ファジィ理論による舌癌頸部リンパ節転移発現に関する研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ファジィ理論による舌癌頸部リンパ節転移発現に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Research for prediction of cervical lymph node metastasis in tongue cancer using fuzzy inference
責任表示:
長田 哲次(九州大学・歯学部・助手)
NAGATA Tetsuji(九州大学・歯学部・助手)
大関 悟(福岡歯科大学・歯学部・教授)

OZEKI Satoru(福岡歯科大学・歯学部・教授)

全て表示
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-1999
概要(最新報告):
舌癌患者のリンパ節転移を予測する試みを行った。リンパ節転移予測の方法として最初は多変量解析で正診率を評価した。パラメータとして多変量解析ではカイ二乗検定と相関行列の結果よりT分類・N分類・角化度・核分裂像・浸潤様式の5項目を用いた。その結果、転移の発現した群58例と発現しなかった群79例の累積百分率表より判別点として-0.0375が設定され、137例中104例が正しく判別された。External check46例の正診率は71.7%で満足のいく結果ではなかった。 この解析法について検討した結果、(1)アイテムの主観性、(2)numerical scoreと浸潤様式の症例分布(3)アイテム間の相関性が問題となり、これらを改善させる方法としてファジィ推論による予測を試みた。まず腫瘍径・角化度・浸潤様式の3項目を用いそれらをファジィ入力することでアイテム入力時の主観性に対応した。また原発巣治療法で切除群と放射線群の2グループに分け、その2群それぞれにIf-Then ruleを適用することで症例の分布上の偏りを是正し、アイテム間の相関を細分した。 その結果、137例の正診率は78.1%、Sensitivityは69.0%、Specificityは84.8%で多変量解析よりファジィ推論での転移予測が正診率が高く、ファジィ推論の転移予測は有用と考えられた。本来、客観的評価といわれる統計学的手法にもその入力段階において主観性が含まれており、それをファジィ推論を使い正診率を向上することができた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
胃癌の進展と癌細胞核DNA量に関する研究 by 杉町 圭蔵; SUGIMACHI Keizo
11
多変量解析による海岸クロマツ林の林型区分 by 増谷, 利博; Masutani, Toshihiro
4.
細胞周期調節因子aurora2による消化器癌浸潤・転移機構の解明 by 佐藤 浩一; 定永 倫明; SADANAGA Noriaki
8.
口腔癌とリンパ節転移におけるEpstein-Barr virusの役割の解明 by 笹栗 正明; 大部 一成; OOBU Kazunari
9.
胃癌の進展と癌細胞核DNA量に関する研究 by 杉町 圭蔵; SUGIMACHI Keizo
11.
多変量解析による海岸クロマツ林の林型区分 by 増谷, 利博; Masutani, Toshihiro
12.
身体的老化の制御に関する統計的接近 by 吉川 和利; KIKKAWA K