close
1.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 有明粘土地盤における水路斜面の安定性
高山 昌照
研究期間: 1982-1983
本文を見る:
2.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 有明粘土のセン断特性に関する研究
高山 昌照
研究期間: 1978
本文を見る:
3.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of チュウ積粘土のセン断特性に関する研究
高山 昌照
研究期間: 1975
本文を見る:
4.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 粘土のセン断強度に関する研究
高山 昌照
研究期間: 1977
本文を見る:
5.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 九州・沖縄のローカルソイルの特性と土質改良 — The characteristics of regional soils in Kyushu and Okinawa, and soil improvement
高山 昌照 ; TAKAYAMA Masateru
研究期間: 1985-1987
本文を見る:
概要: 1.ローカルソイルの物理性:九州・沖縄の代表的な土, 有明粘土, まさ土, おんじゃく, しらす, 黒ぼく, 国頭まあじ, 島尻層泥岩等の物理性, 力学性を明らかにし, その特徴となる性質の原因を示した. 2.締固めによる土質改良:締固めおんじゃくの施工性をコーン指数から評価し, 施工性の向上のためには風乾あるいは砂岩風化土の混合が必要であることを示し, 締固めおんじゃくの力学性を明らかにした. 国頭まあじは, 沖縄地方で最も広く分布する土である. この土の締固め特性は, 礫分の混入割合によって決定され, 圧縮指数は初期間隙比に依存する. 3.異種土の混合による土質改良:おんじゃく, 黒ぼく, いずれの土も含水比が高く, 土木材料として施工性の悪い土である. おんじゃくに砂岩風化土, 黒ぼくにしらすを混合した場合, 混合割合の増加に伴う混合土の物理性, 力学特性の変化を実験的に検討した. 近くに産する異種土を混合することにより, 土木材料として満足のいく材料となることを示した. 4.改良剤による土質改良:軟弱な有明粘土の強度を発現するためには, セメント, 石灰系の改良剤の混入は有効である. これら改良剤の施用は, 有明粘土の物理性を粘土から砂的なものに変化させる. 水路斜面の保護には, 石灰系で4%, セメント系で6%の施用が必要である. 5.農地・盛土斜面の安定:島尻層泥岩地帯における地すべり斜面の安定解析に必要な強度パラメータの決定法を提案した. さらに, 泥岩地帯における切土・盛土斜面のモルタル吹きつけは, 泥岩の劣化を遅らせる機能を有し, 斜面保護として有効であることを示した. 6.ローカルソイルの侵食特性:沖縄のローカルソイルの侵食性について, 降雨, 土壌の両条件から検討した. 17mm/h以上の沖縄の雨はHudsonの降雨エネルギーより大きく, 極めて侵食力が大きい. 国頭まあじの受食性の原因は, 土壌構造の発達が悪く, 吸水性, 保水能が低いことがある. 続きを見る
6.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 玄武岩風化土(おんじゃく)の圧縮性 — Compressibility of Compacted Weathered Basalt Soil
高山 昌照 ; TAKAYAMA Masateru
研究期間: 1996-1997
本文を見る:
概要: おんじゃくとは,佐賀県北西部において,玄武岩類の風化土につけられた名称である.この土の一般的な特徴は土粒子の密度が2.8〜3.1g/cm^3と一般の土に比べて高く,粘土分含有量の割に含水比や飽和度が高く,乾燥密度が1g/cm^3程度と小さいことである.実験に用いた試料は赤坂ダムのダムサイトで採土した赤色のおんじゃくである.標準締固めによる最適含水比と最大乾燥密度は37.5%,1.27g/cm^3である.本研究においては,最適含水比より乾燥側で締固められたおんじゃくの水浸による圧縮性と強度の変化を実験的に調べた. 得られた主な結果は次の通りである.(1)締固めおんじゃくを一次元圧縮後に水浸すると,同一圧力で圧縮されている初期水浸試料の間隙比に達するまでの沈下を示す.(2)締固め不飽和土,サクション一定の下で圧縮した試料について,定体積水浸を行いサクションを解放すると,圧縮圧力は初期水浸試料のe-logp曲線に交わる点まで減少する.(3)初期間隙比が同じである水浸,非水浸試料の同一間隙比における平均圧縮圧力の差はサクションSに等しい.(4)締固め土のサクションの解放に伴い,圧縮降伏応力,体積圧縮係数は減少する.(5)締固め土のφ_d,C_dは水浸によって初期水浸土のφ_d,C_dまで低下する.圧縮圧力にSを加えて有効応力としたσ´に対してせん断強度τ_fを示すと,水浸,非水浸試料にかかわらずσ´-τ_f関係には唯一の関係が得られる.(6)平均有効主応力-応力比図上で初期水浸土の圧縮・除荷をみると,圧縮過程においては応力比はほぼ一定である.除荷過程においては応力比は急激な減少を示す.不飽和土を水浸した場合においては,圧縮降伏応力よりやや大きい応力まで応力比は圧縮過程とほぼ同じであるが,圧縮降伏応力近傍で応力比は増大しその値はせん断破壊時の応力比と同等になる.さらに低応力下での水浸においては応力比は減少する. 続きを見る
7.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 有明軟弱粘土の圧密と強度特性 — Consolidation and strength characteristics of Ariake soft clay
高山 昌照 ; TAKAYAMA Masateru
研究期間: 1992-1994
本文を見る:
概要: 本研究においては,有明海沿岸の干潟の発達に関わりの深い粘土粒子の沈降・凝集特性,スラリー状粘土の自重圧密特性の解明および粘土の圧密,斜面崩壊に関わりの深い問題点についての検討を行った. 有明粘土粒子は塩濃度が0.1g/l以上であれば凝集を起こす.凝集開始時におけるゼータ電位は-20mVであり,この値はYongの凝集開始ゼータ電位と一致している.海水中において有明粘土粒子の含水比が5000%以上であれば凝集性自由沈降が生じ,5000〜1000%においては界面沈降が,1000%以下であれば圧密沈降が生じる.界面沈降速度は含水比が高いほど大きいが,同一含水比であってもフロックの大きい試料ほど大である.粘土の自重圧密については遠心力を利用した圧密実験,透明シリンダーを利用した圧密実験を行い,有明粘土の自重圧密特性を明らかにしている.また,透明シリンダーを利用した層厚の異なるいくつかの自重圧密実験によって,スラリー状粘土の圧密特性を決定する方法も提案している. 粘土の圧密に関する研究においては,有明粘土の圧縮特性を明らかにしているが,二次圧密は圧密度90%付近からはじまり,時間の対数に比例する二次圧密開始圧密度は98%以上であることを確認した. 粘土の強度に関しては,強度・変形解析に必要なパラメーターについてとりまとめ,弾塑性有限要素法を用いて正規圧密粘土地盤の部分排水条件下の支持力解析を行った. 有明粘土の化学的性質に関しては,粘土中のパイライトが酸化することによって硫酸と酸化鉄が生成され,その結果pHが4以下に低下すること,および生成されたこの低pH土は亜鉛などを溶解し公害問題にかかわる恐れのあることを指摘している. 続きを見る
8.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 沿岸浅海域における底泥の特性評価と濁り環境の予測手法の開発 — Evaluation of the characteristics of sediment in coastal shallow sea area and development of the prediction method for maddiness environment
高山 昌照 ; TAKAYAMA Masateru
研究期間: 1994-1995
本文を見る:
概要: 閉鎖性の内湾では、河川から流入した微細な土粒子は湾奥部に堆積し、広大な干潟を形成する。沿岸浅海域では肩濁物質や底泥が様々な環境問題を引き起こしている。また、海洋工事にともなうスラリー粘土の沈下予測法、濁りの拡散予測法などの確立が急がれている。本研究では、底泥の特性評価と浮遊底泥の輸送現象の解明の両面から諸問題の検討を行った。 底泥の特性評価については、表層土の物理的・化学的・力学的性質の把握、干潟の底生植物の分布調査を行った。その結果、諫早湾表層土については、粘土鉱物組成について特徴があり、強度・圧密特性からみてかなり過密状態にあること、今津干潟については、底泥中の粘土分と有機物含有量との間には正の相関があり、多毛類重量は、酸化還元が-150mV付近のとき極大値を示すことが判明した。スラリー状粘土の沈下予測に必要な土質常数を自重圧密試験をもとに決定する方法を提案し、時間-圧密量の関係は周辺摩擦を考慮した圧密方程式によって説明できることを示した。 浮遊底泥の輸送現象の面からは、諫早湾での潮流速と浮遊底泥濃度の現地観測と円形回流水層による室内実験をもとに、巻き上げの発生は流れによる底面剪断応力と底泥表層部の降伏値との相対関係から規定できることを明らかにした。また、回流型直線水路の室内実験から、渦動拡散係数と粒子沈降速度の値は、流速変動のパワースペクトルの形状に依存することが明らかとなった。 以上の知見を総合して、沿岸海域の濁り環境の予測コードを開発し、有明海を対象に計算を行った結果、潮流速、浮遊底泥濃度のいずれも再現性は良好であった。 続きを見る
9.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 有明粘土の二次圧密 — Secondary Consolidation of Ariake Clay
高山 昌照 ; TAKAYAMA Masateru
研究期間: 1998-1999
本文を見る:
概要: 1.粘土の二次圧縮係数:主要な粘土鉱物の違いが粘土の二次圧縮係数C_<αe>に及ぼす影響について検討した.カオリン,ハロイサイト,セリサイトのC_<αe>は圧密圧力pの増加に対して一定であるが,ベントナイトと有明粘土においては上に凸の曲線を示した.C_<αe>/C_c(C_c:圧縮指数)はカオリン,ハロイサイト,セリサイトの場合にはpにかかわらず一定であるが,ベントナイト,有明粘土においてはpの増加に対して減少を示した.二次圧密にかかわる性質は練返し粘土であっても一定の傾向にはなく,主要粘土鉱物がスメクタイトであるか否かによって異なる.不攪乱有明粘土のC_<αe>/C_c,は圧密降伏応力p_c下において最大を示すが,その後の圧力の増加に対してはほぼ一定であり,C_<αe>/C_cの平均値は分布の95%信頼区間は0.029〜0.049であった.この値はLaddによる指摘の範囲内にある. 2.有明粘土のK_0,λ,κについて:側方応力を測定することができる圧密試験機を用いて,粘土地盤の変形解析に必要なK_0,λ,κについて検討した.K_0はpがp_c付近において最小値K_0=0.2〜0.5を示し,以後,pの増加に伴って増加するが,(4〜6)p_c以上のpにおいてはK_0=0.45〜0.65になり,pにかかわらず一定となる.λを一次元圧密試験結果のC_cから推定する場合には過大な値となる.有明粘土について,λ_c=0.521 f-1.08(f:体積比,λ=0.4343λ_c),κ/λ≒0.1が得られた. 3.現場データによる沈下予測:現場計測データによる沈下予測には双曲線法や星埜法が用いられている.これらの式をdS/dlogt-logt(S:沈下,t:時間)関係で示すと上に凸の双曲線になる.沈下データをこのような方法で整理すると,ある時点t_sにおいて双曲線から離れlogtに対して直線的な挙動を示す.したがって,沈下予測は,t_sまで双曲線法等で行い,それ以降はlogtに比例するとみなすことによって良い成果を得た.その他,間隙水中の塩が粘土の圧密特性に及ぼす影響,有明粘土地盤の変形解析についての研究を行った. 続きを見る