close
1.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of チュウゴクオナガコバチによるクリタマバチの生物的防除
村上 陽三
研究期間: 1983
本文を見る:
2.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 中国産輸入寄生蜂によるクリタマバチの生物的防除に関する研究
村上 陽三
研究期間: 1978
本文を見る:
3.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of クワコナカイガラムシ寄生蜂の体眠性に関する研究
村上 陽三
研究期間: 1970
本文を見る:
4.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 天敵昆虫の育種に関する基礎的研究
村上 陽三
研究期間: 1974
本文を見る:
5.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of クリタマバチの生物的防除に関する研究 — A STUDY ON BIOLOGICAL CONTROL OF THE CHESTNUT GALL WASP
村上 陽三 ; MURAKAMI Yozo
研究期間: 1990-1992
本文を見る:
概要: 1.熊本県における放飼実験 (1)チュウゴクオナガコバチ放飼後の経過 熊本県大津町のクリ園で1982年に放飼されたチュウゴクオナガコバチは,放飼6年後までは1%前後の低い寄生率であったが,1989年以降徐々に増加し始め,1990〜91年には約3%,1992年には約6%に達した。 (2)随意的高次寄生者の影響 熊本県で放飼寄生蜂の増殖が遅延している原因の一つとして,随意的高次寄生者の二次寄生による死亡が考えられたので,チュウゴクオナガコバチの終齢幼虫期以降の死亡過程を調査した結果,同寄生蜂の終齢幼虫は7月から8月にかけて高い死亡を受け,最終的な生な率は16〜19%であった。主な死亡要因はクリタマヒメナガコバチなど3種の随意的高次寄生者の二次寄生であることが判明した。 (3)チュウゴクオナガコバチの性比 放飼寄生蜂の増殖遅延のもう一つの理由として,定着個体群の低い雌比(17%)が考えられた。しかし1990年以降雌比は増加し始め,1992年には66%に達し性比の改善が認められた。 2.福岡県で放飼されたチュウゴクオナガコバチの分布拡大 1981年に福岡市油山で放飼されたチュウゴクオナガコバチは,1991〜92年の調査で福岡・佐賀両県下に広く分布を拡大し,それぞれの定着地で密度を増加させつつあることが判明した。 3.未放飼地における土着寄生蜂 チュウゴクオナガコバチ未放飼地の岡山県と宮城県で土着天敵を調査した結果,両県ともクリマモリオナガコバチが最優占種であったが,岡山県では種数が多く随意的高次寄生者による死亡率が高く,宮城県では種数が少なく随意的高次寄生者の影響は少ないという差が見られた。 続きを見る
6.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of チュウゴクオナガコバチの有効性に関する研究 — Effectiveness of Torymus (Syntomaspis) sinensis, an imported parasitoid of the chestnut gall wasp
村上 陽三 ; MURAKAMI Yozo
研究期間: 1994-1995
本文を見る:
概要: 1982年春に熊本県大津町のクリ園に放飼されたチュウゴクオナガコバチは、放飼後長期間にわたって低密度であったが、1991年以降定着個体群の性比が正常化したため、1992年以降増加傾向が認められるようになった。しかし、1995年現在でも寄生率はまだ約28%に過ぎない。熊本県におけるチュウゴクオナガコバチの増殖遅延の原因を明らかにするため、本種の終齢幼虫期における死亡率と随意的高次寄生者の二次寄生の程度を、茨城県の3箇所のクリ園における結果と比較したところ、両地域間で明瞭な違いが認められた。すなわち茨城県ではチュウゴクオナガコバチの終齢幼虫期の死亡率は低く、随意的高次寄生者の二次寄生率も低いが、熊本県ではいずれも著しく高く、これが増殖遅延の重要な要因になっていることが推察された。チュウゴクオナガコバチの終齢幼虫に二次寄生する随意的高次寄生者として、クリタマオナガコバチ、タマヤドリカタビロコバチ、トゲアシカタビロコバチ、クリタマヒメナガコバチ、トゲクリタマヒメナガコバチの5種が確認され、そのうちのトゲクリタマヒメナガコバチ、トゲアシカタビロコバチ、クリタマヒメナガコバチの3種が熊本県で重要な二次寄生者であることが明らかとなった。 チュウゴクオナガコバチとその近縁の土着種クリマモリオナガコバチは、初夏から秋にかけて終齢幼虫で長期休眠するが、その休眠覚醒の条件を明らかにするための予備的実験を行った。その結果チュウゴクオナガコバチは10℃処理でも15℃処理でも休眠を覚醒し、また覚醒後の発育は10℃でも認められたことから、今後の実験では低温処理区としては5℃、10℃、15℃の各区を設け、処理時間を5、10、15日間とし、無処理区を20℃または25℃に設定すべきであることが明らかとなった。 続きを見る