ヒトγδT細胞機能の免疫分子生物学的解析

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒトγδT細胞機能の免疫分子生物学的解析

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Molecular and immmunological analyses of cytokines and γδT cells in intracellular infection of Salmonella
責任表示:
原 寿郎(九州大学・大学院・医学系研究科・教授)
HARA Toshio(九州大学・大学院・医学系研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-1999
概要(最新報告):
細胞内寄生性細菌感染症で増加するヒトγδT細胞は、早期の生体防御機構として重要な役割を果たしていると考えられているが明らかではない。サルモネラ感染症の全身型で末梢血中に活性化γδT細胞の増加がみられたのでこのような細胞内寄生性細菌に対し、γδT細胞が生体でどのように感染防御に働いているかを検討した。 サルモネラ感染症患者の、血清中IL-12,IL-15,IL-18濃度をIFN-γとともに経時的に測定し,これらのサイトカインのIFN-γ産生における意義をin vitroで検討した.さらに,末梢血リンパ球表面マーカーや各T細胞分画におけるIFN-γ mRNAの発現を経時的に測定し,サルモネラ感染症における主なIFN-γ産生T細胞分画を検討した.血清中のIFN-γ,IL-15,IL-18濃度は,胃腸炎型と比較して,全身型においてより長期間高値が持続した.血清中IFN-γ濃度はIL-12およびIL-18と有意な相関があり,IL-15はIL-18との有意な相関が認められた.サルモネラ生菌刺激による末梢血単核球のIFN-γ産生は,抗IL-12抗体や抗IL-18抗体によって低下し,IFN-γ産生におけるこれらのサイトカインの重要性が示唆された.活性化T細胞数はIFN-γ,IL-15およびIL-18と相関傾向が認められた.活性化γδT細胞数は血清中IL-15濃度と関連する傾向が認められた.サルモネラ感染症患者末梢血γδT細胞はαβT細胞と比較して,より多くのIFN-γ mRNAを発現しており,このIFN-γ産生γδT細胞は,αβT細胞とともに,IL-12,IL-18およびIL-15の複雑な相互作用を介して,ヒトサルモネラ感染症に対する防御機構に重要な役割を果たしているものと考えられた. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
細菌感染防御機構におけるγ/δ型T細胞の意義 by 吉開 泰信; YOSHIKAI Yasunobu
5
栽培段階におけるホウレンソウのサルモネラ汚染とその生残性 by 三島, 朋子; Mishima, Tomoko; 島本, 美紗子; Shimamoto, Misako; 城戸, 希望; Kido, Nozomi; 本城, 賢一; …
6
顆粒球造血の細胞内情報伝達機構の解明 by 岡村 孝; OKAMURA Takashi; 仁保 喜之; 下田 和哉; SHIMODA Kazuya
2.
細菌感染防御機構におけるγ/δ型T細胞の意義 by 吉開 泰信; YOSHIKAI Yasunobu
5.
栽培段階におけるホウレンソウのサルモネラ汚染とその生残性 by 三島, 朋子; Mishima, Tomoko; 島本, 美紗子; Shimamoto, Misako; 城戸, 希望; Kido, Nozomi; 本城, 賢一; …
6.
顆粒球造血の細胞内情報伝達機構の解明 by 岡村 孝; OKAMURA Takashi; 仁保 喜之; 下田 和哉; SHIMODA Kazuya