close
1.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 分子触媒による人工光合成
松尾 拓
研究期間: 1984
本文を見る:
2.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 二分子膜の酸化還元型光応答機能の開発に関する研究
松尾 拓
研究期間: 1982
本文を見る:
3.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 光合成をモデルとする光エネルギーの化学的変換法
松尾 拓
研究期間: 1983
本文を見る:
4.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 光合成をモデルとする光エネルギーの化学的変換法
松尾 拓
研究期間: 1981
本文を見る:
5.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 光応答型機能性膜の開発に関する研究
松尾 拓
研究期間: 1981
本文を見る:
6.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 光合成をモデルとする光エネルギーの化学的変換法
松尾 拓
研究期間: 1982
本文を見る:
7.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of エネルギーの変換技術に関する研究
松尾 拓
研究期間: 1988
本文を見る:
概要: 1.将来のエネルギー資源の多様化と需要の大幅な変動に対処するため、種々のエネルギー間の高効率変換を実現できる新素材と新プロセス開発をめざし、次の5研究班を組織して、先導的・基礎的研究を推進した。2.(1)燃料電池班:種々の燃料を直接電力に変換する高性能燃料電池を実現するために、溶融炭酸塩型高温燃料電池、高温型固体電解質燃料電池、直接型アルコール燃料電池のそれぞれについて高活性で安定な電極と電解質導電体の種類と使用条件を明確にすると共に、電池内の熱収支とエネルギー変換効率の関係を明らかにした。(2)太陽電池班:従来の太陽電池の効率を格段に向上させるために、湿式太陽電池については界面の超微細構造と電気化学的活性の関係を解明し、乾式太陽電池に関しては、太陽光の全スペクトルを利用してエネルギー変換効率を向上させることをめざす多層タンデム構造太陽電池構成のための薄膜材料およびヘテロ界面の形成法を究明した。また、キャリア閉じ込め効果による高効率化の可能性を明らかにした。(3)熱化学班:Br-Ca-Fe系反応サイクルで水を水素と酸素に分解する連続操業のための触媒、装置用金属の耐食性材料による被覆法、高性能水素分離膜が著しく改良された。またケミカルヒートポンプ用触媒と反応器製作の見通しがついた。(4)光化学班:植物の光合成を模範とする人工光合成系の実現をめざして光励起で発生させた高活性ラジカル対の電荷分離技術を確立すると共に炭酸ガスからメタンなどへの変換が可能であることを実証した。また、高歪化合物によるエネルギー蓄積系のモデル装置の試作と運転に成功した。(5)高温熱直接発電班:鉄シリサイドなどのアモルファス構造膜が非常に高い熱起電力を有する新素材であることを発見した。熱電子発電では、ハフニウムなどのホウ化物がエミッター電極として有用であり、アルカリ金属熱発電に有用な炭化物・窒化物も見出された。 続きを見る
8.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 光化学反応によるエネルギー貯蔵物質合成の研究
松尾 拓
研究期間: 1988
本文を見る:
概要: 1.研究目的 光を化学エネルギーに変換貯蔵する技術を開発するために、水素などの還元型高エネルギー物質を生成する人工光合成プロセスおよび分子内に歪エネルギーを貯えた高歪化合物合成のための光反応の開発を行った。 2.研究成果の概要 (1)人工光合成系の開発については光励起によって生成するラジカル対の電荷分離効率の向上、および得られたラジカル対を活用した物質生産の暗反応を検討し、次の成果を得た。均一溶液中で発生したラジカル対の場合は溶媒かごからの脱出が電荷分離の前提となるが、それには静電反発および溶媒和の調節が有効であることを実証した。葉緑体のように膜面で反応が進行する場合、励起種と電子受容体間が10オングストローム程度であれば容易に光誘起電子移動が起りマイクロ秒程度の寿命を持たせうることが示された。また、導電性二分子膜を利用した電荷の貯蔵が可能となった。均一系のラジカルについては炭酸ガスをカルボン酸として固定する新反応が開発された。 (2)高歪化合物の合成についてはノルボルナジエンからクアドリシクランへの光異性化反応を用いてエネルギー貯蔵と放出のミニプラントを構成した。アルミナを担体とする固体触媒を固定層とし、クアドリシクランの1M濃度クロロベンゼン溶液を流通させることにより、約50度の温度上昇(理論値55度)を実際に観測した。 また、高歪エネルギーの解放に伴う電子励起を目指し、嵩高い置換基を有するアントラキノン類を用いて、芳香環から対応するヂュワー体への可逆的光異性化反応を成功させた。 続きを見る
9.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 光合成をモデルとする光エネルギーの化学的変換法
松尾 拓
研究期間: 1980
本文を見る:
10.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 界面における光エネルギーの化学的変換に関する研究
松尾 拓
研究期間: 1978-1979
本文を見る: