close
1.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of アジア南方地域におけるシカクマメの生態調査及び遺伝子導入に関する研究 — Ecological Research and Introduction of New Type Winged Bean in Southern Asia
藤枝 國光; FUJIEDA Kunimitsu; 上本 俊平 ... [ほか]
研究期間: 1988-1990
本文を見る:
概要: シカクマメは,南アジアの未開発野菜であるが,耐暑・耐湿性に優れる高タンパク・高油脂作物としての開発が期待されている。本研究は矮性,日長不感応性,軟種皮性など本調査団によって選抜された有用形質を用いシカクマメの作物的進化を図るために,遺伝子資源の探索,現地における生態や利用状況を調査したものである. 昭和63年度は,昭和64年1月5日に福岡を発ち,マレ-シア各地を調査し,1月14日にペナンからデリ-へ飛び,インド各地を調査した.2月2日にコロンボへ飛び,スリ-ランカの調査を調査を行い,2月10日に帰国した.マレ-シアでは,マラッカ,クアラルンプ-ル,カメロンハイランド,イポ-,ペナン地域を調査,Malay Univ.,Univ.Pertanian Malaysia,Sungkai農場などを訪問し,情報収集や共同研究の打ち合せを行った.シカクマメは各地でみられたが,栽培は小規模で若莢利用を目的としたものであった.インドでは,デリ-,バナレス,カルカッタ,バンガロ-ル,ハイダラバ-ド,ボンベイ地域を調査した.この間に,Nat.Bureau of Plant Genet.Resources,Agra Coll.,Banaras Hindu Univ.,Univ.of Agric.Sci.(Bangalore),Indian Inst.of Hortic.Res.,ICRISAT,Andharapradesh Agric.Univ.などを訪問,情報収集と種子の交換を行った.シカクマメについては20系統を収集したが,いずれも短日性で,矮性系統と称されたものは半蔓性であった.耐寒性については生育末期に低温に耐える程度で,期待した耐霜性については確証がえられなかった.インドはシカクマメの第2次中心地といわれているが,栽培は一般的でなく,試験研究も低調になっていた.スリ-ランカでは,コロンボ及びキャンディ地域を調査,Univ.of Peradeniyaなどを訪問し,育成系統の共同研究についての打合せを行った. 平成元年度は,12月21日に福岡を発ち,上海,杭州,成都,昆明,大理,思茅,景洪,桂林,広州,香港地域を調査し,平成2年1月29日に帰国した.この間に上海農科院,昆明植物研究所,景洪熱帯植物研究所,広西植物研究所,中山大学,広東省農科院などを訪問し,情報収集と意見交換を行った.シカクマメは雲南・広西省で栽培がみられ,特に西双版納の少数民数の集落ではよくみかけられた.しかし,漢民族には馴染まれておらず,耐寒性や日長不感応性,その他有用遺伝子資源について新知見はえられなかった. 平成2年度は,10月12日に福岡を発ち,インドネシアを調査,11月3日にフイリッピンへ飛び,マニラ,ロスバノス地域を調査して,11月12日に帰国した.インドネシアではジャカルタ,ボゴ-ル,バンドン,ジョグヤカルタ,デンパサ-ル,ロンボク,バンデルランパン地域を調査した.この間に,Central Res.Inst.,Gadjah Mada Univ.,Ngipiksari Exp.Sta.,Univ. of Lampungなどを訪問し,セミナ-や談話会を持ち,共同研究の打合せ,種子の収集などを行った.フイリッピンでは,IRRI,Univ.of Philipines(Los Banos),St.Thomas Univ.,San Miguel Co.を訪問し,情報収集と意見交換を行い,共同研究の打合せを行った.インドネシア,フイリッピンともシカクマメはよく普及していた.自家用栽培が多いが,中部ジャワでは市場出荷用の本格的な栽培も行われていた.しかし,シカクマメをダイズに匹敵する生産性の高い食用作物に改良するのは困難との判断から,試験研究は中止されていた.矮性・日長不感受性・軟種皮系統についての話題提供は大変な反響を呼んだ. 今回の調査を終え,シカクマメの南アジアにおける栽培・利用状況や試験研究の現状について知ることができた.これまでに収集・試作した系統は500をこえ,日長不感応性・高温着莢性・矮性草姿・軟種皮・大粒白色種子・弱塊根形成能など,食用作物としての進化に欠かせない遺伝子資源を選抜・固定し,種内分化について多くの知見をうることができた.現地では,耐暑・耐湿性に優れる高タンパク・高油脂新作物が切実に求められているので,これら有用形質を活用した育種の展開は,試験研究を活性化し,シカクマメの作物的進化に貢献できるものと思われる.すでに,スリ-ランカ,インドネシア,フイリピンなどの研究機関との共同研究も緒についた. なお,一連の研究調査成果は,次年度中に著書にまとめ,国内及び国外に紹介するこことにしている. 続きを見る
2.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of カラタチとカンキツにおける極わい性の遺伝とその育種的利用に関する研究 — Study on the inheritance of very dwarfness in Citrus and Poncirus and its use for breeding
若菜 章 ; WAKANA Akira
研究期間: 1990-1991
本文を見る:
概要: ヒリュウの自家受粉により作出した正常型,ヒリュウ型及び極矮性型の交雑実生を供試し,遺伝学的並びに特性に関する調査を行った。なお,交雑実生はアイソザイム分析により同定した。極矮性型と他の2つの型はほぼ1:3に分離したことから,ヒリュウは単劣性の極矮性遺伝子をヘテロで保持しており,極矮性実生は劣性ホモと考えられた。このことはヒリュウとカンキツ類のF_1実生がすべて正常型となることとも一致した。極矮性実生は5〜25ppmのジヘレリン処理及び正常なカラタチに接木した場合のいずれも伸長することから,ジベレリン生合成過程を支配する遺伝子突然変異によって,この極矮性遺伝子が出現したものと推測された。極矮性実生には組織学的並びに形態学的に他の型と異なる特性が確認された。 接木処理によって伸長した極矮性実生は正常型とヒリュウ型に区別された。このことからヒリュウ型と正常型の分離はヒリュウ型矮性遺伝子に支配されているものと考えられたが,その遺伝様式は充分解明できなかった。 カンキツ品種ヒシノットを交配すると,正常型とシノット型は1:1と15:1に分離し,シノットのセルフでは1:3に分離したことから,シノットは優性の矮性遺伝子をヘテロで保持するが,その発現には複数の変更遺伝子の関与が示唆された。他方,ブーケとカンキツ類の交配では正常型とブーケ型が2:1に分離したことから,ブーケは優性のブーケ矮性遺伝子をヘテロで保有するが,致死遺伝子等の関与が示唆された。他のカンキツには矮性遺伝子をみいだすことはできなかった。 最後に,ヒリュウ自家交雑実生の10%に幼樹開花性があることを発見した。優良なカンキツ用の矮性台育種において,ヒリュウ雑種の幼樹開花性実生の利用が効率的な育種に貢献するものと思われる。 続きを見る
3.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of ^1H-NMRによる植物の細胞水の動態モニタリング法 — MONITORING DYNAMIC STATE OF WATER IN PLANT TISSUES USING ^1H-NMR
井上 眞理 ; IWAYA Mari ; 井上 真理
研究期間: 1994-1995
本文を見る:
概要: 物質代謝やイオン輸送などの生体反応は、水を溶媒とした環境内で起きている。そのため、水の物理的性質は、細胞の代謝活性や生理特性を反映しているものと考えられている(Kaku and Iwaya-Inoue 1994)。^1H-NMR(プロトン-核磁気共鳴)は生体系における水の状態変化の研究に有効な方法であり、自由水密度や縦緩和時間(T_1)を測定することによって、インタクトな生体試料における水の分布及び動的状態を無侵襲的に調べた。本年度は矮性エンドウ胚軸チューリップ球根及びクロマツ葉を用い、温度や生物的ストレス下での水の動態を調べ、その要因及び生理的意義について明らかにした。1)ジベレリン欠損ミュータントである矮性エンドウは野生種との細胞長の違いにもかかわらず、T_1値は等しいことから、水ポテンシャルには違いはないものと思われ、矮性発現には微小管の配向が決定する細胞壁の力学的性質の寄与が示唆された(井上・本岡 1995)。また、温度ストレス及び乾燥ストレスに対して耐性をもつ矮性エンドウのT_1は特異的な緩和挙動を示したことから、防御機構を働かせることによって、細胞内の生理代謝を維持しているものと思われた。2)低温処理がチューリップ球根の正常な花茎伸長への機構について、MRIにより水の動態を検討した(井上ほか5名1995)。その結果、鱗葉の表皮周辺に限られていた自由水が低温処理によって鱗葉全体に広がることを明らかにした。処理開始時に表皮周辺に認められた自由水の局在場所は澱粉粒を含んでいない皮層細胞に対応していたことから、水分子の運動性が押さえられ低いMRIシグナルに寄与していると考える。また、低温処理により呼吸が抑制され、転流率も低いため鱗葉内に糖が蓄積することを明らかにした。即ち、鱗葉内の細胞の浸透圧が高くなることによって、表皮周辺の貯水組織から水の取り込みを促進し、鱗葉全体での自由水密度及び水分子の運動性の増加につながるという仮説を提唱した。3)生物的ストレスがT_1に及ぼす影響については、クロマツの葉におけるマツノザイセンチュウによる傷害応答を調べた。マツノザイセンチュウの侵入は、含水量の減少よりも早い段階でT_1の短縮を引き起こすことから(井上・池田未発表)、松枯れ病の傷害発現モニタリング法として適用の可能性及びその要因について組織化学的手法により検討した(池田武文ほか2名 1994、Ikeda and Kiyohara 1995)。 続きを見る