可溶性flt-1遺伝子導入はflt-1チロシンキナーゼ欠損マウスにおいてワイヤー傷害後新生内膜形成を抑制する

閲覧数: 1
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

可溶性flt-1遺伝子導入はflt-1チロシンキナーゼ欠損マウスにおいてワイヤー傷害後新生内膜形成を抑制する

フォーマット:
学位論文
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Soluble Flt-1 gene transfer ameliorates neointima formation after wire injury in flt-1 tyrosine kinase-deficient mice
責任表示:
古賀, 純一郎
Jun-ichiro, Koga
本文言語:
日本語
学位授与年度 :
2009.
学位授与大学:
九州大学.
学位:
博士(医学)
学位種別:
課程博士
バージョン:
None
本文を見る

類似資料:

3
CSRの最前線 by 古賀, 純一郎
5
政治献金 : 実態と論理 by 古賀, 純一郎
3.
CSRの最前線 by 古賀, 純一郎
5.
政治献金 : 実態と論理 by 古賀, 純一郎
8.
MTH1遺伝子欠損マウスを用いた発がん研究 by 續 輝久; TSUZUKI Teruhisa