田和人)/受験生特集 九大の四年間 人間らしい心を持とう 自治会(八丁和生)
まだ出ぬ大学側の態度 警官乱入事件その後 事実調査委員会で調査中 山田学長にきく/九教授学園を去る 退職後も研究に専念 木下亀城教授 工学部・応用地質学 田中吉郎教授 工学部・衛生工学 長谷川清一教授 工学部・造船学 内田恵太郎教授 農学部・水産学 金関丈夫教授 医学部・解剖学 水島治夫教授 医学部・衛生学 向坂逸郎教授 経済学部・経済原論 長沢信寿教授 文学部・哲学 楠本正継教授 文学部・中国哲学史/社会党調査団来学 九大事件の事情聞く/農学部自治会再建さる 学内問題を重視/私の歩いた道 ベンルさんのこと(向坂逸郎)/盲点/論説 早急に今後の対策を/究極の支えは何か 大学自治の根本問題 自治と学問の自由 自治と国家権力 自治と階級闘争 自治確立のために(滝沢克巳)/セツルメント労働対策部労働学校を開く/九学連臨時大会 三月九・十日福岡で/来月五日中央委員会/第三回松原賞小説を募る(九州大学新聞)/石炭は燃えている2 危機は資本主義の矛盾から 国家に寄生してきた石炭資本 危機の本質 石炭産業の停滞 鉱区独占と地代 奴隷的労働も 石油資本に従属 総評・炭労の対策/統一テーマは見送り 九大祭準備始まる/“毎日一時間古典を” 21日向坂教授の講義終る/原担者の責任がアイマイ 講義プリント 教授からも強い抗議(ドル)/るうぺ 廻り道と偶然(山村雄一)/九大を去るに当って 魚の生活史に四十年(内田恵太郎)/九大を去るに当って “九州は宝の山”(金関丈夫)/県教委が思想調査 福岡学芸大で問題化/強烈なカメラの眼 土門拳写真集 筑豊のこどもたち(川)/受験生特集 九大の四年間(編集部)/受験生特集 九大の四年間 ナマの法律問題と取組む セツルメント(榊靖司)/受験生特集 九大の四年間 大学に学んでよかった(芝原晴子)/受験生特集 九大の四年間 教室にないサークルの快感 軟式野球(永淵元敏)/受験生特集 九大の四年間 競争率昨年を下廻る 志願者総数五五一八名/受験生特集 九大の四年間 受験場案内/受験生特集 九大の四年間 昭和35年度入学志願者数/受験生特集 九大の四年間 思想はグループの中で 政治研究(松田和人)/受験生特集 九大の四年間 人間らしい心を持とう 自治会(八丁和生)
4.
その他
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 九州大学新聞
出版情報: 九州大学新聞. 442, 1960-03-25. 九州大学新聞部
本文を見る:
目次:
九学連第十七回大会 4月ゼネストを決定 四・二〇ストと四・二六ゼネスト 大会をリードした執行部 大会宣言要旨 大会スローガン 全学連臨時大会十六日から 東京で/九大人事 [異動] /来年度は四百五十万円で 学友会予算決まる 昭和35年度学友会予算/中国へ遺骨収集に 遺家族学生の夢むすぶか/学生会館を建設 創立五十周年記念事業準備進む/三名に停学一ヶ月 教養部 スト指導者を処分 “処分に過ちはない”/論説 スト処分に反対する/来年度入学千四百二名 工学部に女子学生二人/医学部長に天児教授/巣立つ一二五二名 卒業式は二十六日/私の歩いた道 後味の悪い「13階段への道」(向坂逸郎)/自動車部四国、中国へ/四月生協発足おくれる 学校側 政治問題取上げて難色/ブタ汁を囲んで 医学部卒業生本年度145名/貧困、不潔さから病気の蔓延 医学部診療調査報告書から/これからの人 川崎恭二 研究にもその人柄が 物性論に新しいいとぐち/卒業生送別会 24日電気ホールで/第三回松原賞小説を募る(九州大学新聞)/南国スタイルのシュロ並木 第一期造園計画完成/総合トレーニング終る/白いボタ山・千人の首切り 塩田合理化は専売公社の失敗から 消える瀬戸内の風物 公者の失政 オートメ化される塩づくり(S)/古典主義からロマン主義へ -複雑な十九世紀の音楽-(今井克典)
九学連第十七回大会 4月ゼネストを決定 四・二〇ストと四・二六ゼネスト 大会をリードした執行部 大会宣言要旨 大会スローガン 全学連臨時大会十六日から 東京で/九大人事 [異動] /来年度は四百五十万円で 学友会予算決まる 昭和35年度学友会予算/中国へ遺骨収集に 遺家族学生の夢むすぶか/学生会館を建設 創立五十周年記念事業準備進む/三名に停学一ヶ月 教養部 スト指導者を処分 “処分に過ちはない”/論説 スト処分に反対する/来年度入学千四百二名 工学部に女子学生二人/医学部長に天児教授/巣立つ一二五二名 卒業式は二十六日/私の歩いた道 後味の悪い「13階段への道」(向坂逸郎)/自動車部四国、中国へ/四月生協発足おくれる 学校側 政治問題取上げて難色/ブタ汁を囲んで 医学部卒業生本年度145名/貧困、不潔さから病気の蔓延 医学部診療調査報告書から/これからの人 川崎恭二 研究にもその人柄が 物性論に新しいいとぐち/卒業生送別会 24日電気ホールで/第三回松原賞小説を募る(九州大学新聞)/南国スタイルのシュロ並木 第一期造園計画完成/総合トレーニング終る/白いボタ山・千人の首切り 塩田合理化は専売公社の失敗から 消える瀬戸内の風物 公者の失政 オートメ化される塩づくり(S)/古典主義からロマン主義へ -複雑な十九世紀の音楽-(今井克典)
5.
その他
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 九州大学新聞
出版情報: 九州大学新聞. 444, 1960-04-25. 九州大学新聞部
本文を見る:
目次:
中執、学長へ公開質問状 問題となった入学式の挨拶/4.26ゼネストを決議 全学連15回臨時大会 安保闘争へ全力結集 反主流派は大会をボイコット 持ち越された対立点 解説(T)/盲点/向坂元教授三池争議を語る/論説 安保批准を阻止しよう/強く闘い抜く決意 最悪の場合三池だけでも 三池ルポ 動揺せぬ三池労組 闘争支える各単産オルグ/向坂逸郎氏に聞く 首切り反対は当然 “向坂教室”非難は的外れ 革命は政党の仕事 企業別組織の弱点 強いがゆえの非難/中労委の限界を示す 藤林斡旋案を見て 労働法以前の藤林案(林迪広)/白いボタ山(二) 経済ル-ルに合わぬ専売法 塩業整備法は誰のため 冷たい公社の現ナマ政策 これからの塩専売 塩業には明るい未来があるか(S)/九大祭ポスター懸賞募集/絞られてきた対立点 生協発起人会 大学側へ態度を表明/5月14・15・16日 九大祭日程決まる/第三回松原賞小説を募る(九州大学新聞)/既習の英語を活用 山川丈平著『英語対照・独和重要単語熟語辞典』(西田越郎)/生活から学ぶフランス 城野節子 私のふらんす日記(川)/きれいになる学生控室/桜の四国路を行く 自動車部 山陽、四国の遠征/るうぺ 西独の市場調査(三上操)/投稿 新鮮で進歩的な国 -私の見た日本-(ウイ・キム・シン )/円筒の強度と取組む 航空工学の話せる先生 大平博一/政党討論会開かる 安保条約で激論/新入生特集 学生の相談役 -指導教官-/新入生特集 ニュ-フェイス誕生 -食堂-/新入生特集 より良き学生生活を -奨学金-/新入生特集 “利用して下さい“ -医療扶助-/新入生特集 文科生に多い利用者 -図書館-/新入生特集 依然多い市場 -アルバイト-/新入生特集 若い力の集まり -田島寮-/新入生の諸君へ 学生運動の現実とその現代的意義(神正夫)/人間形成への教養を(東光寛英)/“亭々舎”案内/六本松での一年間(泉谷浩広)/スポーツ 硬式庭球/スポーツ ヨット
中執、学長へ公開質問状 問題となった入学式の挨拶/4.26ゼネストを決議 全学連15回臨時大会 安保闘争へ全力結集 反主流派は大会をボイコット 持ち越された対立点 解説(T)/盲点/向坂元教授三池争議を語る/論説 安保批准を阻止しよう/強く闘い抜く決意 最悪の場合三池だけでも 三池ルポ 動揺せぬ三池労組 闘争支える各単産オルグ/向坂逸郎氏に聞く 首切り反対は当然 “向坂教室”非難は的外れ 革命は政党の仕事 企業別組織の弱点 強いがゆえの非難/中労委の限界を示す 藤林斡旋案を見て 労働法以前の藤林案(林迪広)/白いボタ山(二) 経済ル-ルに合わぬ専売法 塩業整備法は誰のため 冷たい公社の現ナマ政策 これからの塩専売 塩業には明るい未来があるか(S)/九大祭ポスター懸賞募集/絞られてきた対立点 生協発起人会 大学側へ態度を表明/5月14・15・16日 九大祭日程決まる/第三回松原賞小説を募る(九州大学新聞)/既習の英語を活用 山川丈平著『英語対照・独和重要単語熟語辞典』(西田越郎)/生活から学ぶフランス 城野節子 私のふらんす日記(川)/きれいになる学生控室/桜の四国路を行く 自動車部 山陽、四国の遠征/るうぺ 西独の市場調査(三上操)/投稿 新鮮で進歩的な国 -私の見た日本-(ウイ・キム・シン )/円筒の強度と取組む 航空工学の話せる先生 大平博一/政党討論会開かる 安保条約で激論/新入生特集 学生の相談役 -指導教官-/新入生特集 ニュ-フェイス誕生 -食堂-/新入生特集 より良き学生生活を -奨学金-/新入生特集 “利用して下さい“ -医療扶助-/新入生特集 文科生に多い利用者 -図書館-/新入生特集 依然多い市場 -アルバイト-/新入生特集 若い力の集まり -田島寮-/新入生の諸君へ 学生運動の現実とその現代的意義(神正夫)/人間形成への教養を(東光寛英)/“亭々舎”案内/六本松での一年間(泉谷浩広)/スポーツ 硬式庭球/スポーツ ヨット
6.
その他
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 九州大学新聞
出版情報: 九州大学新聞. 446, 1960-05-13. 九州大学新聞部
本文を見る:
目次:
休日と思わず参加を 秋田九大祭委員長語る/部告 「松原賞」小説締切り延期のお知らせ(九州大学新聞)/NHK②で記念放送 15・17日「自由化と日本経済」を語る/九大祭予算40万円に決まる 昨年度より4万円減る/工藤君が入選 ポスターとプログラム/盛大に開学記念式典 11日 板垣名誉教授が講演/ゼミナール 「貿易自由化と日本経済」 経済研究会など三ゼミ 幕末をめぐって 大学の自治とは 16日学生、議員の討論会 法律討論会16日 無料法律相談 一般の利用を歓迎 尊属殺しは違憲か 公開模擬裁判開く 15日 三池争議の写真展 炭鉱合理化をつく 秀麗な山岳写真/講演会 ゴールデンシックスティを切る 14日 青山(法)高橋(経)両教授/学内公開 文・理十一学科が公開 人類の敵“ガン”展も 14・15・16日 市民、児童の教育相談 脳波の実験 カルピスの無料サービス 魚の標本を陳列 温室を全面的に開放 ガンの標本と診療具 “医学史”を講演 あらゆる初歩実験 美肌の測定と検査 動物の頭蓋骨を展示/九大杯英語弁論大会 /映画会 「〇八/一五」を上映-14、15日 理科系 五学科も映写会 「ミクロの世界」「牛と金魚」など 「米の一生」も/古書即売会 14・15・16日/音楽会への招待/志賀島ドライブに招待 乗用車六台をフル運転 14・15日 自動車展示/仮装行列取り止め(秋田望)/教養部学園祭近ずく 賑やかなパーティー計画/15日進学懇談会開く 九大紹介受験の手引 九州、山口の高校教官出席/ダンスパーティーを開催 15日、中洲のロマン/学内囲碁大会/三畏閣で茶会/弓道大会/九大祭を全学友のものに 欲しい自主的参加(山)/レコード・コンサート/九大祭プログラム/会場案内
休日と思わず参加を 秋田九大祭委員長語る/部告 「松原賞」小説締切り延期のお知らせ(九州大学新聞)/NHK②で記念放送 15・17日「自由化と日本経済」を語る/九大祭予算40万円に決まる 昨年度より4万円減る/工藤君が入選 ポスターとプログラム/盛大に開学記念式典 11日 板垣名誉教授が講演/ゼミナール 「貿易自由化と日本経済」 経済研究会など三ゼミ 幕末をめぐって 大学の自治とは 16日学生、議員の討論会 法律討論会16日 無料法律相談 一般の利用を歓迎 尊属殺しは違憲か 公開模擬裁判開く 15日 三池争議の写真展 炭鉱合理化をつく 秀麗な山岳写真/講演会 ゴールデンシックスティを切る 14日 青山(法)高橋(経)両教授/学内公開 文・理十一学科が公開 人類の敵“ガン”展も 14・15・16日 市民、児童の教育相談 脳波の実験 カルピスの無料サービス 魚の標本を陳列 温室を全面的に開放 ガンの標本と診療具 “医学史”を講演 あらゆる初歩実験 美肌の測定と検査 動物の頭蓋骨を展示/九大杯英語弁論大会 /映画会 「〇八/一五」を上映-14、15日 理科系 五学科も映写会 「ミクロの世界」「牛と金魚」など 「米の一生」も/古書即売会 14・15・16日/音楽会への招待/志賀島ドライブに招待 乗用車六台をフル運転 14・15日 自動車展示/仮装行列取り止め(秋田望)/教養部学園祭近ずく 賑やかなパーティー計画/15日進学懇談会開く 九大紹介受験の手引 九州、山口の高校教官出席/ダンスパーティーを開催 15日、中洲のロマン/学内囲碁大会/三畏閣で茶会/弓道大会/九大祭を全学友のものに 欲しい自主的参加(山)/レコード・コンサート/九大祭プログラム/会場案内
7.
その他
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 九州大学新聞
出版情報: 九州大学新聞. 447, 1960-05-15. 九州大学新聞部
本文を見る:
目次:
九大事件 まだ出ない学長声明 法学部教授会で結論を 学内の支持で引き伸ばし/私の歩いた道 読書と人生(向坂逸郎)/生協発足へあと一息 学部長会議も承認/四・二六に二千五百名が結集 安保批准阻止統一行動/教養部ストを決議/本学学生大会振わず/訂正/盲点/論説 国民共闘会議と全学連主流派のあり方/文化人西日本集会開かる/オリンピック候補を破り優勝 本学クルー朝日レガッタで/基金一・五億円で講堂を五十周年記念の腹案きまる/これからの人 石橋彰 機械工学のニワトリ博士 ほんの余興デス/生協 正式発足は六月上旬 大学との対立点も解消 解説/語学にマンモス講義 教育効果が疑われるドイツ語/薫風にのってヨットで散歩/九大賑わず 九州六大学野球/全九州春季庭球選手権に優勝/ホッケー定期戦/第三回松原賞小説を募る(九州大学新聞)/潔癖さゆえの厭世観 -文科系四年生三名自殺- 原因 急激な環境の変化で/マグナム 写真世界展 あふれる充実感 “人間”の追求
九大事件 まだ出ない学長声明 法学部教授会で結論を 学内の支持で引き伸ばし/私の歩いた道 読書と人生(向坂逸郎)/生協発足へあと一息 学部長会議も承認/四・二六に二千五百名が結集 安保批准阻止統一行動/教養部ストを決議/本学学生大会振わず/訂正/盲点/論説 国民共闘会議と全学連主流派のあり方/文化人西日本集会開かる/オリンピック候補を破り優勝 本学クルー朝日レガッタで/基金一・五億円で講堂を五十周年記念の腹案きまる/これからの人 石橋彰 機械工学のニワトリ博士 ほんの余興デス/生協 正式発足は六月上旬 大学との対立点も解消 解説/語学にマンモス講義 教育効果が疑われるドイツ語/薫風にのってヨットで散歩/九大賑わず 九州六大学野球/全九州春季庭球選手権に優勝/ホッケー定期戦/第三回松原賞小説を募る(九州大学新聞)/潔癖さゆえの厭世観 -文科系四年生三名自殺- 原因 急激な環境の変化で/マグナム 写真世界展 あふれる充実感 “人間”の追求
8.
その他
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 九州大学新聞
出版情報: 九州大学新聞. 448, 1960-06-25. 九州大学新聞部
本文を見る:
目次:
樺さんの死以後六日間のスト 安保採決後盛り上る大衆運動 学生、教職員との共闘に成果 一ヶ月間の闘争経過 学内 混乱の全責任は政府に 学外 学生は自重ある態度を 学長、学部長異例の声明 告示 学生一般 声明書/権力思想から議会無視 -民主主義を再発見せねば- 分裂している民衆 国家主義への危機感 我慢強い政治批判を(竹原良文)/論説 安保体制打破のために/教職員、学生一体の初の統一集会 6・4闘争/七千名が抗議デモへ 九学連、警官の暴力に憤激/部告(九州大学新聞部)/盲点/委員長に奥村君(理二) 教養部新執行委員きまる/大衆追随の革新政党 壁となったブルジョア・デモクラシー 民主戦線の思想変革を 諦めていた大衆 「労働」から「民衆」運動へ 総評は下から急進化 手痛い社共の欠陥 運動の質的転換を(嶋(ママ)崎譲)/東風に平和の指導力 危機の中の平和共存(柳春生)/「人間らしい幸福」無視の危機 現代の精神的状況 社会主義だけで解決できぬ 一 近代的人間 二 現代の革命-その物質面 三 現代の革命-その精神面 四 わが知識階級の任務(滝沢克己)/投稿 安保斗争付和雷同したが(福永文恵)/安保斗争の生んだもの 統一戦線 単一政党への脱皮 内外両面の斗争で(奥田八二)/安保斗争の生んだもの 柔軟な目的設定を -政治的危機と国民運動の課題-(徳本正彦)/中間層の意識と行動 二階級の対立に依存 「中間層論」の背景と現代的意義 中間層を指定する「差異意識」 「差別意識」を生みだすもの 統一行動と中間諸層(三好正巳)/第三回松原賞小説 入選該当作なし 読後感(谷川雁)/全学あげて初討論会 国内政治をめぐって 現下の法律問題(1.林助教授 2.手島助教授 3.水波助教授 4.井上助教授)/生協、二重価格を始める 加入組合員は一~二割安/自治で警察と協定結ぶ 一・二一事件“告示”は中間報告/これからの人 芦原義男 この堤防で大津波も大丈夫/退く時を学ぶべきか 廊下討議が教えるもの やっと出た「学長告示」 一・二一事件 なお内容に不満の声/課外活動の理念確立のため 北海道で夏季ゼミ/“学生の積極的な参加を得て” 環境調査委員会 正式態度表明/「海の家」建設は今年も見送りか/国際親善の一助に 九州留学生連盟が発足 L・サマライ君の話/フェルナンド君優勝 外国人日本語弁論大会で/私の歩いた道 荒畑寒村(向坂逸郎)/大隈の右足 -日米修好百年に際して-(檜垣元吉)/「白鳥の湖」に万雷の拍手 西日本マンクラ初演奏会/快調!運転中 理学部の加速装置/労働学校開く 福岡セツルメント/映紹 人間のウラを衝く -刑事-/書評 生活史運動の成果 『炭鉱に生きる(炭鉱労働者の生活史)』 三菱美唱炭鉱労働組合編(正田誠一)/書評 法体系をやさしく説明 『法学読本』高田源清著(V)/雑誌評 力作『西の町・南の国』 -九大文学(三十二号)-(I)/雑誌評 着実に発展 -壇(三号)-(Q)/寄贈本
樺さんの死以後六日間のスト 安保採決後盛り上る大衆運動 学生、教職員との共闘に成果 一ヶ月間の闘争経過 学内 混乱の全責任は政府に 学外 学生は自重ある態度を 学長、学部長異例の声明 告示 学生一般 声明書/権力思想から議会無視 -民主主義を再発見せねば- 分裂している民衆 国家主義への危機感 我慢強い政治批判を(竹原良文)/論説 安保体制打破のために/教職員、学生一体の初の統一集会 6・4闘争/七千名が抗議デモへ 九学連、警官の暴力に憤激/部告(九州大学新聞部)/盲点/委員長に奥村君(理二) 教養部新執行委員きまる/大衆追随の革新政党 壁となったブルジョア・デモクラシー 民主戦線の思想変革を 諦めていた大衆 「労働」から「民衆」運動へ 総評は下から急進化 手痛い社共の欠陥 運動の質的転換を(嶋(ママ)崎譲)/東風に平和の指導力 危機の中の平和共存(柳春生)/「人間らしい幸福」無視の危機 現代の精神的状況 社会主義だけで解決できぬ 一 近代的人間 二 現代の革命-その物質面 三 現代の革命-その精神面 四 わが知識階級の任務(滝沢克己)/投稿 安保斗争付和雷同したが(福永文恵)/安保斗争の生んだもの 統一戦線 単一政党への脱皮 内外両面の斗争で(奥田八二)/安保斗争の生んだもの 柔軟な目的設定を -政治的危機と国民運動の課題-(徳本正彦)/中間層の意識と行動 二階級の対立に依存 「中間層論」の背景と現代的意義 中間層を指定する「差異意識」 「差別意識」を生みだすもの 統一行動と中間諸層(三好正巳)/第三回松原賞小説 入選該当作なし 読後感(谷川雁)/全学あげて初討論会 国内政治をめぐって 現下の法律問題(1.林助教授 2.手島助教授 3.水波助教授 4.井上助教授)/生協、二重価格を始める 加入組合員は一~二割安/自治で警察と協定結ぶ 一・二一事件“告示”は中間報告/これからの人 芦原義男 この堤防で大津波も大丈夫/退く時を学ぶべきか 廊下討議が教えるもの やっと出た「学長告示」 一・二一事件 なお内容に不満の声/課外活動の理念確立のため 北海道で夏季ゼミ/“学生の積極的な参加を得て” 環境調査委員会 正式態度表明/「海の家」建設は今年も見送りか/国際親善の一助に 九州留学生連盟が発足 L・サマライ君の話/フェルナンド君優勝 外国人日本語弁論大会で/私の歩いた道 荒畑寒村(向坂逸郎)/大隈の右足 -日米修好百年に際して-(檜垣元吉)/「白鳥の湖」に万雷の拍手 西日本マンクラ初演奏会/快調!運転中 理学部の加速装置/労働学校開く 福岡セツルメント/映紹 人間のウラを衝く -刑事-/書評 生活史運動の成果 『炭鉱に生きる(炭鉱労働者の生活史)』 三菱美唱炭鉱労働組合編(正田誠一)/書評 法体系をやさしく説明 『法学読本』高田源清著(V)/雑誌評 力作『西の町・南の国』 -九大文学(三十二号)-(I)/雑誌評 着実に発展 -壇(三号)-(Q)/寄贈本
9.
その他
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 九州大学新聞
出版情報: 九州大学新聞. 449, 1960-07-10. 九州大学新聞部
本文を見る:
目次:
帰郷活動の充実を 学友会で具体策ねる 職組、民学研も協力/組織的分裂のきざし -第十六回全学連定期大会- 反主流・大会をボイコット/九大人事 [異動] [出張]/九学連大会開く 七月18・19・20日/一般テーマも決まる 全国経済ゼミ 秋に本学で/新委員長に森君 第十二回 代議員総会開く/論説 帰郷運動の組織化を進めよう/編集権確立を決議 -第十三回全学新大会-/副田経済学部長帰国/樺さん追悼詩募集 七月三十一日締切り/平塚教授帰る/初会合開く 留学生連盟会/教養部図書館開館時間延長を 署名運動始まる/学生を失望させるもの 学部長声明波紋よぶ 細川学生部長の話/盲点/代表者会議開催 九中工連/一ヶ月早い就職シ-ズン 初任給に二万六百円も 空前のすべり出し 文科系 すでに予約済み 理科系 経済学部法学部 文学部 教育学部 工学部 電気工学 冶金工学 土木工学 通信工学 航空工学 造船工学 建築工学 機械工学 応用化学 合成化学 採鉱 理学部 物理 生物 地質 数学 農学部/“全人教育は私達で” 学長を囲む女子学生の集い/本部前に“フエニツクス” 一本 十二万円也/インカレ長崎で/寄贈本/これからの人 林田晋策 琉球泡盛がヒント 黒いコウジ菌で学会賞/田島寮生叱られる “深夜の放歌は困ります”/九大、相かわらずの停滞 福岡6大学美術展評/今年中に研究結果まとまる -比較教育文化研究所- 日本と欧米の教育にメス/るうぺ ウロコと法医学(北条春光)/九大フイル定期演奏会/五大学合唱祭開かる/スポーツ
帰郷活動の充実を 学友会で具体策ねる 職組、民学研も協力/組織的分裂のきざし -第十六回全学連定期大会- 反主流・大会をボイコット/九大人事 [異動] [出張]/九学連大会開く 七月18・19・20日/一般テーマも決まる 全国経済ゼミ 秋に本学で/新委員長に森君 第十二回 代議員総会開く/論説 帰郷運動の組織化を進めよう/編集権確立を決議 -第十三回全学新大会-/副田経済学部長帰国/樺さん追悼詩募集 七月三十一日締切り/平塚教授帰る/初会合開く 留学生連盟会/教養部図書館開館時間延長を 署名運動始まる/学生を失望させるもの 学部長声明波紋よぶ 細川学生部長の話/盲点/代表者会議開催 九中工連/一ヶ月早い就職シ-ズン 初任給に二万六百円も 空前のすべり出し 文科系 すでに予約済み 理科系 経済学部法学部 文学部 教育学部 工学部 電気工学 冶金工学 土木工学 通信工学 航空工学 造船工学 建築工学 機械工学 応用化学 合成化学 採鉱 理学部 物理 生物 地質 数学 農学部/“全人教育は私達で” 学長を囲む女子学生の集い/本部前に“フエニツクス” 一本 十二万円也/インカレ長崎で/寄贈本/これからの人 林田晋策 琉球泡盛がヒント 黒いコウジ菌で学会賞/田島寮生叱られる “深夜の放歌は困ります”/九大、相かわらずの停滞 福岡6大学美術展評/今年中に研究結果まとまる -比較教育文化研究所- 日本と欧米の教育にメス/るうぺ ウロコと法医学(北条春光)/九大フイル定期演奏会/五大学合唱祭開かる/スポーツ
10.
その他
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 九州大学新聞
出版情報: 九州大学新聞. 450, 1960-09-25. 九州大学新聞部
本文を見る:
目次:
ふくれあがる理工系学部  鉄鋼冶金科等を増設 教養部の授業は混乱か/九大人事 [異動]/原教育学部教授を選出 次期学生部長決まる 具島教授の話/広津和郎氏福岡に/日経連が赤い教授一覧表を作製 九大からも五名/補導課が学生課に 学生係室も独立 久永補導係長の話/速記同好会が発足/10月8日に開幕 秋の九州六大学/第十八回九学連大会を再開 全学連指導部に批判的 委員長に野見山君/盲点/論説 憂うべき技術者教育/三池はなぜ闘えなかったか 闘争の意義と今後の労働運動 決定的な組織の弱さ 強まった階級的連帯(田中慎一郎)/石炭“危機”の背景 濃い政策的な色合い 石炭の電力への従属も 資本の寄生性が発展阻む 鉱区独占と低賃金 減少する石炭比重 労働者へ犠牲転嫁/東京都公安条例判決 “基準”はみ出す『許可制』 批判される最高裁の世界観(手島孝)/帰活報告 故郷に帰った民主主義 近年にない活発さ 九州センター独自の方針で 中央と異る方針 問題点(山)/米・ヨーロッパなどへ二十三名 増える海外出張者/労働問題 公開講座を開催 十月十日から教育会館で/九大フィルに海外からお客様 ヴァイオリン協奏曲がとりもつ縁で/本部で“オヤツ体操” “みなさん参加してください”/安保闘争の評価に誤り 主体的な努力に欠ける 学生“大衆”の結合 運動をもつ保守性 中央の指導の疎通 観念的な指導理論(嶋(ママ)崎譲)/現地の報告から 新しい帰郷活動のテストケ-ス 久留米(田中正人)/これからの人 山口勝 海綿の色素の神秘をたずねて カロチノイド色素を合成/暖地ビート栽培で 大学-社会の結合へ 変貌する日本の農村 道案内は九大教授団 重要な社会的背景 牛乳で食生活の改善も(菱)/書評 筑豊の非人間的な実態『追われゆく坑夫たち』 上野英信著/克明な安保の記録『六・一五事件前後』 東京大学職員組合編(菱)/“入居者ヤーイ!!” たった二名の留学生会館/映評 愛の崇高さ描く -黒いオルフェ-/学部別求人状況 文学部 教育学部 経済学部 法学部 理学部 薬学部 農学部
ふくれあがる理工系学部  鉄鋼冶金科等を増設 教養部の授業は混乱か/九大人事 [異動]/原教育学部教授を選出 次期学生部長決まる 具島教授の話/広津和郎氏福岡に/日経連が赤い教授一覧表を作製 九大からも五名/補導課が学生課に 学生係室も独立 久永補導係長の話/速記同好会が発足/10月8日に開幕 秋の九州六大学/第十八回九学連大会を再開 全学連指導部に批判的 委員長に野見山君/盲点/論説 憂うべき技術者教育/三池はなぜ闘えなかったか 闘争の意義と今後の労働運動 決定的な組織の弱さ 強まった階級的連帯(田中慎一郎)/石炭“危機”の背景 濃い政策的な色合い 石炭の電力への従属も 資本の寄生性が発展阻む 鉱区独占と低賃金 減少する石炭比重 労働者へ犠牲転嫁/東京都公安条例判決 “基準”はみ出す『許可制』 批判される最高裁の世界観(手島孝)/帰活報告 故郷に帰った民主主義 近年にない活発さ 九州センター独自の方針で 中央と異る方針 問題点(山)/米・ヨーロッパなどへ二十三名 増える海外出張者/労働問題 公開講座を開催 十月十日から教育会館で/九大フィルに海外からお客様 ヴァイオリン協奏曲がとりもつ縁で/本部で“オヤツ体操” “みなさん参加してください”/安保闘争の評価に誤り 主体的な努力に欠ける 学生“大衆”の結合 運動をもつ保守性 中央の指導の疎通 観念的な指導理論(嶋(ママ)崎譲)/現地の報告から 新しい帰郷活動のテストケ-ス 久留米(田中正人)/これからの人 山口勝 海綿の色素の神秘をたずねて カロチノイド色素を合成/暖地ビート栽培で 大学-社会の結合へ 変貌する日本の農村 道案内は九大教授団 重要な社会的背景 牛乳で食生活の改善も(菱)/書評 筑豊の非人間的な実態『追われゆく坑夫たち』 上野英信著/克明な安保の記録『六・一五事件前後』 東京大学職員組合編(菱)/“入居者ヤーイ!!” たった二名の留学生会館/映評 愛の崇高さ描く -黒いオルフェ-/学部別求人状況 文学部 教育学部 経済学部 法学部 理学部 薬学部 農学部