close
1.
図書
Cover image of Mathematical modelling for next-generation cryptography : Crest Crypto-math Project
Tsuyoshi Takagi ... [et al.], editors
出版情報: Singapore, Singapore. c2018. viii, 368 p. Springer
シリーズ: Mathematics in industry / editors Hans-Georg Bock ... [et al.]; v. 29
利用状況: loading…
本文を見る:
2.
図書
Cover image of Compactifications of PEL-type Shimura varieties and Kuga families with ordinary loci
Kai-Wen Lan
出版情報: Singapore ; Tokyo, Singapore. c2018. xi, 567 p. World Scientific
利用状況: loading…
本文を見る:
3.
図書
Cover image of Statistical portfolio estimation
Masanobu Taniguchi ... [et al.]
出版情報: Boca Raton, United States. c2018. x, 377 p. CRC Press
利用状況: loading…
本文を見る:
4.
図書
Cover image of Recent advances in operator theory and operator algebras
Hari Bercovici ... [et al.]
出版情報: Boca Raton, United States. c2018. xi, 153 p. CRC Press
利用状況: loading…
本文を見る:
5.
図書
Cover image of Sets and computations
editors, Sy-David Friedman, Dilip Raghavan, Yue Yang
出版情報: New Jersey, United States. c2018. x, 269 p. World Scientific
シリーズ: Lecture notes series, Institute for Mathematical Sciences, National University of Singapore; v. 33
利用状況: loading…
本文を見る:
6.
図書
Cover image of Turbulent transport in magnetized plasmas
Wendell Horton
出版情報: New Jersey, United States. c2018. xiii, 507 p. World Scientific
利用状況: loading…
本文を見る:
7.
図書
Cover image of Global formulations of Lagrangian and Hamiltonian dynamics on manifolds : a geometric approach to modeling and analysis
Taeyoung Lee, Melvin Leok, N. Harris McClamroch
出版情報: [Cham], Switzerland. c2018. xxvii, 539 p. Springer
シリーズ: Interaction of mechanics and mathematics
利用状況: loading…
本文を見る:
8.
図書
Cover image of Combinatorics
Nicholas A. Loehr
出版情報: Boca Raton, United States. c2018. xxiv, 618 p. CRC Press
シリーズ: Discrete mathematics and its applications / Kenneth H. Rosen, series editor
利用状況: loading…
本文を見る:
9.
図書
Cover image of Harmonic analysis and fractal analysis over local fields and applications
Weiyi Su
出版情報: Singapore, Singapore. c2018. xii, 318 p. World Scientific
利用状況: loading…
本文を見る:
10.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 推定収束点を用いた対話型進化計算高速化の可能性 — Accelerating Interactive Evolutionary Computation Using an Estimated Convergence Point
余, 俊; Yu, Jun; 髙木, 英行 ... [ほか]
出版情報: ファジィシステムシンポジウム. 33, 2017-09-13. 日本知能情報ファジィ学会
本文を見る:
概要: 対話型進化計算は強力なコンピュータの最適化に能力と人間の評価能力を組み合わせた手法であり,性能計測が困難であるが主観的評価ならば可能であるタスク,例えば補聴器の聴きやすさを最適にしたり好みにあったレイアウトデザインをするなどの場合に用いられる.通常の進化計算は評価関数あるいは性能計測で各個体の性能を絶対値で表現するが,対話型進化計算では,人間の評価能力を用いて相対的に個体評価を行うことが多い.一番の問題点は人間の評価に時間がかかり疲労問題が避けて通れない点である.この問題を克服するために,色々な疲労軽減手法が提案されてきた [6, 8].本研究の最終的な目的は,推定収束点を利用することで対話型進化計算が高速化され疲労軽減につながるかどうか,効果があるとするならばどの程度の効果があるかを明らかにすることである.しかし人間のユーザを用いた対話型進化計算実験を行う前に,その有効性の可能性を確認しておく必要がある.そこで本論文では,推定収束点を対話型進化計算に利用することで高速化が期待できるかどうかを,疑似ユーザを用いたシミュレーションで明らかにすることを目的とする. 続きを見る
11.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of ドイツ語学習と短期間の研修旅行 : 研究旅行の充実化を目指して — Deutschlernen und Kurzaufenthalte in Deutschland : Versuch zur Verbesserung der Wirksamkeit von Studienreisen
カスヤン, アンドレアス ; Kasjan, Andrease
出版情報: 言語文化論究. 39, pp. 21-31, 2017-09-01. 九州大学大学院言語文化研究院
本文を見る:
概要: Anfang 1980 begann an der Deutschabteilung der Kyushu-Universität ein Studienreiseprojekt, das Studenten die Gelegenheit geben sollte, im Rahmen eines vierwöchigen Aufenthaltes in Deutschland die deutsche Sprache in vielfältigen Situationen kennenzulernen. Zum Programm der Reise gehörten auch ein Sprachkurs und ein kurzer Familienaufenthalt. Im Laufe der Zeit wurde kritisch angemerkt, dass auf dieser Reise aufgrund von zahlreichen Gruppenaktivitäten zu viel Japanisch und zu wenig Deutsch gesprochen werde. 2002 entstand dann eine anders konzeptionierte Studienreise, die intensiveren Kontakt mit der deutschen Sprache bieten sollte. Bei dieser Reise sollten die Teilnehmer die ganzen vier Wochen in Gastfamilien verbringen und in dieser Zeit ein dreiwöchiges Praktikum in Schulen, Kindergärten oder Handwerksbetrieben absolvieren. Die erste Reise fand im März 2003 statt. Leider war der Kontakt mit der deutschen Sprache anfangs noch reduziert, da von einigen Gastfamilien, Praktikumsbetreuern und den Organisatoren vor Ort mehr Englisch als Deutsch mit den Teilnehmern gesprochen wurde. Ab 2005 wurde als Reiseziel der Odenwaldkreis gewählt, wo mit Hilfe von persönlichen Kontakten Gastfamilien, Praktikumsstellen usw. organisiert werden konnten. Gastfamilien und Praktikumsstellen wurden eindringlich gebeten, im Kontakt mit den Studenten Deutsch zu verwenden. Die Reise wird intensive vorbereitet, sechs Monate vor Reisebeginn findet eine deutsche Sprachprüfung statt. Da die Auswahl der Teilnehmer anfangs jedoch zu nachsichtig gehandhabt wurde, konnten eine Zeit lang auch Studenten mit nur unzureichenden Sprachfähigkeiten teilnehmen. Dies führte zu Problemen in Gastfamilien und auf Praktikumsstellen, so dass eine strengere Auswahl der Teilnehmer notwendig wurde. Ab 2014 wurden strikte Auswahlkriterien eingeführt. Für die Auswahlprüfung muss der Inhalt der ersten zehn Lektionen der Deutschen Sprachlehre für Ausländer von Schulz/Griesbach durchgearbeitet und seit 2015 einen Monat vor der Abreise nach Deutschland die A2-Prüfung des ÖSD abgelegt werden. Von 2015-2016 bestanden 10 Studenten (darunter 5 Zweitsemester) dieses Niveau. Nach der Rückkehr aus Deutschland bestanden von diesen 10 Studenten drei sogar das Niveau B1. Für eine Studienreise nach Deutschland, die intensiven Kontakt mit der deutschen Sprache bieten soll, ist es notwendig, die Gastfamilien und die Betreuer auf den Praktikumsstellen zu bitten, auf die Verwendung der englischen Sprache als Kommunikationsmittel zu verzichten und mit den Gästen aus Japan Deutsch zu sprechen. Auch müssen vor der Abreise eindeutige Lernziele definiert und das Erreichen dieser Ziele durch standardisierte Prüfungen nachgewiesen werden. Was das Thema „interkulturelle Kompetenz“ angeht, so hat sich auf dieser Reise eher gezeigt, dass bereits verfestigte Einstellungen und Verhaltensweisen sich nicht durch einen Kurzaufenthalt im Ausland verändern lassen. Auch sollten Studenten, an deren sozialer Kompetenz Zweifel aufkommen, von einer solchen Reise ausgeschlossen werden. Hinweise auf einen solchen Mangel an sozialer Kompetenz können Verhaltensweisen wie „Tameguchi“ (Sprechen auf gleicher Ebene) oder „Yobisute“ (Weglassen höflicher Anredeformen) im Gespräch mit dem Lehrer sein. 続きを見る
12.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 第二语言汉语教学中的“比”字句否定式 — 第二言語教育における中国語「比」構文の否定文
李, 丽君 ; 李, 麗君 ; Li, Lijun
出版情報: 言語文化論究. 39, pp. 33-45, 2017-09-01. 九州大学大学院言語文化研究院
本文を見る:
概要: 中国語学において「比」構文の否定文に対していまだ定論がない中で、本稿では第二言語としての中国語教育においてこの問題にどのように対処すべきであるかを考察する。具体的には、北京大学の中国語コーパスを利用して、語用の動態分析と静態分析の手法を用い、特定のコンテクストの中で「A 不比BX」、「A 不如B」と「A 不如BX」及び「A 没有BX」の用法について分析・検討を行う。その結果、構文構造、語義構造、語用構造の三つの側面から、「A 不如BX」と「A 没有BX」は「比」構文の否定文であると考えられる。 続きを見る
13.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of The Scarlet Letter Variations #1 : Mutual Percolation Effects between The Scarlet Letter and In the Blood
Okamoto, Tasuke ; 岡本, 太助
出版情報: 言語文化論究. 39, pp. 47-58, 2017-09-01. 九州大学大学院言語文化研究院
本文を見る:
目次:
I.Suzan-Lori Parks and Her “Red Letter Plays” / Ⅱ.A Strange Intertextual Connection / Ⅲ.In the Blood and “Rep & Rev” of The Scarlet Letter / Ⅳ.The Embodiment of the Letter “A” / Ⅴ.Imagining the Unimaginable
I.Suzan-Lori Parks and Her “Red Letter Plays” / Ⅱ.A Strange Intertextual Connection / Ⅲ.In the Blood and “Rep & Rev” of The Scarlet Letter / Ⅳ.The Embodiment of the Letter “A” / Ⅴ.Imagining the Unimaginable
14.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 資料調査 : 上海のユダヤ人難民における猩紅熱の流行 — Die Scharlachepidemie unter den jüdischen Flüchtlingen in Shanghai
阿部, 吉雄 ; Abe, Yoshio
出版情報: 言語文化論究. 39, pp. 59-65, 2017-09-01. 九州大学大学院言語文化研究院
本文を見る:
目次:
始めに / 猩紅熱の発生 / 病原菌はどこから? / 隔離病棟の設置
始めに / 猩紅熱の発生 / 病原菌はどこから? / 隔離病棟の設置
15.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 中等教育現場における書き言葉の課題 : 名詞述語文「AハBダ」文の分析から — Some problems to be solved about written language in secondary Japanese education : An analysis of noun-predicate “A wa B da” sentences
河野, 亜希子; Kono, Akiko; 松村, 瑞子 ... [ほか]
出版情報: 言語文化論究. 39, pp. 75-86, 2017-09-01. 九州大学大学院言語文化研究院
本文を見る:
概要: This paper shows some problems about written language in secondary Japanese education by analyzing noun-predicate sentences (“A wa B da”). When teaching written language to students, educators often overlook issues other than grammatical mistakes, and vary in their judgment about whether a given sentence is acceptable or not. The acceptability of noun-predicate sentences is especially controversial if they call for pragmatic interpretation or communicate new facts. Although students often write sentences concerned, this may be because their writing tends to be influenced by spoken language, and not because they are aware of the functions described above. That being said, written and spoken language should not be discussed as two sides of a dichotomy. Instead, it is important for students to know and write various kinds of sentences. This leads to them to acquire skills to express their thoughts in appropriate ways. 続きを見る
16.
その他
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of [039]言語文化論究表紙奥付等
出版情報: 言語文化論究. 39, 2017-09-01. 九州大学大学院言語文化研究院
本文を見る:
17.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of ハンス・ドリューシュ試論 : 「エンテレヒー」の行方(1) — Hans Driesch und Parapsychologie : Die Tragweite der „Entelechie“ (1)
福元, 圭太 ; Fukumoto, Keita
出版情報: 言語文化論究. 39, pp. 1-19, 2017-09-01. 九州大学大学院言語文化研究院
本文を見る:
概要: Die Ende des 19. Jahrhunderts vorherrschende mechanistische Lebensauffassung postulierte, das Leben könnte auf die Konstellationen einzelner physikalischer und chemischer Akte zurückgeführt werden. Hans Driesch dagegen meinte, dass das „Leben [...] nicht eine besondere Art der Anordnung anorganischer Ereignisse“ sei und deswegen nicht auf das Zusammenwirken von physikalischen und chemischen Elementen reduziert werden könne. Für Driesch ist die Biologie als Wissenschaft des Lebens „nicht angewandte Physik und Chemie“. Auf diesen Gedanken kam Driesch durch sein berühmtes Experiment mit Seeigelkeimen im Jahr 1891. Er schüttelte die Keime sehr heftig im zweizelligen Stadium, und in einigen Fällen gelang es ihm, „die eine der Furchungszellen zu töten ohne die andere zu beschädigen, oder auch beide Furchungszellen voneinander zu trennen“. Nach der Theorie von August Weismann und Wilhelm Roux hätte er die Halborganisation seines Objekts erhalten müssen. Stattdessen erhielt er „eine typische ganze Gastrula“, die sich „nur durch ihre geringere Größe von einer normalen unterschied“. Dieser „kleinen aber ganzen Gastrula folgte ein ganzer und typischer kleiner Pluteus“. Aufgrund dieses Experiments entwickelte Driesch seinen eigenen vitalistischen Gedanken, in den er einen supekulativen Naturfaktor Entelechie einführte. Nach Driesch sei der auf Aristoteles zurückgehende Begriff Entelechie (έντελέχεια) weder Energie, noch Kraft, weder Intensität noch Konstante, „sondern – Entelechie“. Entelechie ist aber kein „mystisches“ Element wie etwa „Lebenskraft“. Werner Müller und Shôhei Yonemoto sind der Meinung, dass die Entelechie gerade den Begriff der „Information“ und „darüberhinaus die auf ihr aufbauende Fähigkeit lebender Systeme zur Selbstorganisation“ bezeichne, wenn man sie in die gegenwärtige Terminologie übersetzen würde. Diese Abhandlung, die auch kurz auf Drieschs Leben eingeht, ist mein erster Versuch zum Vitalismus von Hans Driesch. In späteren Abhandlungen werde ich dem Einfluss vom Vitalismus Drieschs auf die Nachwelt, besonders in Bezug auf die „Entelechie“ nachgehen. 続きを見る
18.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of ドイツ語コロケーション辞典の試行的比較 — Ein Vergleich von zwei deutschen Kollokationenwörterbüchern
恒川, 元行 ; Tsunekawa, Motoyuki
出版情報: 言語文化論究. 39, pp. 67-74, 2017-09-01. 九州大学大学院言語文化研究院
本文を見る:
19.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 信頼性重みを導入した個体群の収束点推定精度の向上 — Improving Estimation Precision of the Convergence Point of Individuals Using Weight-based Moving Vectors
余, 俊; Yu, Jun; 高木, 英行 ... [ほか]
出版情報: 進化計算学会研究会. 第13回, pp. 59-63, 2017-09-01. 進化計算学会
本文を見る:
概要: 進化パスは個体群の進化方向を示す有用な情報を持っている.親個体から子個体への方向ベクトルを移動ベクトルと呼ぶことにすると(本論文での親個体と子個体を,各々,低fitness 個体,高fitness個体と読み替えてもよい),進化計算の収束点はこれら移動ベクトルから推定可能で,しかも,その収束点は数学的に計算できることを示した1, 2) .筆者等はこの成果を進化計算高速化に結びつけるために,第1段階として,双極タスクの二つの局所最適解領域を移動ベクトルの方向から分離する手法と収束点の推定精度を向上させる手法を開発し3, 4) ,これらの手法が一般的なベンチマーク関数でも高速化に寄与することを示した5) .さらに研究を進め,一般的な多峰性タスクの局所解領域を逐次的に分離する手法を開発した6) .現在この手法を組み込んだ進化計算の高速化について評価中である.本論文の目的は,進化計算個体群の収束点推 定精度を向上させる新たな手法を提案することである.具体的には,従来法で推定した個体群の収束点と各移動ベクトルの向きから,各々の移動ベクトルに信頼性の重みを付与し,再度収束点を推定する手法である.従来の我々の推定 方法では,推定に用いる移動ベクトルを選択することはしたが,選択された移動ベクトルは同じ重要度で収束点推定計算に用いていた. 以下,第2節で簡単に個体群の収束点の推定方法を簡単に説明し,第3節で提案する移動ベクトルへの重みを説明し,第4節でテスト関数を用いてその効果を評価する.最後に,第5節と第6節で考察と結論を述べる. 続きを見る
20.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of インフォメーション・エコノミーと不動産テック : 求められる動的ネットワーク空間のマネジメント機能
篠﨑, 彰彦 ; Shinozaki, Akihiko
出版情報: 土地総合研究. 25, (3), pp. 32-40, 2017-08-31. 土地総合研究所
本文を見る:
概要: 本稿では、情報流通やマッチング機能の革新などで注目されている不動産テックについて、インフォメーション・エコノミーの観点から考察した。不動産テックを「情報化のグローバル化」に伴う「モノと人のモビリティ増大」という文脈で捉えると、単に不動産の情報化が一段階進歩した現象ではなく、従来の業界の仕組みに「揺らぎ」をもたらす動きといえる。それを象徴するのがシェアリングエコノミーやギグエコノミーの浸透であり、質的にも量的にも不動産市場参加者のすそ野を圧倒的に広げ、需要と供給の両面から市場のフラグメンテーション化(断片化)を起こしている。資金調達、開発、販売、仲介、管理といった不動産サプライチェーンの各段階において、組み合わせ可能な選択肢は爆発的に広がっており、あらゆる不動産を「動的ネットワークのノード(結び目)」と位置づけ、様々な付随サービスを全体としてコーディネートする役割が重要になっている。こうした環境では、情報力に競争優位の軸足がシフトするため、圧倒的な情報収集力と解析力を備えた異業種からの有力な参入も起きている。空間(スペース)を提供するビジネスでこれまで座標の中心に位置していた不動産業界には「暗黙の了解」を打破する大胆な発想が求められる。 続きを見る
21.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 司法書士の会員数問題と今そこにある危機
七戸, 克彦 ; Shichinohe, Katsuhiko
出版情報: 月報司法書士. 546, pp. 4-14, 2017-08-10. 日本司法書士会連合会
本文を見る:
目次:
1 問題の所在 / 2 士業人口比と司法書士 / 3 弁護士・行政書士の主張 / 4 司法書士に求められる対応
1 問題の所在 / 2 士業人口比と司法書士 / 3 弁護士・行政書士の主張 / 4 司法書士に求められる対応
22.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of ソウル大学校中央図書館古文獻資料室の実習報告書の閲覧ガイド — A User’s Guide for Seoul National University Main Library : How to search Student Technical Intern Reports of metal mine and coal mine
三輪, 宗弘 ; Miwa, Munehiro
出版情報: 九州大学附属図書館研究開発室年報. 2016/2017, pp. 1-7, 2017-08. 九州大学附属図書館
本文を見る:
概要: ソウル大学校中央図書館の古文獻資料室に所蔵されている実習報告書の閲覧するための案内(ガイド)である.同大学の図書館の検索画面で,漢字を入れれば,Call Numberを調べることができる.資料申請書「Application for Reference Use」に必要事項を書き込んで実習報告書を請求すると,5冊まで一度に閲覧できる.金属鉱山や石炭鉱山での実習報告書には,採掘や生産などの技術に関する記述の他に,賃金や職制や地域の教育レベルなども記されている. 続きを見る
23.
その他
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of [084_01] 法政研究表紙奥付
出版情報: 法政研究. 84, (1), 2017-07-14. 九州大学法政学会
本文を見る:
24.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 「申請権」概念の展開 — “The Right to Application” : Development of a Concept in Japanese Administrative Law
村上, 裕章 ; Murakami, Hiroaki
出版情報: 法政研究. 84, (1), pp. 41-72, 2017-07-14. 九州大学法政学会
本文を見る:
目次:
はじめに / 一、展開その一 : 行政手続き法による「申請に対する処分」の法定 / 二、展開その二 : 行政事件訴訟法改正による義務付け訴訟の明文化 / おわりに
はじめに / 一、展開その一 : 行政手続き法による「申請に対する処分」の法定 / 二、展開その二 : 行政事件訴訟法改正による義務付け訴訟の明文化 / おわりに
25.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 岡田朝太郎の欧州留学について — OKADA Asataro in Europe
西, 英昭 ; Nishi, Hideaki
出版情報: 法政研究. 84, (1), pp. 217-238, 2017-07-14. 九州大学法政学会
本文を見る:
目次:
一、はじめに / 二、岡田朝太郎の欧州留学 / 三、他の清朝日本人法律顧問たちの留学 / 四、おわりに
一、はじめに / 二、岡田朝太郎の欧州留学 / 三、他の清朝日本人法律顧問たちの留学 / 四、おわりに
26.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of ベルント=リューデガー・ゾネン「ラント再社会化法(LResoG)のモデル草案は望ましいか?」 — Empfiehlt sich ein Musterentwurf eines Landesresozialisierungsgesetzes (LResoG)?
九州刑事政策研究会; Kyushu Kriminalpolitik Seminar; 武内, 謙治 ... [ほか]
出版情報: 法政研究. 84, (1), pp. 201-216, 2017-07-14. 九州大学法政学会
本文を見る:
目次:
Ⅰ.問題提起 / Ⅱ.政治の問題意識 / Ⅲ.新たな法律と今日の法政策 / Ⅳ.犯罪学上の基礎づけ / Ⅴ.国際基準 / Ⅵ.新たな観察結果 / Ⅶ.ラント再社会化法モデル草案のための礎石
Ⅰ.問題提起 / Ⅱ.政治の問題意識 / Ⅲ.新たな法律と今日の法政策 / Ⅳ.犯罪学上の基礎づけ / Ⅴ.国際基準 / Ⅵ.新たな観察結果 / Ⅶ.ラント再社会化法モデル草案のための礎石
27.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 社会法判例研究(第66回) — A Case and Study on Social Law
社会法判例研究会; Kyushu Social Law Seminar; 山下, 昇 ... [ほか]
出版情報: 法政研究. 84, (1), pp. 189-200, 2017-07-14. 九州大学法政学会
本文を見る:
28.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of ドイツ連邦共和国司法におけるラートブルフ定式の受容と定式の現代的意義(上) — Rezeption der Radbruchschen Formel von der Justiz der Bundesrepblik Deutschland und gegenwältige Bedeutung der Formel
酒匂, 一郎 ; Sako, Ichiro
出版情報: 法政研究. 84, (1), pp. 1-39, 2017-07-14. 九州大学法政学会
本文を見る:
目次:
一、はじめに / 二、戦後連邦共和国司法におけるラートブルフ定式の受容 (以上本号) / 三、再統一後の連邦共和国司法におけるラートブルフ定式の適用 / 四、終わりに
一、はじめに / 二、戦後連邦共和国司法におけるラートブルフ定式の受容 (以上本号) / 三、再統一後の連邦共和国司法におけるラートブルフ定式の適用 / 四、終わりに
29.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 九州帝国大学法文学部と吉野作造(二・完) : 九州帝国大学法文学部内訌事件の調停者 — Kyushu Imperial University Faculty of Law & Letters and YOSHINO Sakuzo (2) : The Mediator of the Infighting at 1927 in Kyushu Imperial University Faculty of Law & Letters
七戸, 克彦 ; Shichinohe, Katsuhiko
出版情報: 法政研究. 84, (1), pp. 73-156, 2017-07-14. 九州大学法政学会
本文を見る:
目次:
一、序に代えて / 二、九州帝国大学法文学部の創設と吉野作造 / 三、法文学部内訌事件と吉野作造 (以上前号) / 四、結びに代えて
一、序に代えて / 二、九州帝国大学法文学部の創設と吉野作造 / 三、法文学部内訌事件と吉野作造 (以上前号) / 四、結びに代えて
30.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 事前求償権を被保全債権とする仮差押えにより事後求償権の消滅時効の中断を認めた例 — A Case and Study on the Scope of the Interruption of Prescription by Attachment
浅野, 雄太 ; Asano, Yuta
出版情報: 法政研究. 84, (1), pp. 173-188, 2017-07-14. 九州大学法政学会
本文を見る:
31.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 少年及び青年のための裁判所並びに監視付自由に関する一九一二年七月二二日の法律 — «Loi sur les tribunaux pour enfants et adolescents et sur la libertée surveillée»(Traduction japonaise)
フランス刑事立法研究会; Group d'études sur la législation pénale française; 井上, 宜裕 ... [ほか]
出版情報: 法政研究. 84, (1), pp. 157-171, 2017-07-14. 九州大学法政学会
本文を見る:
目次:
はじがき / 少年及び青年のための裁判所並びに監視付自由に関する法律 / 第一編 一三歳未満の少年に帰責される刑罰法規違反 / 第二編 一三歳以上一八歳未満の少年に帰責される刑罰法規違反に関する予審及び判決 : 少年及び青年のための裁判所 / 第三編 監視付自由
はじがき / 少年及び青年のための裁判所並びに監視付自由に関する法律 / 第一編 一三歳未満の少年に帰責される刑罰法規違反 / 第二編 一三歳以上一八歳未満の少年に帰責される刑罰法規違反に関する予審及び判決 : 少年及び青年のための裁判所 / 第三編 監視付自由
32.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 肥前浜城と島原城下町の復元的考察 — Reconstruction of Hama Castle and the Castle-town of Shimabara
西田, 博 ; Nishida, Hiroshi
出版情報: pp. 1-, 2017-06-15.
本文を見る:
概要: The 1792 earthquake in Unzen caused the eastern flank of the Mayuyama dome to collapse, and the site of the Hama Castle and the southern half of the Castle-town of Shimabara, to be buried under the earth. Due to absence of accurate maps and scarcity of documents as well as topographical data, the castle and the castle-town has not been a subject of study for quite a long period of time. This thesis is about reconstructing the plan of the Hama Castle and the Castle-town of Shimabara, by analyzing every detail of documents and maps, and by focusing on features of the early Edo period maps. The study has unearthed several facts about how the city of Shimabara had been formed before the earthquake. 続きを見る
33.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 「コミュニティ・カレッジ」へのアイデンティティの形成と拡散 : 短大教員の地域・職業への志向性に焦点をあてて — Identity Formation and Diffusion on ‘the College of Community’ : Focusing on Faculty’s Orientation toward Occupation and Community
稲永, 由紀; Inenaga, Yuki; 吉本, 圭一 ... [ほか]
出版情報: 短期大学コンソーシアム九州紀要 : 短期高等教育研究. 7, pp. 5-15, 2017-03-31.
本文を見る:
概要: 短期大学は、法制上大学の一種として位置づけられているが、1990年代以降、その目的として規定されている職業教育を再評価し、そこへの志向性を強めている。また、地域コミュニティの中にその存在意義を求める「日本版コミュニティ・カレッジ」の議論がある。こうした学術性、職業性、地域性をめぐる短期大学のアイデンティティの形成と拡散の様相について、教員および機関への調査データから、他の高等教育セクター(大学・専門学校)との比較で描き出すとともに、これからの短期大学教育に必要とされる教員コンセプトについて、短大構成員の間に一定のコンセンサスがあるのかどうかを検討した。その結果、教員が考える短期大学のアイデンティティは総じて専門学校教員が考えるそれに近いことと同時に、「コミュニティ・カレッジ」としての方向性自体は短大構成員内でコンセンサスが形成されているが、具体的な学術性、職業性、地域性をめぐる方向性についてはまだ拡散状態にあること等が明らかになった。 続きを見る
34.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 九州大学法学部ニュース : 第23号 — Kyushu University Faculty of Law-News : Vol.23
出版情報: 法学部ニュース. 23, pp. 1-, 2017-03-31. 九州大学法学部広報委員会
本文を見る:
目次:
2017年オープンキャンパス開催! / 就任にあたってのご挨拶[村上裕章、堀野出] / 着任挨拶[新屋敷恵美子、八並廉] / 入学式が挙行されました / 留学体験記[渡邊領] / 法学部における世界展開力強化事業を終えて / JASRAC寄附科目を開講して[小島立] / 2016年度ロー・ライブラリー・プロジェクト執行報告 / 編集後記
2017年オープンキャンパス開催! / 就任にあたってのご挨拶[村上裕章、堀野出] / 着任挨拶[新屋敷恵美子、八並廉] / 入学式が挙行されました / 留学体験記[渡邊領] / 法学部における世界展開力強化事業を終えて / JASRAC寄附科目を開講して[小島立] / 2016年度ロー・ライブラリー・プロジェクト執行報告 / 編集後記
35.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 多数目的最適化を目指した設計受容度 : 静粛超音速研究機をタスクとして — Design Acceptability for Many-objective Optimization : Silent Supersonic Technology Demonstrator as a Task
井上, 誠; Inoue, Makoto; 裴, 岩 ... [ほか]
出版情報: 進化計算学会研究会プログラム. 第12回, 2017-03-13. 進化計算学会
本文を見る:
36.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 個体間距離順位とフィットネス順位に基づく局所解領域の推定 — Estimation of local optima areas based on individual distance ranks and fitness ranks
余, 俊; Yu, Jun; 髙木, 英行 ... [ほか]
出版情報: 進化計算学会研究会プログラム. 12, 2017-03-13. 進化計算学会
本文を見る:
37.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 番号付き・運搬車付き箱玉系の有限戸田表現
前田, 一貴 ; Maeda, Kazuki
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 1-6, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: 玉に番号がついており,かつ運搬車容量に制限のある箱玉系に対する有限戸田表現を与える.関連して,従来知られていたルールとは異なる番号付き・運搬車付き箱玉系の類似物も得られたので,これについても報告する.
38.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 連立型反応拡散セル・オートマトンの進行波
村田, 実貴生 ; Murata, Mikio
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 7-12, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: 多成分のセル・オートマトンの中で基本的と考えられるセル・オートマトンとして「連立型反応拡散セル・オートマトン」を提案し,エレメンタリー・セル・オートマトンとの関係を述べる.連立型反応拡散セル・オートマトンに現れる進行波について調査結果を報告する. 続きを見る
39.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 新しい箱玉系のルールとその解析
辻本, 諭 ; Tsujimoto, Satoshi
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 13-18, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: 最近の研究の中で,高橋・薩摩の箱玉系の有限オートマトン表示に対する考察の中から,新しい箱玉系のルールがいくつか見出されている.本稿では,“箱飛ばしルール” と “空箱ルール” のそれぞれを導入する.特に,一つ飛ばしルールで与えられる箱玉系については,その線形化の手続きについて紹介する. 続きを見る
40.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 超離散Somos-4, 5 方程式の初期値問題の解法
中田, 庸一 ; Nakata, Yoichi
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 19-24, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: Somos sequence のうちいくつかは解が係数が正の Laurent 多項式で表されるという性質を持つ. その超離散対応物のうち超離散 Somos-4 および Somos-5 方程式についてその解は初期値の区分線形関数として表されるが, それを凸多角形と対応させ方程式による時間発展を凸多角形間の演算として記述することにより, 任意の初期値に対する一般解を計算する方法を得, 具体的に書き下すことができた. 続きを見る
41.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of A^(1)_1 型クラスター代数の変異と離散戸田格子
野邊, 厚 ; Nobe, Atsushi
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 25-30, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: QRT写像とよばれる楕円曲線の加法構造を用いて, A^(1)_1型クラスター代数の変異と A^(1)_1型離散戸田格子の時間発展との直接的対応関係を明らかにする.また,この対応関係を通して,A^(1)_1型クラスター代数の変異の幾何学的解釈を与える. 続きを見る
42.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 可積分確率過程に現れる対称関数
竹山, 美宏 ; Takeyama, Yoshihiro
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 31-38, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: 種々の量が具体的に計算できるという意味で「可積分」な確率モデルの研究が, 近年ひろく行われている ([1, 2]およびこれらに引用されている文献を参照していただきたい). 数学的な観点から見たとき, これらのモデルの構成・解析においては, 従来の表現論や特殊関数論, 組合せ論のあ る種の変形のようなものが使われている.本稿では, Sasamoto-Wadati [5] によって導入された可積分確率過程である q-boson ゼロレンジ過程の拡張と見なされる二つのモデルを題材として, これらに現れる新たな特殊関数を紹介する. 以下では関数の定義と, それが確率モデルのどのような量として現れるかに焦点を絞って概説する. 数学的な背景としては, アフィンヘッケ代数の変形と見なされる非可換代数の表現論や, 量子アフィン代数の表現論があるのだが, この点については言及しない. 引用した文献を参照していただきたい. 続きを見る
43.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 一般化されたq-パンルヴェVI 方程式に付随する双線型関係式
鈴木, 貴雄 ; Suzuki, Takao
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 39-44, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: q-パンルヴェVI 方程式([1]) の一般化として導入された2n 階q-差分方程式系q-P_(n+1;n+1) は, A^(1)_2n+1型拡大アフィン・ワイル群による対称性を持ち, またq-超幾何関数n+1ϕn によって記述される特殊解を持つ. 本稿では, このq-P_(n+1;n+1) に付随するτ -関数の族を定式化し, それらの満たす双線型関係式を導く. 続きを見る
44.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 多重直交多項式と可積分系
三木, 啓司 ; Miki, Hiroshi
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 45-52, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: 多重直交多項式と呼ばれる,Hermite-Padé近似問題の解として現れる多項式列について,対応する連続・離散時間の可積分系を明らかにする.また,得られた系と Kostant-戸田方程式やハングリー戸田方程式との対応について議論する.
45.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 階段型バネ定数で支えられた糸のたわみ問題に対応するソボレフ不等式の最良定数
山岸, 弘幸 ; Yamagishi, Hiroyuki
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 53-60, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: 水平な天井からバネ定数q(x) のゴム膜で支えられた糸に,荷重密度f(x) を加えたときの糸のたわみu = u(x) は2 階線形常微分方程式−u’’(x) + q(x)u(x) = f(x) にしたがう.q(x) は正の区間でa^2,負の区間でb^2 とした,階段型関数の場合を考えた.この様な糸のたわみの最大幅をポテンシャルエネルギーの定数倍で評価する不等式がソボレフ不等式であり,定数倍の内,最も小さい定数である最良定数を求めた. 続きを見る
46.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 離散可積分系によるNewell-Whitham モデルの時間差分化とその解
鈴木, 大庸; Suzuki, Kouyo; 磯島, 伸 ... [ほか]
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 61-66, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: 金井らによる先行研究で, ある交通流モデルの方程式と, 可積分方程式である modified Korteweg-de Vries 方程式の対比により, 時間離散 mKdV 方程式を利用した交通流モデルの時間差分化が提出済である. 本研究では, 遅延微分方程式 Newell-Whitham (NW) モデルと可積分である Lotka-Volterra 方程式(Kac-van Moerbeke 系)との対比に注目し, NW モデルの時間差分化を提案する. また, 得られた離散時間モデルの厳密解についても議論する. 続きを見る
47.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 平面分割に関連するパフィアンについて
上岡, 修平; Kamioka, Shuhei; 森居, 数広 ... [ほか]
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 67-72, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: 対称な平面分割に対して, トレースを含む分配関数を提示し, そのパフィアン表示を与える. この分配関数は対称な平面分割に対する既知の母関数の一般化であり, それら母関数と同様の積表示を持つと予想される.
48.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 連立線形方程式の一般解の差分・超離散対応
赤木, 洸仁; Akagi, Hirohito; 長井, 秀友 ... [ほか]
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 73-80, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: 1 階連立線形差分方程式の一般解が行列を用いることで求まるのと同様に,1 階連立線形超離散方程式の一般解も Max-Plus 代数における行列の演算を導入することで求められる.似て非なる導出過程で求めたそれぞれの一般解が超離散化によって対応関係を有していることを示す. 続きを見る
49.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 1 つ飛ばし箱玉系について
篠原, 麻礼; Shinohara, Marei; 坂田, 幸太郎 ... [ほか]
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 81-86, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: 運搬車付き箱玉系の拡張として,1 つ飛ばし箱玉系と本記事で呼ぶ時間発展系が辻本によって発見された.まず,この系の定義と解のふるまい,max-plus 方程式および状態遷移図による時間発展則の表現を紹介する.次に,max-plus 方程式に導入されたパラメータを任意に取ることによる系の拡張を提案し,解のソリトン性について議論する.さらに,その拡張系の状態遷移図による表現を試みる. 続きを見る
50.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 隣接サイトの状態に依存する吸脱着機構を持つ完全非対称単純排他過程と複雑ネットワークへの応用
一木, 信吾; Ichiki, Shingo; 柳澤, 大地 ... [ほか]
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 93-98, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: 前方の隣接サイトの状態に依存する吸脱着機構を持つ一次元開放系の完全非対称単純排他過程に関して,平均場近似を用いて定常状態について解析した結果を紹介する.また,最後に,この模型の今後の展望の一つとして,複雑ネットワークへの応用について言及する 続きを見る
51.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 時間遅れをもつ常微分方程式の離散化について
松家, 敬介 ; Matsuya, Keisuke
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 99-104, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: Hutchinson-Wright (以下, HW) 方程式はロジスティック方程式に時間遅れを入れた方程式であり, 生物種の数が時間遅れの効果を伴って生物種の増減に影響を及ぼす数理モデルである. HW 方程式の平衡解の安定性は時間遅れのパラメータによって変化することが知られている.本稿では, HW 方程式の離散化の平衡解の大域的安定性と時間遅れのパラメータの関連性について議論する. 続きを見る
52.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 超離散パーマネントとMax Plus 線形方程式
新澤, 信彦 ; Shinzawa, Nobuhiko
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 105-110, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: Max Plus の連立線形方程式から変数を消去しようとすると、方程式が極端に複雑になってしまう事が多い。ここでは、あるクラスのMax Plus 線形方程式では、その様な複雑化が起らず、可解条件を超離散パーマネント(Max Plus での行列式) を使って簡潔に表せる事を示す。 続きを見る
53.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 例外型 Hermite 多項式の零点について
羅, 宇 ; Luo, Yu
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 111-118, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: 例外型直交多項式は,古典直交多項式のDarboux 変換により得られ,多項式列に次数の欠けを許すものである.本報告では,例外型Hermite 多項式の零点に関するStieltjes-Calogero 型関係式を導出し,そこからある静電気モデルとの関係を示す. 続きを見る
54.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 期間構造モデルの離散化の試み
佐藤, 亜理沙; Sato, Arisa; 筧, 三郎 ... [ほか]
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 119-124, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: 金利の期間構造モデルにおいて,Vasicek モデル,CIR モデルなどといったアフィン型モデルは基本的であり,多く利用されてきた.このクラスのモデルでは,対応する微分方程式がリッカチ型になるため,厳密解を明示的に求めることができる.本研究では,時間を離散化したモデルにおいて,同様の考察を試みる. 続きを見る
55.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of GL(3)型 Atiyah-Ward 仮説とモノドロミー保存変形
足立, 好輝; Adachi, Yoshiteru; 筧, 三郎 ... [ほか]
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 125-132, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: SU(2) 自己相対ヤン・ミルズ方程式とPainlev e 方程式(以下PV I と略す) の関連が知られている[1, 2]. 一方, 近年では, 3 3 の線形問題をもつ高次元Painlev e 方程式が調べられている[3, 4]. そこで, ここでは, 3 3 Riemann-Hilbert 分解から出発して, そこから得られる方程式を考察する. 続きを見る
56.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 超幾何関数で表される不変量を持つ差分方程式の楕円関数解
久保, 涼平; Kubo, Ryohei; 筧, 三郎 ... [ほか]
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 133-138, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: 榊・筧は,超幾何関数によって表される不変量を持つ連立型差分方程式の構成法を与え,具体例を12 個与えた.これらの差分方程式に対する解は,近藤,梅野によって調べられきた.本稿では,まだ解かれていなかった方程式の解を考察し,その解が楕円関数で与えられることを示す. 続きを見る
57.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 箱と玉の両方に番号が付いた箱玉系について
福田, 亜希子; Fukuda, Akiko; 山本, 有作 ... [ほか]
出版情報: 応用力学研究所研究集会報告. 28AO-S6, (1), pp. 87-92, 2017-03. 九州大学応用力学研究所
本文を見る:
概要: 番号付き箱玉系として,玉に番号を付けて区別した箱玉系および箱に番号を付けて区別した箱玉系が知られている.本報告では,それらの番号付き箱玉系の拡張として,玉と箱の両方に番号を付けて区別する新たな箱玉系を定義し,その保存量について議論する.
58.
図書
Cover image of 八幡宮年中行司
大分県立歴史博物館
出版情報: 宇佐, Japan. 2017.3. 28p 大分県立歴史博物館
シリーズ: 大分県歴史資料調査報告; 4
真玉八幡宮関係資料; 1
利用状況: loading…
本文を見る:
59.
図書
Cover image of 法照寺の什物
大分県立歴史博物館
出版情報: 宇佐, Japan. 2017.3. 9p 大分県立歴史博物館
シリーズ: 大分県仏教美術調査報告; 3
利用状況: loading…
本文を見る:
60.
図書
Cover image of 宮崎県の近代化遺産 : 宮崎県近代化遺産総合調査報告書
宮崎県教育委員会文化財課編
出版情報: 宮崎, Japan. 2017.3. 161p, 図版[4]p, [2]枚 宮崎県教育委員会
利用状況: loading…
本文を見る:
61.
図書
Cover image of 知恩寺跡 : 福岡県田川郡添田町添田所在遺跡の調査 : 県道英彦山添田線改良事業関係埋蔵文化財調査報告
福岡県立九州歴史資料館
出版情報: 小郡, Japan. 2017.3. v, 40p, 図版19p 九州歴史資料館
シリーズ: 福岡県文化財調査報告書 / 福岡県教育委員会 [編]; 第259集
福岡県行政資料
利用状況: loading…
本文を見る:
62.
図書
Cover image of 専修寺御影堂・如来堂調査報告書
専修寺御影堂・如来堂調査委員会編著
出版情報: 津, Japan. 2017.7. 239p, 図版[2]枚 真宗高田派本山専修寺
利用状況: loading…
本文を見る:
63.
図書
Cover image of 100回記念佐賀美術協会作品集
100回記念実行委員会作品集班編
出版情報: 神埼, Japan. 2017.5. 87p 佐賀美術協会
利用状況: loading…
本文を見る:
64.
図書
Cover image of 佐賀美術協会の100年
佐賀美術協会編
出版情報: 神埼, Japan. 2017.7. 196p 佐賀美術協会
利用状況: loading…
本文を見る:
65.
図書
Cover image of 上伊良原マトコロ遺跡 ; 下伊良原フラノ遺跡 ; 下伊良原東向川原遺跡 ; 下伊良原羽後屋敷遺跡 ; 下伊良原中ノ切遺跡
福岡県立九州歴史資料館
出版情報: 小郡, Japan. 2017.3. viii, 121p, 図版50p 九州歴史資料館
シリーズ: 福岡県文化財調査報告書 / 福岡県教育委員会 [編]; 第255集
伊良原ダム関係埋蔵文化財調査報告; 4
伊良原; 4
利用状況: loading…
本文を見る:
66.
図書
Cover image of 下伊良原高木神社跡 ; 下伊良原庄屋屋敷跡 ; 下伊良原宮園遺跡 ; 上伊良原高木神社跡 ; 上伊良原善治遺跡
福岡県立九州歴史資料館
出版情報: 小郡, Japan. 2017.3. x, 184p, 図版80p 九州歴史資料館
シリーズ: 福岡県文化財調査報告書 / 福岡県教育委員会 [編]; 第256集
伊良原ダム関係埋蔵文化財調査報告; 5
伊良原; 5
利用状況: loading…
本文を見る:
67.
図書
Cover image of 下伊良原西の塚遺跡 ; 下伊良原下地ヶ原遺跡 ; 下伊良原平原遺跡 ; 下伊良原中ノ坪遺跡
福岡県立九州歴史資料館
出版情報: 小郡, Japan. 2017.3. 129p, 図版2, 78p 九州歴史資料館
シリーズ: 福岡県文化財調査報告書 / 福岡県教育委員会 [編]; 第257集
伊良原ダム関係埋蔵文化財調査報告; 6
伊良原; 6
利用状況: loading…
本文を見る:
68.
図書
Cover image of Transforming the rural : global processes and local futures
edited by Mara Miele ... [et al.]
出版情報: United Kingdom, United Kingdom. 2017. xxv, 350 p. Emerald Publishing
シリーズ: Research in rural sociology and development; 24
利用状況: loading…
本文を見る:
69.
図書
Cover image of 蘇州花街散歩 : 山塘街の物語
大木康著
出版情報: 東京, Japan. 2017.7. viii, 290, 5p 汲古書院
利用状況: loading…
本文を見る:
70.
図書
Cover image of 台記 : 宇槐記抄・台記抄・宇槐雑抄
[藤原頼長著] ; 前田育徳会尊経閣文庫編
出版情報: 東京, Japan. 2017.8. iv, 273p 八木書店古書出版部 — 八木書店 (発売)
シリーズ: 尊経閣善本影印集成; 66
利用状況: loading…
本文を見る:
71.
図書
Cover image of 野研!大学が野に出た : フィールドワーク教育と大學堂
竹川大介著
出版情報: 福岡, Japan. 2017.9. iv, 136p 九州大学出版会
シリーズ: シリーズ北九大の挑戦; 4
利用状況: loading…
本文を見る:
72.
図書
Cover image of 外科的矯正治療カラーアトラス
上山吉哉, 森悦秀編著
出版情報: 福岡, Japan. 2017.9. v, 77p 九州大学出版会
利用状況: loading…
本文を見る:
73.
図書
Cover image of 日本のテロ : 爆弾の時代60s-70s
栗原康監修
出版情報: 東京, Japan. 2017.8. 128p 河出書房新社
利用状況: loading…
本文を見る:
74.
図書
Cover image of 誰が何を論じているのか : 現代日本の思想と状況
小熊英二著
出版情報: 東京, Japan. 2017.8. xv, 536p 新曜社
利用状況: loading…
本文を見る:
75.
図書
Cover image of 日本化薬100年史
出版文化社
出版情報: 東京, Japan. 2017.6. 199p 日本化薬
利用状況: loading…
本文を見る:
76.
図書
Cover image of クルト・ヴァイル : 生真面目なカメレオン
田代櫂著
出版情報: 東京, Japan. 2017.8. 331, 19p 春秋社
利用状況: loading…
本文を見る:
77.
図書
Cover image of Die mittelalterliche Thronfolge im europäischen Vergleich
herausgegeben von Matthias Becher
出版情報: Ostfildern, Germany. c2017. 483 p. Jan Thorbecke
シリーズ: Vorträge und Forschungen; Bd. 84
利用状況: loading…
本文を見る:
78.
図書
Cover image of みんなで歩んだよい仕事・協同労働への道、そしてその先へ : ワーカーズコープ35年の軌跡
労協連35年史編纂委員会編集
出版情報: [東京], Japan. 2017.6. 285p, 図版 [16] p 日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会
利用状況: loading…
本文を見る:
79.
図書
Cover image of 新次元の金融政策のあり方
金融調査研究会 [編]
出版情報: 東京, Japan. 2017.7. iv, 153p 金融調査研究会事務局
シリーズ: 金融調査研究会報告書; 58
利用状況: loading…
本文を見る:
80.
図書
Cover image of 実用家事宝鑑 : 現代男性生活綱領・家庭に於ける婦女の常識
伊藤春水著 : 片平徹編
出版情報: 東京, Japan. 2017.7. vii, 19, 153, 22, 380, 15, 252, 141, 3p 創英社 — 三省堂書店
利用状況: loading…
本文を見る:
81.
図書
Cover image of 持続可能な社会保障制度に資する金融のあり方
金融調査研究会 [編]
出版情報: 東京, Japan. 2017.7. iii, 97p 金融調査研究会事務局
シリーズ: 金融調査研究会報告書; 59
利用状況: loading…
本文を見る:
82.
図書
Cover image of 対馬海漁年表
木部和昭研究代表
出版情報: 山口, Japan. 2017.3. 3, 78p 木部和昭
利用状況: loading…
本文を見る:
83.
図書
Cover image of 格差社会における共済・保険への加入と幸福度
佐々木一郎
出版情報: 東京, Japan. 2017.5. 17p 全国勤労者福祉・共済振興協会
シリーズ: 公募研究シリーズ; 67
利用状況: loading…
本文を見る:
84.
図書
Cover image of 中村ヒバル遺跡
豊前市教育委員会
出版情報: 豊前, Japan. 2017.3. 109p 豊前市教育委員会
シリーズ: 豊前市文化財調査報告書; 第40集
県営ほ場整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書; 21
県営経営体育成基盤整備事業角田中部地区土地改良事業に伴う埋蔵文化財調査報告書
利用状況: loading…
本文を見る:
85.
図書
Cover image of 証明軽減論と武器対等の原則 : 要件事実論批判・証明責任分配論と共に
松本博之著
出版情報: 東京, Japan. 2017.7. xvii, 407p 日本加除出版
利用状況: loading…
本文を見る:
86.
図書
Cover image of 民法「債権関係」改正法の概要
潮見佳男著
出版情報: 東京, Japan. 2017.8. 22, 354p 金融財政事情研究会 — きんざい (発売)
利用状況: loading…
本文を見る:
87.
図書
Cover image of 地域エネルギー供給において協同組合が果たしうる役割 : 日米の比較調査から
三浦一浩, 手塚智子 [著]
出版情報: 東京, Japan. 2017.6. 49p 全国勤労者福祉・共済振興協会
シリーズ: 公募研究シリーズ; 68
利用状況: loading…
本文を見る:
88.
図書
Cover image of 機械遺産・アロー号からみた近代文化遺産の保存/活用
博多湾岸《金印ロード》資源活用プロジェクト実行委員会編
出版情報: [福岡], Japan. 2017.3. 93p 博多湾岸《金印ロード》資源活用プロジェクト実行委員会
利用状況: loading…
本文を見る:
89.
電子ブック
Cover image of Architects of Buddhist leisure : socially disengaged Buddhism in Asia's museums, monuments, and amusement parks
Justin Thomas McDaniel
出版情報: Honolulu, Hawaii. 2017-. University of Hawaiʻi Press
シリーズ: Contemporary Buddhism
本文を見る:
目次:
Monuments and metabolism: Kenzo Tange and the attempts to bring new architecture to Buddhism's oldest site
Ecumenical parks and cosmological gardens: Braphai and Lek Wiriyaphan and Buddhist spectacle culture
Buddhist museums and curio cabinets: Shi Fa Zhao and ecumenism without an agenda.
Monuments and metabolism: Kenzo Tange and the attempts to bring new architecture to Buddhism's oldest site
Ecumenical parks and cosmological gardens: Braphai and Lek Wiriyaphan and Buddhist spectacle culture
Buddhist museums and curio cabinets: Shi Fa Zhao and ecumenism without an agenda.
90.
電子ブック
Cover image of Big data in organizations and the role of human resource management : a complex systems theory-based conceptualization
Tobias M. Scholz
出版情報: Frankfurt am Main, Germany. 2017-. Peter Lang
シリーズ: Personalmanagement und Organisation; Vol. 5
本文を見る:
91.
電子ブック
Cover image of Building state capability : evidence, analysis, action
Matt Andrews, Lant Pritchett, and Michael Woolcock
出版情報: Oxford, England, New York, NY. 2017-. Oxford University Press
本文を見る:
概要: "Governments play a major role in the development process, and constantly introduce reforms and policies to achieve developmental objectives. Many of these interventions have limited impact, however; schools get built but children don't learn, IT systems are introduced but not used, plans are written but not implemented. These achievement deficiencies reveal gaps in capabilities, and weaknesses in the process of building state capability. This book addresses these weaknesses and gaps. It starts by providing evidence of the capability shortfalls that currently exist in many countries, showing that many governments lack basic capacities even after decades of reforms and capacity building efforts. The book then analyses this evidence, identifying capability traps that hold many governments back - particularly related to isomorphic mimicry (where governments copy best practice solutions from other countries that make them look more capable even if they are not more capable) and premature load bearing (where governments adopt new mechanisms that they cannot actually make work, given weak extant capacities). The book then describes a process that governments can use to escape these capability traps. Called PDIA (problem driven iterative adaptation), this process empowers people working in governments to find and fit solutions to the problems they face. The discussion about this process is structured in a practical manner so that readers can actually apply tools and ideas to the capability challenges they face in their own contexts. These applications will help readers implement policies and reforms that have more impact than those of the past.'-- 続きを見る
92.
電子ブック
Cover image of Commercial communication in the digital age : information or disinformation?
edited by Gabriele Siegert, M. Bjørn von Rimscha, Stephanie Grubenmann
出版情報: Boston/Berlin, Massachusetts. 2017-. Walter de Gruyter
シリーズ: Age of access? grundfragen der informationsgesellschaft; 7
本文を見る:
目次: 続きを見る
Editor's preface / Gabriele Siegert, M. Bjørn von Rimscha, and Stephanie Grubenmann
Information and disinformation about advertising / Kati Förster and Ulli Weish
Information and disinformation through advertising / Roland Mangold
Information about users / Andrew McStay
Inclusion of users in the creation of advertising / Chris Miles
Information sources and consumer tribe integrators
List of contributors : short biographies.
Editor's preface / Gabriele Siegert, M. Bjørn von Rimscha, and Stephanie Grubenmann
Information and disinformation about advertising / Kati Förster and Ulli Weish
Information and disinformation through advertising / Roland Mangold
93.
電子ブック
Cover image of Culinary turn : aesthetic practice of cookery
Nicolajvan der Meulen, Jörg Wiesel (eds.) ; in collaboration with Anneli Käsmayr and in editorial cooperation with Raphaela Reinmann
出版情報: Bielefeld, Germany. 2017-. Transcript
シリーズ: Aesthetic practice; volume 1
本文を見る:
94.
電子ブック
Cover image of Hokum! : the early sound slapstick short and Depression-era mass culture
Rob King
出版情報: Oakland, California. 2017-2017. University of California Press
本文を見る:
概要: "Hokum! is the first book to take a comprehensive view of short-subject slapstick comedy in the early sound era. Challenging the received wisdom that sound destroyed the slapstick tradition, author Rob King explores the slapstick short's Depression-era development against a backdrop of changes in film industry practice, comedic tastes, and moviegoing culture. Each chapter is grounded in case studies of comedians and comic teams, including the Three Stooges, Laurel and Hardy, and Robert Benchley. The book also examines how the past legacy of silent-era slapstick was subsequently reimagined as part of a nostalgic mythology of Hollywood's youth"--Provided by publisher. 続きを見る
95.
電子ブック
Cover image of Learning legacies : archive to action through women's cross-cultural teaching
Sarah Ruffing Robbins
出版情報: Ann Arbor, Michigan. 2017-. University of Michigan Press
シリーズ: The new public scholarship
本文を見る:
概要: "Learning Legacies explores the history of cross-cultural teaching approaches, to highlight how women writer-educators used stories about their collaborations to promote community-building. Robbins demonstrates how educators used stories that resisted dominant conventions and expectations about learners to navigate cultural differences. Using case studies of educational initiatives on behalf of African American women, Native American children, and the urban poor, Learning Legacies promotes the importance of knowledge grounded in the histories and cultures of the many racial and ethnic groups that have always comprised America's populace, underscoring the value of rich cultural knowledge in pedagogy by illustrating how creative teachers still draw on these learning legacies today"-- 続きを見る
96.
電子ブック
Cover image of Performing the digital : performativity and performances in digital cultures
Martina Leeker, Imanuel Schipper, Timon Beyes (eds.)
出版情報: Bielefeld, Germany. 2017-2017. Transcript
シリーズ: Digital society
本文を見る:
概要: "How is performativity shaped by digital technologies--and how do performative practices reflect and alter techno-social formations? 'Performing the Digital' explores, maps and theorizes the conditions and effects of performativity in digital cultures. Bringing together scholars from performance studies, media theory, sociology and organization studies as well as practitioners of performance, the contributions engage with the implications of digital media and its networked infrastructures for modulations of affect and the body, for performing cities, protest, organizations and markets, and for the performativity of critique."--Page [4] of cover. 続きを見る
97.
電子ブック
Cover image of The political economy of clean energy transitions
edited by Douglas Arent, Channing Arndt, Mackay Miller, Finn Tarp, and Owen Zinaman, A study prepared by the United Nations University World Institute for Development Economics Research (UNU-WIDER)
出版情報: Oxford, United Kingdom, England. 2017-. Oxford University Press
本文を見る:
98.
電子ブック
Cover image of The practice of industrial policy : government-business coordination in Africa and East Asia
edited by John Page and Finn Tarp ; a study prepared by the United Nations University World Institute for Development Economics Research (UNU-WIDER)
出版情報: Oxford, England, New York, NY. 2017-. Oxford University Press
本文を見る:
概要: Much of the information relevant to policy formulation for industrial development is held by the private sector, not by public officials. There is therefore fairly broad agreement in the development literature that some form of structured engagement - often referred to as close or strategic coordination - between the public and private sectors is needed, both to assist in the design of appropriate policies and to provide feedback on their implementation. There is less agreement on how that engagement should be structured, how its objectives should be defined, and how success should be measured. In fact, the academic literature on close coordination provides little practical guidance on how governments interested in developing a framework for government-business engagement should go about doing it. 続きを見る
99.
電子ブック
Cover image of The Qur'an Seminar commentary : a collaborative study of 50 qur'anic passages = Le Qur'an seminar : commentaire collaboratif de 50 passages coraniques
Mehdi Azaiez, Gabriel S. Reynolds, Tommaso Tesei, Hamza M. Zafer (eds.)
出版情報: Berlin, Germany, Boston. 2017-. De Gruyter
本文を見る:
100.
電子ブック
Cover image of Das schwarze Wien : Bautätigkeit im Ständestaat 1934-1938
Andreas Suttner
出版情報: Wien, Austria. 2017-. Böhlau Verlag
本文を見る: