close
1.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of ラージGタンパク質シグナル系の遺伝子異常と発癌機構
森 正樹
研究期間: 2002
本文を見る:
概要: 【目的】我々は膵癌においてDifferential display法を用い、癌部で発現が抑制される癌関連遺伝子としてG-protein γ7(Gγ7)を同定した(BBRC.246,1998)。Gγ7は三量体G蛋白で、細胞外シグナルの細胞内への伝達に関与する。これまで食道癌、胃癌、大腸癌においてもその発現の減弱を確認したが(Cancer Res.59,1999)、当研究では原発性肝癌におけるGγ7発現を解析し臨床病理学的意義を検討するとともにGγ7遺伝子導入細胞を用いたDNAマイクロアレイ解析を行った。【対象と方法】(1)肝癌細胞株(HuH7,HepG2)と原発性肝癌切除51例(肝細胞癌35例、胆管細胞癌16例)の癌部(T)及び非癌部(N)におけるGγ7の発現を解析した。臨床病理学的因子(術前肝機能を含む背景因子と腫瘍因子)との相関をT/N比の中央値にて2群に分け比較検討した。(2)G protein γ7遺伝子発現が減弱している癌細胞株(KY150)にmock遺伝子とG protein γ7遺伝子を導入し、マイクロアレイ法を用いて遺伝子発現の比較を行った。【結果】(1)1.Gγ7遺伝子発現:HuH7、HepG2ともに明らかなGγ7の発現を認めた。肝細胞癌におけるT/N比は1.1±1.2(中央値:0.81)であり、他の消化器癌と異なり癌部での発現減弱は認めなかった。一方、胆管細胞癌におけるT/N比は0.55±0.35(中央値:0.44)で、T/N比1.0以上は16例中1例のみであり、癌部での明らかな発現減弱を認めた。2.臨床病理学的検討:肝細胞癌では、いずれの臨床病理学的因子においてもGγ7の発現との間に有意な相関は見られなかった。一方、胆管細胞癌では、高度減弱群は、軽度減弱群と比べ、ICGR15が有意に低値であった(8.7±2.4vs.16.6±3.1%,P<0.01)。また、高度減弱群の全8例が中・低分化型または低分化型と低分化型を含むのに対し、軽度減弱群では低分化型を含むのは3例のみであった(8/8vs.3/8,P<0.01)。しかし、im, ly, v, pn因子など他の病理学的因子やリンパ節転移では両群間に有意差を認めなかった。(2)DNAマイクロアレイ解析ではp27,TTK protein kinase, INK4cといった細胞周期関連遺伝子の増強を認めた。【総括】1.肝細胞癌では癌部での発現減弱は認めなかったが、胆管細胞癌では他の消化器癌と同様、癌部での明らかな発現減弱を認めた。株化細胞に関しても、膵癌や消化管癌ではGγ7はほとんど発現しないが、肝癌細胞株では明らかな発現を認めた。2.胆管細胞癌では、癌部での高度発現減弱例において、術前肝機能が良好であり、低分化型の症例が多かった。(2)DNAマイクロアレイ解析によりGγ7の発現によりp27,TTK protein kinase, INK4cといった細胞周期関連遺伝子の増強を認めた。 続きを見る
2.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 食道癌の分子診断に基づく新しい集学的治療体系の確立-Evidence Based Medicineに基づく治療の試み- — The establishment of the novel strategy of therapy for esophageal cancer
野添 忠浩 ; NOZOE Tadahiro
研究期間: 2001-2002
本文を見る:
概要: 疫学的検討DNA修復酵素MGMTの発現は食道扁平上皮癌患者の喫煙の有無と有意な正の相関があり、発癌過程への関与が推測された(Nozoe et al. Cancer Lett 2002)。臨床病理学的検討:栄養-免疫学的指標であるPNIの低値は予後規定因子であった(Nozoe et al. Eur J Surg Oncol 2002)。更に術前リンパ球幼弱化反応の減弱が、独立した予後規定因子であった(Nozoe et al. Ann Thorac Surg in press)。免疫組織学的検索により、CRPが食道癌細胞でも産生され、またその発現が予後規定因子であることを発見した(Nozoe et al. Cancer Lett in press)。食道扁平上皮癌はたとえ表在癌でも常に術後再発をきたす可能性があることを示した(Nozoe et al. Dis Esophagus 2002)。表層拡大型食道表在癌の予後が良好な傾向にあった(Nozoe et al. Oncol Rep 2002)。我々は、より鋭敏に予後を反映する新しい食道癌の病期分類を提唱した(Nozoe et al. Am J Clin Oncol in press)。細胞周期関連因子:食道扁平上皮癌でのcyclin B1の発現は独立した予後規定因子で、さらにCyclin B1蛋白の核優位の発現が細胞質優位より予後不良であった(Nozoe et al. Clin Cancer Res 2002,第56回日本食道学会2002)。Cyclin A陽性である食道表在癌の直下のリンパ濾胞のgerminal center cellにおいてCyclin A発現が多く、増殖能力が高い癌腫に対する免疫監視機構としての役割を有するものと推察された(Nozoe et al. Cancer Lett 2002)。Rb2/p130蛋白の発現は食道扁平上皮癌の良好な予後の有意な予規定因子であることが判明した(Nozoe et al. Cancer Res Clin Oncol 2002)。治療感受性:高度進行食道癌であっても、術前治療が著効した症例では5年以上無再発生存する症例が少なからず存在する(第19回日本ハイパーサーミア学会優秀論文記念講演 2002)。抗癌剤や放射線療法に感受性を示す症例を予知することが成績の向上には必須である(Nozoe et al. Surgery 2002)。 続きを見る
3.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 食道癌多発地域および本邦における食道癌化機構の比較検討-ヒトパピローマウィルス感染と遺伝子異常、HLA抗原発現の検討- — Esophageal Carcinogenesis in the High-risk Area-HPV infection and genetic abnormality, expression of HLA antigen-
杉町 圭蔵 ; SUGIMACHI Keizo
研究期間: 1996-1997
本文を見る:
概要: 近年の分子生物学の進歩により、食道発癌とさまざまな遺伝子異常との関連、さらにヒトパピローマウィルス(HPV)感染との関連が報告されてきたが、未だ一定の見解を得るには至っていない。本研究の目的は、食道癌発生のハイリスク地域である中国北部地方と本邦の食道癌発生様式を比較検討し、食道発癌の分子機構を解明することである。 対象は中国Linxian地方の術前無治療食道癌切除症例151例と、本邦の術前無治療食道癌切除症例151例である。HPV感染をPCR法により検出したところ、食道癌ハイリスク症例を除いた場合、日本4.3%(1/23)に対し中国では22.2%(28/126)と明らかに感染率が高く(p<0.05)、少なくとも一部の中国の食道癌発生には、HPVが関与していることが示唆された。生活歴に関しては、日本では飲酒指数(合/日×年)100以上の大酒家が31.8%、喫煙指数(本/日×年)1000以上の多喫煙家が30.0%であるのに対して、中国ではそれぞれ7.9%、5.3%でありいずれも日本が多かった(p<0.0001)。また、日本では大酒家(p<0.01)、多喫煙者(p<0.01)でp53異常を高率に認め、さらに大酒家でかつ多喫煙家では94.1%(16/17)と非常に高率にp53異常を認めた(p<0.01)。よって、日本では、飲酒、喫煙によるp53異常が、食道癌発生の重要なひとつの経路である可能性が示唆された。 本研究では、人種、環境の異なる2つの地域での食道癌にみられる異常を比較しており、食道癌発生における内的因子・外的因子の解明が期待できる。今後、中国の食道癌発癌の特徴を浮き彫りにすることにより、相手国へもさらに貢献できればと考えている。 続きを見る