close
1.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 多臓器不全早期の患者血清中に出現する白血球機能阻害因子の分離精製と生物学的意義
鳥巣 要道
研究期間: 1984-1985
本文を見る:
2.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 悪性腫瘍の肝転移防禦機転における kupffer 細胞の生物学的意義
鳥巣 要道
研究期間: 1981
本文を見る:
3.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 多臓器不全を惹起する異常ケミカルメディエ-タ-の病態生理よりみた本症の免疫療法 — Possible clinical use of immunotherapy for patients with MOF
鳥巣 要道 ; TORISU Motomichi
研究期間: 1988-1989
本文を見る:
概要: 多方面からの積極的な研究にもかかわらず、未だ不明な点が数多く残っている多臓器不全症(MOF)の発症Mechanismを、動物実験と臨床的研究の両面より押し進めた。 《動物実験》の初発臓器は肺が多い。そこで実験動物ラットに盲腸結紮穿刺にて腹腔内感染症から敗血症を作成し、敗血症性呼吸不全(ARDS)の発症Mechanismを肺胞Macrophage(Mφ)の機能変化を通して調べた。肺胞Mφは肺血症状態において活性化されてその進展率を増しさらに組織損傷作用を有する活性酸素の産生、Lysozome酵素の肺胞への放出を増していた。一方好中球の遊走因子であるLeukotoriene B4の産生は低下していた。またこれらの現象は血中および肺胞洗浄液中のEndotoxin(ETx.)濃度の上昇と一致して生じていた。即ち肺胞中へ侵入したETx.によって活性化された肺胞Mφは、各種Chemical Mediatorを産生して肺組織を損傷、さらに好中球の肺への遊走障害は二次的肺感染症の合併の危険性を増加させている。 《臨床的研究》腹腔内重症感染症より発症したMOF患者における生体防御機構、即ち好中球機能・リンパ球系機能・補体系機能変化の相互関係を検討した。好中球は血中ETx.濃度に比例して活性酸素・顆粒内酵素を多量に放出し、逆に遊走能は低下している。この好中球機能変動にはClassical Pathwayを通しての補体系活性化が強く関与していた。 《免疫療法の可能性》MOFには生体防御機構の破綻が関与しているとの観点から、その調節・賦活を意図して各種Biological Response Modifier(BRM)を使用し幾例かにおいて満足される結果を得た。 今後更にMOF時の生体防御機構障害機序の免疫学的検討を勧め、重症感染症からMOFへの過程の予防・予知、そして真に有効な治療法の確立を目指していきたい。 続きを見る
4.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 閉塞性黄疸患者におけるウイルス性肝炎感染の遷延化機序の解析ならびに抗補体因子保有患者血清の分子免疫学的研究
鳥巣 要道
研究期間: 1975
本文を見る:
5.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 担癌患者血清中に出現するマクロファージ遊走抑制因子に関する基礎的並びに臨床的研究
鳥巣 要道
研究期間: 1978
本文を見る:
6.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 肺炎ウイルス(Hepatitis Bvirus)抗体価保有血液における感染性ならびに分子免疫学的研究
鳥巣 要道
研究期間: 1974
本文を見る:
7.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 重症筋無力症患者胸腺中に見出されたリンパ球遊走因子の分散精製と生物学的意義の解析 — Immunological studies on myasthenia gravis II: A new chemotactic factor for lymphocytes found in patients with myasthenia gravis
鳥巣 要道 ; Torisu Motomichi
研究期間: 1986-1987
本文を見る:
概要: 1939年Blalockが重症筋無力症(MG)の治療として胸腺摘出術を施行して以来, 本法は胸腺腫合併例や内科的治療法に抵抗する症例に施行されてきた. しかし乍ら手術療法の適応は定かな法則がある訳でなく, 症例によっては症状の寛解がみられるが, 改善の見られない事も稀でない. 我々は術後経過の良否が術前の患者の細胞性免疫能の活性化の有無と関連している事に気付き, この胸腺がmediateするリンパ球の活性化機序を解明する事が本症の手術適応判定や, 病態解明の一助になると考え, 以下の事実を見出した. 1)MG患者の胸腺抽出液に強い活性を持つリンパ球遊走因子が存在し, リンパ球の中でもT細胞を選択的に強く遊走させる. 2)T細胞のsubpopulationではhelper/inducer T cellに特異的遊走活性を有し, suppressor/cytotoxic T cellは遊走させない. 3)リンパ球遊走活性はMGを伴わない悪性胸腺腫の抽出液には認められなかったが, 正常胸腺抽出液には弱いながらも遊走活性が認められ, helper T cellとsuppressor T cellを同程度遊走させた. 4)MG胸腺抽出液をSephadex-G-100カラムクロマトグラフィーに展開すると分子量が160,000-100,000, 25,000-15,000と1350以下の分画に遊走活性のピークが存在する. 5)本因子は二硫化基をもつ糖蛋白で, 56°C30分の熱処理, 酸化(pH4), アルカリ化(pH10)で失活する. 6)本因子は胸腺実質細胞の抽出液や培養上清中には認めるが胸腺細胞抽出液や患者血清中には認められなかった. 七)本因子は既知のリンパ球遊走因子であるC5aやIL-1, IL-2とは異なる全く新しい因子であった. 以上の事より本因子が抗AchR抗体産生に必要なhelper T cellを強く胸腺に集積させ, 抗体産生を抑制するsuppressor T cellをほとんど遊走させない事は, MG患者にみられる免疫異常に本因子が重要な役割を演じている事が示唆される. 更に本因子の活性の強弱を測る事はその患者の術後経過の良否を予測する一助となるであろう. 続きを見る
8.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 重症感染症に起因する多臓器不全症(MOF)病態の免疫学的研究 — Immunological assessment of the pathogenesis of septic-MOF
鳥巣 要道 ; TORISU Motomichi
研究期間: 1991-1992
本文を見る:
概要: 本研究は、重症の細菌感染症から生じた敗血症に起因する多臓器不全症(septic-MOF)の病態解明を、生体感染防御機構の第一線に位置する好中球と補体系の機能変化を通し解明する目的で企画した。 好中球の血管内皮細胞への接着の変化を培養ヒト血管内皮細胞を用いた好中球-内皮細胞接着試験にて検討すると、患者好中球は正常好中球と比較して著しく内皮細胞への接着の増大を認め、同時に好中球表面の細胞接着因子CR3,CR4の有意な増加を認めた。次に患者好中球が感染巣に遊走してゆく能力を測定すると、補体分解産物(C5a)に対する遊走能の著明な低下を認めた。更にこの好中球はCR3を介した反応である活性酸素やLysosome酸素を多量に放出していることが解った。 以上の結果は、接着能増大と遊走能の低下によって感染巣から離れた遠隔の血管内皮細胞上に好中球が留まってしまうこと、またこれら好中球が本来細菌などの異物を殺傷、消化するために産生、放出する各種のchemical mediatorを血管内皮細胞上ですでに放出しこれを損傷し臓器不全を引き起こしていることを示唆している。さらにこの好中球の機能変化には補体活性化が強く関与していることが示唆された。 そこで実際に敗血症患者における補体系活性化の有無を検討すると、CH50,C4の低下、C3a,C4aの増加を認め補体活性化が示された。さらに補体最終産物で強い膜傷害性を有するC5b-9複合体(MAC)の増加もみられ、補体自体による組織傷害性も示したが、好中球は膜表面で補体制御因子の発現量を増しており、MACによる破壊から自身を守り、その組織傷害性を維持していた。更にこの補体活性化経路は古典的経路を介することも明らかとなり、MOFの治療を目指す上で大きな足がかりになるであろう。 今後はMOFにおける生体防御機構の傷害過程を解明しながら重症感染症からMOFへの予知、予防、そして有効な治療法の確立を目指していきたい。 続きを見る
9.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 癌性胸腹水発症メカニズムの解明
鳥巣 要道
研究期間: 1994
本文を見る:
概要: 癌性胸腹水は末期癌患者のQuality of lifeを大きく左右する病態である。癌細胞の胸腹膜播種についてはin vivo,in vitroで若干の検討はなされているが、癌性胸腹水発症、進展の詳細な機序は未だ不明の点が多い胸腹膜中皮細胞は胸、腹腔内最表層に位置し、物質透過の制御装置として働いており、その機能破綻により容易に胸、腹水貯留が引き起こされると考えられる。以上の背景をふまえ、我々は今回の研究で、癌関連サイトカインの一つであるTGF-βの腹膜中皮細胞に与える影響を明らかにした。本因子は今回検討した47例の癌性胸腹水症例中、85.1%(40例)に1.0ng/ml以上の濃度で検出され(ELISA法)、原発組織が大腸の場合に高濃度の例が多かった。腹水中、胃癌細胞によるTGFβ-mRNAの産生がin situ hybridizationにより証明されたことにより、癌細胞がTGF-βの主な産生源であると考えられた。ヒト培養腹膜中皮細胞に与えるTGF-βの影響では、0.1ng/ml以上の濃度のTGF-βにより中皮細胞の増殖は抑制され、その形態にも変化を与えることが証明された,さらに、TGF-βの中皮細胞層の透過性に与える影響を検討したところ、標識アルブミンの透過性を著明に亢進させることが示された。また中皮細胞と胃癌細胞株を共存させた癌細胞浸潤実験では、TGF-βをあらかじめ癌細胞に作用させることにより中皮細胞下面への癌細胞の浸潤が増大することも明らかとなった。以上の結果は癌性腹水中に存在するTGF-βが中皮細胞癌の形態及び機能を破綻せしめ、その透過性を亢進させ、胸腹水貯留において重要な役割を果たし、一方で癌細胞自身の中皮細胞への浸潤を亢進させることを示唆するものである。さらに、生体内においてTGF-βの活性化に関与すると考えられるurokinase-type-plasminogen-activator(u-PA)も癌性腹水中で高濃度に存在することを明らかにした。以上、本年度はTGF-βと中皮細胞に焦点をあて、TGF-βの癌性胸腹水発症への関与を明らかにした。現在、アラキドン酸代謝産物12-HETE.15-HPETEを次なるTargetにし、この分子の胸腹水貯留への関与について解析を進め、一方で胃癌細胞を用いた動物腹水モデルの作成を行っている。 続きを見る