close
1.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 海洋温度差発電プラントのための浮遊プラットホームの挙動に関する研究
大楠 丹
研究期間: 1983
本文を見る:
2.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 船の波浪中性能の改良に関する基礎的研究
大楠 丹
研究期間: 1983-1984
本文を見る:
3.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 風波浪併存時における船体運動の基礎的研究
田才 福造 ; 大楠 丹
研究期間: 1981-1982
本文を見る:
4.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 海洋温度差発電プラントのための浮遊プラットホームの挙動に関する研究
大楠 丹
研究期間: 1982
本文を見る:
5.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 深海曳航ロボットの位置制御に関する研究 — Control of the Position of an Underwate Towed Robot
柏木 正 ; KASHIWAGI Masashi ; 大楠 丹
研究期間: 1988-1989
本文を見る:
概要: 1.海中空間での複雑な流れの影響を受ける長大ケ-ブル(弾性索)の三次元挙動シミュレ-ションプログラムを開発した。これにはケ-ブルの伸び、捩り、曲げを考慮して実際の非線形挙動が表し得るように工夫されている。計算結果を既存の実験結果と比較してみたところ、十分な精度があることを確認した。 2.船舶・ケ-ブル・曳航ロボットからなる系の動的安定性を調べるための理論的手法を開発した。ケ-ブルの横偏位と張力が長さ方向にゆるやかに変化するとして、ケ-ブルの振動方程式をWKB法で解いた。また、曳航ロボットとの連成運動方程式を導き、翼などのコントロ-ル・サ-フェスの制御に対する曳航ロボットの安定性について調べた。 3.海中における流れのうち、内部波などによる、いわゆるstatistical fluctuationと呼ばれる水平方向に数キロメ-トル、垂直方向に数十メ-トル、周期数時間程度のスケ-ルの一様でない流れを計算機上にシミュレ-トし、その中を曳航ロボット・ケ-ブル系を船舶で曳航し、船舶の操縦によってロボットを所定の位置に誘導するシミュレ-ションプログラムを完成した。本シミュレ-ションプログラムには、ケ-ブルの非線形三次元挙動のプログラム、曳航ロボットに作用する流体力の実験結果など、これまで行われてきた研究成果が全て盛り込まれている。 計算の結果、複雑な海象下では、船舶を所定の位置に誘導するだけでは曳航ロボットとの位置の隔りが大きく、それを改善するためには更に複雑な制御が必要であることがわかった。 4.曳航ロボットの完全な誘導を目的として、エンドポイント・コントロ-ルの理論を展開した。その成果は今後更に研究されるべき船舶の操縦法の改良に応用することができる。 続きを見る
6.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 双胴船の耐航性能の推定に関する研究
大楠 丹
研究期間: 1977
本文を見る:
7.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 超高速双胴船の耐航性能に関する研究
大楠 丹
研究期間: 1974
本文を見る:
8.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 耐航性能の観点からの船型の改良に関する基礎的研究 — Prediction of Effects of Hull Forms on Seakeeping Qualities of Ships
大楠 丹 ; OHKUSU Makoto
研究期間: 1986-1987
本文を見る:
概要: 本研究は船の波浪中の抵抗増加, 大波高下における海水打ち込み等の耐航性能と船型との関係を定量的に把握するために, これらの諸性能のもとになる物理現象の正しい理解と, それに基づく新しい理論の展開を目的として実施した. 実施した研究の内容は次の通りである. 1.波浪中を航走する船の非定常波紋と船首形状の関係を明らかにした. この研究によって, 波浪中抵抗増加と船首形状との物理的な関係が明らかになり, 形状の差を合理的に反映する新しい抵抗増加の計算法が示された. 2.有限振幅船体動揺理論の開発を実施した. 水上の船型と船体動揺の要因である流体力の関係を明らかにする理論の開発を目指したが, その成果は未だ基礎的な段階にとどまっている. 3.海水打ち込みと船の横揺れ安定性能の関係を明らかにした. 海水打ち込みによる船の転覆現象を計算機でシミュレーションした. ブルワークの高さなど船型によって船の安全性がどのように変わるかをこのシミュレーションによって判定することができる. 4.船型と波浪中抵抗増加の関係を与える新しい理論計算法の開発を実施した. 本方法は船体上の3次元特異点分布によって船体上の境界条件をきちんと満足する船体まわりの波動場を表現しようとするものである. 十分に実用に耐え得る方法が開発できた. 以上の結果, 部分的には改良の余地はあるが, 耐航性能と船型との関係を合理的に推定する耐航性計算プログラムが完成した. 続きを見る
9.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 海水打ち込みによる船舶の転覆機構の研究 — The Effects of Deck Wetting on Capsize of Ships
大楠 丹 ; 小寺山 亘 ; KOTERAYAMA Wataru
研究期間: 1987-1988
本文を見る:
概要: 昭和62年度の研究成果として、海水打ち込みによって船の甲板上の海水が増加したり、流れ出したりする場合の横波中における過渡的な船体運動の数値計算法を開発し、数値シミュレーションができるようになった。しかし、横軸に時間を取り数値シミュレーションの結果を時刻歴としてグラフ化しても、それだけでは、海水が打ち込みつつある過渡的な状況下での船体挙動の全体像は把握しにくい。そこで本年度の研究では、数値シミュレーションの結果をコンピュータ画面にアニメーションとして表示することにより、船体運動と海水打ち込み、転覆の関係を連続した画像で理解し、船の安全性を検討する際に有益な情報を提供できるようにした。 海水打ち込み量の推定に関しては、まず船側での相対水位を厳密に計算して海水打ち込みが起こるか起こらないかを純理論的に判定し、次に打ち込み速度に簡単な近似式を使うことによって時々刻々打ち込み水量を計算できるようにした。船体挙動を記述する運動方程式そのものは、実用的観点から周波数領域における従来の式を採用しているが、海水打ち込みや大傾斜による流体力の変化が考慮できるように運動方程式の係数は時間の関数とし、計算の時間ステップごとに逐次計算していくように工夫した。転覆に至るまでのシミュレーション結果を実験と比較したところ、両者はかなり良く一致しており、計算法の妥当性が確認できた。 グラフィック・アニメーションでは、入射波、相対水位、海水打ち込み量などが、復原力を失なって転覆する瞬間まで船体動揺と共に表示されるようになっており、現象を理解する上で大変有効である。今後は、三次元的な斜め追波中での海水打ち込みをともなった船体挙動の数値シミュレーション、及びその画像表示が十分な精度で行えるよう、研究の積み重ねが必要である。 続きを見る
10.
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
Cover image of 曳航海中調査艇の動力学に関する基礎的研究 — A fundamental study on the dynamics of underwater towed vehicle
大楠 丹 ; OHKUSU Makoto
研究期間: 1985-1986
本文を見る:
概要: 本研究課題で扱った曳航海中調査艇と類似の研究は以前にも二、三の例はあったが、それらは実験的な流体力の研究,曳航艇の運動方程式の検討,あるいは曳航索の動力学の取扱い法等の総ての点で近似の多い大略的なものであった。本研究の大きな特徴は、学術的な観点から海中曳航体,曳航索の動力学に関して、より詳細な検討を行ってきた点にある。具体的な成果については次のとおりである。 1)海中曳航体に働く流体力に関しては詳細な実験を実施した。翼迎角コントロール可能な長さ1mの水密模型を製作し、各種パラメータを変えた時の静的実験を実施した後、強制動揺試験によって6自由度の運動方程式の総ての係数について前進速度影響,周波数影響の調査を行った。 2)翼理論,細長体理論によって流体力係数の推定方法を提案し、実験結果との比較によってその妥当性を検討した。これは今後、同種の曳航艇の設計に役立つものと思われる。 3)海中曳航体の6自由度運動方程式について考察し、そのシミュレーションプログラムを作成した。これによって従来の研究で調べられていた縦運動だけでなく、横運動特性、あるいは総ての連成運動の検討も可能になった。 4)曳航索の動力学に関しては、索の伸びだけではなく、索の捩れも考慮に入れた、最も一般的な微分方程式を導出し、その数値シミュレーションを実行した。以前に行われていた索だけの水中強制動揺試験結果と比較し、その妥当性を確認した。現在、計算時間の短縮の方向で研究継続中である。この新しく開発した曳航索の計算方法を、母船-ケーブル-海中曳航体という全体システムのシミュレーションに組入れた総合的な計算手順についても検討中であり、これらの成果は近い将来取りまとめて発表できるものと思われる。 続きを見る