環境汚染物質の効率的無害化を目指した吸着性光触媒無機シートの開発

閲覧数: 21
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

環境汚染物質の効率的無害化を目指した吸着性光触媒無機シートの開発

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Preparation and Environmental Applications of Paper-like Photocatalyst Composites
責任表示:
北岡 卓也(九州大学・大学院・農学研究院・助教授)
KITAOKA Takuya(九州大学・大学院・農学研究院・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
2001-2003
概要(最新報告):
地球圏全体から身近な生活環境に至る種々の汚染環境の改善に向け、酸化チタン光触媒の活用が注目されている。しかし、粉末状の無機触媒は取り扱いや実効性能の点で問題が多く、固定化法のイノベーションが希求されている。そこで、紙抄きの技術を応用し、粉末触媒を紙状成型した新規触媒材料「ペーパー触媒」の開発を試みた。 1.ペーパーの触媒の調整 (1)無機粉体を均質なシート状に成型する技術の確立(デュアルファイバー/デュアルポリマーシステム)、(2)アルミナゾルバインダーと焼成処理による100%無機シートの調製と実用強度の発現、(3)光触媒・吸着剤など無機粉末の種類を問わないペーパー設計(均質性・多孔性・2次加工性)を達成した。 2.室内・大気・水循環浄化 (1)ホルムアルデヒドなど種々のシックハウス物質の高効率・連続分解、(2)ppbオーダーの窒素酸化物の光触媒酸化除去、(3)水系環境ホルモン物質ビスフェノールAの光触媒分解が可能であった。ペーパー触媒は粉末と比べて格段に取り扱い易く、回収が容易で繰り返し利用も可能、また繊維ネットワーク構造を保つことで見かけの光触媒効果を高い水準で維持など、種々の実用機能に秀でている。 3.繊維ネットワーク反応場の効果 (1)ゼオライト吸着剤の分子ふるい効果を利用した汚染物質の局所的濃縮・分解促進効果の発現、(2)吸着剤・金属酸化物の配合による触媒被毒物質除去・中和効果、(3)反応中間体捕捉効果による安全・安心な局所的分解、(4)元の触媒性能を上回るネットワーク担持触媒の空隙構造効果など、光触媒単独あるいは粉末混合では得られない、ペーパー構造特有の効果を見出した。ペーパー構造が固体触媒の好適な反応場を提供していると考えられる。 4.今後の展開 粉末状固体触媒のペーパー成型と光浄化に関する成果は、物質・エネルギー生産プロセスなどの触媒工業への展開が期待される。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
光触媒超親水性伝熱面の開発 by 高田 保之; TAKATA Yasuyuki
10.
光触媒超親水性伝熱面の開発 by 高田 保之; TAKATA Yasuyuki