close
1.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 実験発症骨粗鬆症ラットにおける骨代謝ホルモンに対する応答性に関する研究
米津 康一
研究期間: 1988
本文を見る:
2.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 顎骨骨粗鬆症の実験発症とその成因に関する基礎的研究
米津 康一
研究期間: 1987
本文を見る:
3.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 実験発症骨粗鬆症ラットの顎骨における発症パターンの研究
米津 康一
研究期間: 1989
本文を見る:
4.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 磁気共鳴診断法(MRI)における磁性体の画像におよぼす影響に関する研究
米津 康一
研究期間: 1990
本文を見る:
5.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of MRIにおける画像障害因子の発生と除去に関する実験的研究 — An Experimental Study of Dental Materials'Artifacts on MR Images
米津 康一 ; YONETSU Koichi
研究期間: 1991-1992
本文を見る:
概要: 実験に用いた装置は0.2TMR装置(永久磁石型)と1.0TMR装置(超電導型)であり、歯科用合金は日常の歯科臨床で用いられている鋳造用合金12種類(金合金5種類、金銀パラジウム合金2種類、パラジウム銀合金1種類、銀合金3種類、錫アンチモン合金1種類)、骨接合用プレート(ステンレススチール、純チタン)、アマルガムである。なおコントロールにパラフィンワックスを用いた。金属の大きさはプレート以外は1.2mm×10mm×20mmの直方体に統一した。撮像方法はスピンエコー法とグラジュエントエコー法で、撮像パラメータは繰返し時間、エコー時間、フリップ角は臨床で使用している条件と同一にした。結果は以下の通りであった。 (1)アーチファクトの種類として1)金属周囲の無信号領域、2)無信号領域周囲の高信号領域、3)像の歪みの3種類が出現した。 (2)撮像方法の違いではT1強調像よりT2強調像で、また静磁場強度の違いでは0.2TMRIの方が1.0TMRIより強いアーチファクトが出現する傾向がみられた。 (3)金属の厚み、形態がアーチファクトの出現に関与する可能性が示唆された。 4)強磁性体を含む金属の場合、画像障害の発生が著明であり、特に術後の再建にはステンレススチールプレートよりチタンプレートを用いることが望まれる。 今後は金属の厚み、形態の違いによるアーチファクトの差についてさらに検討し、金属によるアーチファクトの除去に関して検討を続けていきたいと考えている。 続きを見る