麻疹ウイルス野生株に対する細胞受容体の解明

閲覧数: 11
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

麻疹ウイルス野生株に対する細胞受容体の解明

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Identification of the cellular receptor for measles virus
責任表示:
柳 雄介(九州大学・大学院・医学研究院・教授)
YANAGI Yusuke(九州大学・大学院・医学研究院・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-2000
概要(最新報告):
麻疹ウイルスワクチン株に対する細胞受容体は,補体制御因子の一つであるCD46であることが既に示されている。しかし,マーモセット由来のB細胞株であるB95a細胞を用いて高率に分離されるようになった麻疹ウイルス患者分離株(野生株)はCD46陽性細胞で増殖しない。本研究では,先ずワクチン株と野生株のこのようなトロピズムの違いが麻疹ウイルスのエンベロープ蛋白の一つであるH蛋白のアミノ酸の違いによって決定されていることをsite-directed mutagenesisによって明らかにした。次いで,麻疹ウイルスのH蛋白とF蛋白を持つ水庖性口内炎ウイルス(VSV)のpseudotypeを用いた,種々の細胞に対する細胞侵入効率の解析により,ワクチン株と野生株のトロピズムの違いは細胞侵入過程でほとんど決められていることを明らかにした。この結果から,野生株に対する受容体はCD46ではなく,野生株が感染できる限られたリンパ球系細胞にのみ発現している分子であると結論した。そこで,野生株が高率に感染するB95a細胞のcDNAライブラリーを作製し,上記のVSV pseudotypeを用いて発現クローニングを行なった。得られたクローンはヒトのSLAM(CDW150)と高い相同性があった。ヒトSLAM遺伝子をクローニングして野生株に非感受性の細胞に導入すると,野生株ウイルスが吸着し,増殖できるようになった。フローサイトメトリーでSLAMの発現を解析したところ,野生株に感受性があるリンパ球系細胞はすべてSLAMを発現しており、非感受性の細胞は発現がないか、あってもごく低レベルであった。また,野生株の感染は抗SLAM抗体で完全に阻止できた。これらの結果から,ヒトSLAMが麻疹ウイルス野生株に対する受容体であることが証明された。重要なことに、ワクチン株もCD46だけでなくSLAMを受容体として使えることも分かった。SLAMは免疫グロブリン・スーパーファミリーに属する膜蛋白であり,細胞外ドメインとしてVドメイン,C2ドメインを持っている。種々のキメラ分子の解析からSLAMのVドメインが麻疹ウイルスに対する受容体としての機能に必要十分であることが明らかになった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
鎮痛オピオイド受容体活性化分子機構の解明 by 下東 康幸; SHIMOHIGASHI Yasuyuki
10.
鎮痛オピオイド受容体活性化分子機構の解明 by 下東 康幸; SHIMOHIGASHI Yasuyuki