close
1.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 日本海溝堆積物のSr同位体比およびその起源物質
浜本 礼子
研究期間: 1986
本文を見る:
概要: 日本海溝をはさんで堆積環境の異なる二本のドリル・コア,site435と436について計93個の試料のRb,Sr含有量およびSr同位体比を測定し、以下の結果を得た。1.Rb,Sr含有量およびSr同位体比の変化は、生物源シリカ、陸源砕屑物質(日本列島から供給された砕屑物)、遠洋性堆積物の三者の混合によって説明できる。2.遠洋性堆積物のSr同位体比は従来考えられていたように海水と平衡にあるのではなく、はるかに高い値を持つ。すなわちこれは偏西風によって中国の内陸乾燥地帯から運ばれた風成堆積物である可能性がある。3.海溝の大洋側の隆起帯でのコアであるsite436では層序変化が著しい。更新世の堆積物のRb/Sr比,Sr同位体比は海溝陸側斜面上の堆積物であるsite435と同じ値を持つが、堆積時代が古くなるにつれてRb/Sr比,Sr同位体比共に高くなる。これは現在は日本海溝のすぐ近くの大洋側に位置しているsite436の堆積物は15Ma以前にはずっと日本列島から離れた位置にあり、その堆積物はほぼ遠洋性堆積物のみからなっていたのが、プレートの動きによってしだいに日本列島に近づき、それからの物質の供給が増加していったことを示している。 以上の結果の一部は1986年7月ケンブリッジ大学で開催された第6回地質年代学・宇宙年代学・同位体地質学の国際会議で発表し、さらにデータを加えて1987年4月の日本地質学会で発表の予定である。また標記の問題に関連して、室戸岬ハンレイ岩に伴う文象斑岩の黒雲母のRb-Sr年令を測定し、それが迸入した中新世の海溝充填堆積物と考えられる室戸岬オリストストロームとの時代的関係とその堆積場を議論した。その結果は1987年3月、九州大学理学部研究報告に発表する。 続きを見る
2.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 北太平洋遠洋性堆積物のNd,Sr同位体組成 — Neodymium and Strontoum isotopic variations in North Pasific pelagic sediments.
浜本 礼子 ; HAMAMOTO Reiko
研究期間: 1995-1997
本文を見る:
概要: 希土類は(1)岩石中には極めて少量にしか存在せず,(2)化学的性質が極めて類似しているため,希土類相互の分離が難しい,(3)岩石試料間のNd同位体比の差が非常に小さいため6桁の安定した測定精度を要求される,等の難しさがある。当研究室にはこれまでNd測定経験の蓄積がほとんどなく,このため分析技術の開発にほとんどの時間を費やした。 このうち(3)の質量分析計でのNd測定精度の改善については8年度重点的に行い,ほぼ満足すべき状態に到達した。名古屋大学でつくられたネオジム標準物質(JNdi-1)を当研究室を含めた7大学で独立にNd同位体比を測定し,その結果は1996年11月の質量分析学会同位体比部会において発表された。 9年度は玄武岩の標準試料を用いて化学分離の方法の確立を試みた。その中で特に以下の問題点の解決に努めた。 (1)岩石の主成分元素の分離除去を十分に行う。 (2)試薬からのcontaminationを少なくするため,4種類のイオン交換カラムを極力小型化し,それに対応して試薬の濃度を適正化するなど,HCLとヒドロキシイソ酪酸の少量化に努めた。 以上のように数々の努力を重ねた結果,Ndの化学分離・同位体比測定は使える状況にまでは到達した。しかし当初の予想よりはるかに分析方法の確立に時間がかかったため,遠洋性堆積物を分析し,その結果を報告するまでには至らなかった。しかし1998年10月の地球化学会のシンポジウムでその成果を発表する予定である。 続きを見る