close
1.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 江戸初期の光学製品輸入について — On Japanese Imports of Optical Instruments during the Early Edo Period
ミヒェル, ヴォルフガング
出版情報: 洋学. 12, pp. 119-164, 2003-05. 洋学史学会
本文を見る:
概要: Based on unpublished sources of the Dutch East Indian Company (VOC) this study traces the imports of spectacles, magnifying glasses, telescopes and microscopes during the 17th and early 18th century. For each of these items it is shown when and how it was introduced to Japan and in which quantities it was delivered during the first decades. Technical specifications are given as well as the name of Japanese officials who received these optical instruments as presents or bought it as a high priced commodity. Furthermore the introduction of glass blowing is clarified for the first time and some light is shed on Mori Ninzaemon, one of the first Japanese telescope makers. While telescopes were introduced soon after their invention in amazing quantitites, it took more than a century for the first imports of microscopes to take place because they were considered to be less useful. For similar reasons the import of magnifying glasses was interrupted in 1668 when the Tokugawa regime declared a series of commodities to be unnecessary and therefore not welcome any more. Spectacles were brought to Japan throughout the 17th century, but the Dutch dealt mainly in small quantities of expensive and therefore lucrative models often sold together with lavish cases. 続きを見る
2.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of On the emancipation of materia medica studies (honzōgaku) in early modern Japan — 近世日本における本草学の自立について
Michel, Wolfgang ; ミヒェル, ヴォルフガング ; Michel, Zaitsu
出版情報: Proceedings of the 5th International Symposium on the History of Indigenous Knowledge (ISHIK 2015). pp. 93-106, 2015-11-01.
本文を見る:
概要: 日本独自の本草学の始まりは、これまで多くの研究において、福岡藩の本草学者・儒学者の貝原益軒による宝永6(1709)年の『大和本草』の出版や、第8代将軍吉宗による享保の改革の一環としての「薬草政策」と関連づけられてきた。しかし、当時の背景を確認してみると、そこには単に一人の儒学者の活動にとどまらない動きが見られるし、吉宗の改革を促した苦しい財政事情は、それ以前から歴代の政権に重くのしかかっていたことがわかる。また、日本の本草学の誕生を語る上で、特に見過ごしてはならないのは西洋医学との出会いである。 いわゆる紅毛流外科が芽生えた慶安3(1650)年以降、オランダ東インド会社への薬品、薬草、書籍、器具類の注文が、かつてない勢いで増え、出島商館長日誌には日本人による外科医への相談や往診依頼に関する記述が次第に多くなる。洋書輸入規制を緩和し、オランダ語学習を奨励し、薬草の国産化を進めた吉宗の政策はよく知られているが、薬学、医学及び航海術に関する書籍の輸入はすでに寛永18(1641)年に正式に認められており、薬草の苗や種、製薬技術の供給を求める動きも、吉宗より約半世紀前の4代将軍家綱の時代から活発に見られた。寛文7(1667)年に幕府はオランダ東インド会社に対して薬油を抽出できる専門家の派遣と、そのために必要な器具並びに繁殖用の薬草の種と苗の提供を求めた。寛文11(1671)年に大型蒸留装置を持参した薬剤師ブラウンが、幕府の経費で建てられた「油取家」で蒸留術の訓練を開始した。単純な蒸留法から、7日間を要する複雑な樟脳油の製造方法までの伝習は短期間で実を結び、3ヶ月後には日本人医師がブラウンの手を借りずに各種薬油を製造できるようになった。 薬油蒸留と平行して、長崎湾内の合同薬草調査も数年間にわたって行なわれた。加福吉左衛門、楢林新右衛門(鎮山)らの阿蘭陀通詞によってまとめられた報告書は長崎奉行を通じて幕府に送られ、後に『阿蘭陀外科指南』(1696年)などの医書に掲載された。とはいえ、本草学の金字塔である『本草綱目』が軽んじられた訳ではなかった。延宝7(1679)年に成立した「阿蘭陀草花鏡図」には、「薬草見」ブラウンの説明した内容だけでなく、中国の知識も豊富に盛り込まれている。当時の史料から、「西洋人の眼」を借りて地元の植物界を観察した人々が、それまで万能と思われていた中国の本草学の限界と、国内外の植物の違いを認識するようになったことがわかる。合同薬草調査で得られた情報と『本草綱目』との相違点を指摘する「阿蘭陀本草図経」の序文は、このような姿勢の広まりを裏付けている。それでも「阿蘭陀草花鏡図」に見られる様々な用語と引用からわかるように、紅毛人の教示を解釈、受容する際に、中国の豊富な知識が相変わらず利用されていた。 福岡藩医だった貝原益軒は舶来の薬品にも関心を寄せ、長崎湾の合同薬草調査に立ち会った通詞楢林鎮山とも親交があった。日本独自の本草学の起源とされる益軒の『大和本草』の端緒は、その40年ほど前に行なわれた日蘭合同の薬草調査に遡るものである。この合同薬草調査の成果はバタビア総督府にも報告され、植物資源の商品価値を常に意識していたオランダ商人の目を日本の植物に向けさせることになった。それまで紅毛人による情報収集を基本的に禁止していた日本側が植物調査の有用性を認めるようになったことで、後のケンペル、ツンベリ、シーボルトらによる日本の植物研究が進み、それに関する日欧間の情報交換も含めて、本草学は日蘭交流が大きな成果をもたらした分野の一つとなった。 続きを見る
3.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of ウィレム・バイレフェルトの金銭出納簿 — The Expense-Journal of Willem Bijlevelt (Edo 1650)
Michel, Wolfgang ; Michel-Zaitsu, Wolfgang
出版情報: 洋学史研究. 10, pp. 38-81, 1993-04. 洋学史研究会
本文を見る:
概要: 1650年4月16日~10月14日まで射撃術や医術の教授のため江戸での長期滞在が許された出島蘭館員ウィレム・バイルフェルト、ユリアン・スヘーデル、カスパル・シャムベルゲル、ヤン・スミト等の、オランダ国立文書館で見つけた出納簿を紹介している。本論により、オランダ人の毎日の食生活、外出の様子、生活、患者の医療、臼砲による射撃に必要な材料や道具などに関することが明らかになった。 続きを見る
4.
雑誌論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of Aufbruch in
Michel, Wolfgang ; Wolfgang Michel-Zaitsu
出版情報: MINIKOMI. 62, (4), pp. 13-24, 2001-04. 墺日学術交流会
本文を見る:
5.
図書
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of Engelbert Kaempfer und die Medizin in Japan — Engelbert Kaempfer and Medicine in Japan
Michel, Wolfgang (Michel-Zaitsu)
出版情報: Engelbert Kaempfer, Werk und Wirkung. pp. 293-248, 1993-03. Boethius-Verlag
本文を見る:
概要: ケンペルの「廻国奇観」(1612年)に見られる鍼灸については医史学者や、ケンペルの研究者などが以前から盛んに論じているが、彼が残した未発表資料の調査は全く行われてこなかった。筆者は大英図書館蔵の資料集SL3062で見つけた資料に基づき総合的な分析および紹介を行なっている。 続きを見る
6.
図書
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of Der Ost-Indischen und angrenzenden Königreiche vornehmste Seltenheiten betreffende kurze Erläuterung : Neue Funde zum Leben und Werk des Leipziger Chirurgen und Handelsmanns Caspar Schamberger (1623-1706) — 東インドと隣接諸王国における珍奇なものに関する略説」 ー ライプツィッヒの外科医兼商人カスパル・シャムベルゲルの生涯と業績に関する新発見  ー 
Michel, Wolfgang ; Michel-Zaitsu, Wolfgang
出版情報: Der Ost-Indischen und angrenzenden Königreiche, vornehmste Seltenheiten betreffende kurze Erläuterung : Neue Funde zum Leben und Werk des Leipziger Chirurgen und Handelsmanns Caspar Schamberger (1623-1706).. 2010-03. Faculty of Languages and Cultures
シリーズ: The Faculty of Languages and Cultures Library; 1
本文を見る:
概要: This book presents a newly discovered text of which only one copy has survived in the Dresden State Art Collections (Staatliche Kunstsammlungen Dresden, Münzkabinett). It was dedicated to the Duke of Saxony Johann Georg III. and published in 1686 as a private print under the title "Short explanation of the most prominent rarities in East India and the neighbouring kingdoms". The author Caspar Schamberger (1623-1706) had worked in Asia for twelve years as a surgeon on VOC ships and in Dutch trading posts. He is known as the "father" of the first fully-fledged Western-style medical school in Japan. His text describes fruits, plants, animals, ethnic groups, coins etc. from Persia to Japan including the Khoikhoi (Khoisan) in Southern Africa. This is one of the earliest Western accounts of these matters based on observations made during the late 1640s and 1650s. The extensive commentary (126 pages) gives an outline of Schamberger's life presenting numerous new information on his activities after his return to Leipzig in 1658. Schamberger's descriptions are analysed in detail within the context of similar accounts of nine contemporary German travellers: Caspar Schmalkalden, Zacharias Wagener, Heinrich Muche, Johann Wilhelm Vogel, Elias Hesse, Albrecht Herport, George Meister, Andreas Cleyer, Engelbert Kaempfer. Forty-six illustrations selected from Western and Japanese sources proviede the iconographic background. 続きを見る
7.
図書
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of “PAISAJES INTERIORES”- LA RECEPCIÓN EN JAPÓN DE LAS CONCEPCIONES OCCIDENTALES DEL CUERPO
Michel, Wolfgang (Michel-Zaitsu)
出版情報: pp. 107-132, 2010. Taller de Antropología Social de La Ortiga
シリーズ: La Ortiga
本文を見る: