close
1.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 肥満,糖・脂質代謝とステロイドホルモン — Obesity, Glucose and Lipid Metabolism, and Steroid Hormones
庄野, 菜穂子; Shono, Naoko; 熊谷, 秋三 ... [ほか]
出版情報: 健康科学. 18, pp. 21-44, 1996-03-31. 九州大学健康科学センター
本文を見る:
概要: In this review, we firstly focused on the role of muscle fiber composition and neuroendocrinological disturbance as an etiology of the development of obesity, and secondarily summarized the relationships between muscle fiber composition and lipid, and glucose metabolism, and the muscle adaptation to training on these relationships. In addition, we discussed the relationships of steroid hormones to lipid and glucose metabolism in men and women with obesity and non-insulin dependent diabetes mellitus (NIDDM). Although muscle fiber composition was originally determined by genetic factor, it contributed to improvement of lipid and glucose metabolism through muscle adaptations to endurance training. In recent articles, it has been postulated as hypothesis that activation of hypothalamo-pituitary-adrenal (HPA) axis by so-called "psychosocial stressors" was one of the main triggers of adipose tissue accumulation, especially visceral fat. Lastly, we discussed the possibility that both male and female hormones were important physiological regulators of lipid and glucose metabolism, regardless of sex difference. However, cause and effect on this relationship are still remains to be clarified at present time. Further research is needed for understanding above mentioned problems. 続きを見る
2.
学位論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 妊婦の精神的・身体的ストレスと労働 — Mental and Physical Stress of Pregnant Women and Work
阿南, あゆみ ; Anan, Ayumi
学位授与年度: 2011
学位授与大学: 九州大学
学位: 博士(看護学)
学位種別: 課程博士
本文を見る:
概要: This study aimed to investigate the effects of working during gestation on pregnant women by evaluating their mental and physical stress. The subjects were 62 women during natural pregnancy with a singleton who were not in a state of illness. The survey was conducted by a Questionnaire to clarify their general background, daily activities, working status, mental stress (GHQ28) and measurement of antioxidant capacity (Potential Anti-Oxidant (PAO)) and oxidative stress urinary 8-hydroxydeoxy guanosine (8-OHdG) in early (12-16w) and late (32-36w) pregnancy. Of the 62 females (primigravida:23, multigravida:39), 41(66.1%) worked in early pregnancy and 17 (27.4 %) continued to work in late pregnancy, while the other, i.e. 24, discontinued working. Eight took maternal leave of absence and 16 resigned their jobs during the gestation period. The total GHQ28 scores fell significantly in late pregnancy compared with early pregnancy, mainly caused by the relief of Somatic Symptoms. In addition, urinary 8-OHdG lowered significantly in late pregnancy whereas PAO rose significantly. The reduction of physical stress was recognized in late pregnancy. The urinary 8-OHdG of working pregnant women was lower than non-working pregnant women in early pregnancy. The PAO levels were not changed by working status. GHQ28, PAO and urinary 8-OHdG were not significantly related with life activities, such as going up/down, sleep, house-hold work and so on. Mental and physical stress caused by pregnancy was high in early pregnancy and decreased as pregnancy progressed. Working during pregnancy did not adversely influence mental and physical stress of pregnant women, while working in early pregnancy reduced physical stress levels. 続きを見る
3.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 腸内細菌による視床下部-下垂体-副腎軸(HPA axis)可塑性の制御 — Regulation of hypothalamic-pituitary-adrenal system for stress response by intestinal microbiota
久保 千春 ; KUBO Chiharu
研究期間: 2001-2003
本文を見る:
概要: 腸内細菌の宿主への定着は様々な生理機能に関与しているが、本研究では、腸内細菌がストレスに対する視床下部-下垂体-副腎軸(HPA axis)の反応性へどのように関与しているかについて無菌(germ free:GF)マウスおよび様々な単一細菌で構成された人工菌叢マウスを用いて検討した。この3カ年の研究成果を以下にまとめる。 (1)人工菌叢マウスを用いて、拘束ストレスに対するHPA axisの反応性をGF,SPFマウスと比較、検討した。なお実験には単一細菌の状態で3代維持したものを用いた。その結果、Bacteroides vulagatus単一細菌マウスではGFマウスの反応性と同一であったが、Bifidobacterium infantis単一細菌マウスでは、GFマウスで認められたストレスに対する過大反応が有意に減じていた。一方、病原性大腸菌単一細菌マウス(EPEC)のストレメ感受性は、GFマウスよりも亢進していた。 (2)脳内の各部位における神経成長因子の濃度についてGFとSPFマウスで比較・検討したところ、GFマウスではSPFマウスと比較し、frontal cortex,hippocampus領域でのbrain-derived neurotrophic factor濃度が有意に低下していた。一方、nerve-growth factor,NT-3濃度に関しては、両マウス間で有意な濃度差は認めなかった。frontal cortex, hippocampusはHPA axisの機能制御に深く関わっているばかりでなく出生後に発達する代表的な部位であることより、GFマウスでは生後の中枢神経発達が十分ではない可能性を示唆している。 (3)成長の初期段階においてGFマウスをSPF化したマウスでは、成長後のストレス反応がSPFレベルまで減弱していたが、一方成長後にSPF化の処置を施してもストレス反応の変化は認めなかった。 続きを見る
4.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 各種血管作動薬が新生児の血管平滑筋に及ぼす影響に関する検討 — Research for the effect of vaso-activators in neonatal vascular smooth muscle
家入 里志 ; IEIRI Satoshi ; 山内 健
研究期間: 2003-2004
本文を見る:
概要: 新生仔ラットの血管平滑筋の特性、特に、侵襲(人工呼吸)が新生仔肺血管に与える影響を調べる目的で、我々がこれまでの研究で用いてきたモルヒネ腹腔内投与によるラット胎児麻酔モデルを使い、肺血管でのサイトカイン産生についての検討を行った。妊娠ラットにモルヒネを腹腔内投与し、新生仔を帝王切開にて娩出後、4時間人工呼吸管理を行った群(胎児麻酔群:FA群)を作成。コントロール群(C群)としてモルヒネ投与を行わずに4時間人工呼吸管理を行った群を用い、新生仔肺血管でのTNF-αの発現を免疫組織染色法を用いて比較検討した。この結果、コントロール群に比べ、胎児麻酔群ではTNF-αの肺血管平滑筋における発現が低下しており、モルヒネが侵襲に対する肺血管平滑筋の反応を抑制することが示唆された。また、両群における血中TNF-α、IL-6及び気管支肺胞洗浄液中TNF-αの測定も行い、比較検討した。血中TNF-α値は、出生直後において、胎児麻酔群でコントロール群に比べ有意に低値を示した。血中IL-6値は胎児麻酔群で4時間人工呼吸管理後に、その上昇が有意に抑制されていた。また、気管支肺胞洗浄液中TNF-α濃度は、出生直後において胎児麻酔群で低値の傾向が認められた。これらのサイトカインは、血管平滑筋を収縮あるいは弛緩させる作用があることが報告されている。今回の研究によりサイトカイン産生を人為的に調節することで、肺血管平滑筋の反応性を調節できる可能性が示唆された。 続きを見る
5.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 増殖性疾患でのCSD蛋白の発現と分子間ネットワーク — The expression and the molecular network of CSD protein in proliferating disease
内海 健 ; UCHIUMI Takeshi
研究期間: 2006-2007
本文を見る:
概要: CSD(Cold shock domain)ファミリー蛋白は、大腸菌からヒトまで高度に保存された約78アミノ酸からなる核酸結合ドメインをもち、多くの増殖細胞で発現するユビキタス蛋白である。CSDファミリー蛋白は核酸に強く結合し、転写、翻訳調節、RNAの分子Chaperon機能を通じて、細胞の外界ストレスに対する防御基点としての役割が明らかにされつつある。 本研究では(1)YB-1のノックアウトマウスを作製しその機能を明らかにした。ホモのYB-1ノックアウトマウスは胎生致死であった。(2)YB-1の発現はin situ hybridization法によりマウス胎児のほぼ全身に発現していた。(3)YB-1はミトコンドリアの外膜に結合し翻訳に関与することを明らかにした。(4)YB-1ノックアウトの線維芽細胞を作製したところ、YB-1 siRNAを用いた実験でも細胞増殖の低下を認めた。YB-1siRNA導入により、EF-1の発現が上昇していることを確認した。このことはYB-1が細胞増殖に深く関わることが示唆された。YB-1は翻訳レベルで種々の蛋白の発現に影響を及ぼすことを示唆する。さらに、(5)YB1は種々のマイクロRNAを保持することを明らかにした。このことは癌でYB1が、新しい薬剤設計の基盤となる分子標的になりうることが示唆された。 続きを見る
6.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of Intracerebroventricular injection of L-proline and D-proline induces sedative and hypnotic effects by different mechanisms under an acute stressful condition in chicks
Hamasu, Kousuke; Shigemi, Kazutaka; Tsuneyoshi, Yousuke ... [ほか]
出版情報: Amino Acids. 38, (1), pp. 57-64, 2010-01. Springer Verlag
本文を見る:
7.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of Orally administered L-ornithine elevates brain L-ornithine levels and has an anxiolytic-like effect in mice
Kurata, Koji; Nagasawa, Mao; Tomonaga, Shozo ... [ほか]
出版情報: Nutritional Neuroscience. 14, (6), pp. 243-248, 2011-11-01. Maney Publishing
本文を見る:
8.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 思春期における不快情動への態度とストレスの関連 — Stress and attitudes toward negative emotions in adolescence
小澤, 永治 ; Ozawa, Eiji
出版情報: 心理学研究. 81, (5), pp. 501-509, 2010-12-01. 日本心理学会
本文を見る:
9.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of L-Ornithine attenuates corticotropin-releasing factor-induced stress responses acting at GABA_A receptors in neonatal
Kurata, Koji; Shigemi, Kazutaka; Tomonaga, Shozo ... [ほか]
出版情報: Neuroscience. 172, pp. 226-231, 2011-01-13. Elsevier
本文を見る:
概要: I.c.v. injection of L-ornithine has been shown to have sedative and hypnotic effects on neonatal chicks exposed to acute stressful conditions. To clarify the mechanism, we conducted three experiments under strengthened stressful conditions with corticotropin-releasing factor (CRF). In Experiment 1, the effect of i.c.v. injection of CRF, L-ornithine (0.5 μmol) or CRF with L-ornithine on the stressful response of chicks was investigated. Compared with the vehicle control, CRF increased distress vocalizations and the time spent in active wakefulness. L-Ornithine increased the time spent in sleeping posture, even following stimulation with CRF. In Experiment 2, dose-dependent effects of L-ornithine were investigated using i.c.v. administration with vehicle, CRF alone or CRF plus L-ornithine (0.125, 0.25 or 0.5 μmol). L-Ornithine decreased the CRF-stimulated distress vocalizations in a dose-dependent manner. In Experiment 3, the chicks were injected i.c.v. with either CRF, CRF plus L-ornithine (0.5 μmol), CRF plus the Y-aminobutyric acid (GABA)_A receptor antagonist picrotoxin or L-ornithine with picrotoxin. The sedative and hypnotic effects induced by L-ornithine were blocked with co-administration of picrotoxin. These results suggest that L-ornithine could attenuate CRF-stimulated stress behaviors acting at GABA_A receptors. 続きを見る
10.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 環境ストレス・脳一免疫系応答における視床下部ホメオスタシス系の役割 — Roles of the hypothalamic homeostatic system in the stress-induced brain-immune modulation.
堀 哲郎 ; HORI Tetsuro
研究期間: 1988-1991
本文を見る:
概要: 本研究では、環境適応ホメオスタンシス系が脳・免疫系連関においてどのような役割を果たしているかを、次の3点に絞り解析し、次の事を明らかにした。(1)免疫サイトカインの視床下部ニュ-ロン作用機構:(1)ILーI及びIFNαは免疫系→脳への主要な情報伝達物質であり、脳由来のこれらサイトカインと血中免疫細胞由来のそれとにより、視床下部ニュ-ロン活動の変化を起し、発熱と摂食抑制を招来する。(2)ILー1の作用は局所アラキドン酸代謝の活性化を必要とし、αMSHによりブロックされる。IFNαの作用はオピオイド受容体により媒介される、これらの性質はリンパ球にも認められ、脳と免疫系との間に共通の信号伝達物質と受容体機構が存在する。(3)血中サイトカイン・脳信号変換機構において、終板器官ニュ-ロンのPGE_2反応性が重要な鍵を握っている事も明らかになった。(2)温度ストレスの免疫系への効果:発熱高体温で賦活されるT細胞と異なり、温度ストレスがin vivo及びin vitroでNK細胞活性を抑制する事を見出した。免疫系信号により脳が惹起する発熱高体温は免疫系にフィ-ドバック効果をもたらすが、その効果は免疫細胞の種類により選別的である事を明らかにした。(3)脳オピオイド系の賦活によるNK細胞抑制:ストレッサ-を自ら制御できない事を学習すると、動物は脳内オピオイド系の賦活による学習、行動意欲の低下とNK細胞の腫瘍攻撃能力の低下を起こす。本研究はこの制御できないストレスによる免疫系抑制の解明を詳細に行い、「自ら制御できないストレス→脳オピオイド系の賦活→脳CRF系の活性化→主として脾交感神経系の活性化→脾臓NA放出→脾細胞のβ受容体活性化→脾NK活性の低下」という経路で起こることを明らかにした。本研究はヒトのうつ状態に伴う免疫抑制機序の少くとも一部を解明したばかりでなく、秀れた動物実験モデルを発見した事にも大きな意義がある。 続きを見る