鶏始原生殖細胞をベクターとした外来遺伝子導入

閲覧数: 7
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

鶏始原生殖細胞をベクターとした外来遺伝子導入

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Foreign DNA Introduction into Chicken via Primordial Germ Cells.
責任表示:
藤原 昇(九州大学・大学院・農学研究院・教授)
FUJIHARA Noboru(九州大学・大学院・農学研究院・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-2000
概要(最新報告):
最終年度であるが、当初の目的に対して完全な成果が得られた訳ではないが、将来に対して若干の示唆が得られるような結果を得ることができたのは幸いであった。それらを要約すると下記の通りである。 (1)体細胞と生殖細胞あるいは体細胞と胚盤葉細胞との電気的融合によって得られた細胞体をホスト卵の胚盤葉胚下に注入すると、明らかにキメラが作出される。しかも、それらの個体の中には、体の性とは逆の性腺が発達するという異常(奇妙)な現象が観察され、さらにその生殖腺には雌の遺伝子(W-染色体)に特有のバンドが確認された。このことは、将来において、鳥類に特有の現象である性転換の可能性も示唆しており、最終的には、W-染色体を有した精子の生産が可能となるかもしれない。 (2)鶏始原生殖細胞(PGCs)を異性間で移植すると、これもまた不思議な現象が観察され、上記と同様な個体が出現するという珍現象が確認された。この現象と上記の現象は、まったく同様であって、鳥類の性転換の可能性が大いに示唆された。さらに、これを利用しても、キメラ鶏の作出が可能となり、将来において、希少野生鳥類などの遺伝資源保存に対しても、大きな目安となりうるものと期待されている。 (3)さらに、これらのキメラ類似鶏を利用した同志交配を行って後代を得て、検定したところ、F1あるいはF2においても、それぞれの遺伝子が継承されているということが確認された。たとえが、これらに外来遺伝子をマーカーとして付着させると、次世代までも、それらがトランスファーされることが明らかとなったので、この手法は、トランスジェニック鶏作出に対しては、最も有効な技術となりうる可能性が示唆された。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
家禽精子の加齢と膜の変化 by 藤原 昇; FUJIHARA Noboru
5
哺乳類の始原生殖細胞研究の最前線 by 林, 克彦; Hayashi, Katsuhiko
11
家禽精子の膜機能に関する遺伝学的研究 by 藤原 昇; FUJIHARA Noboru
6
各種波長の光線が鶏の生殖腺の発達に及ぽす影響 by 石橋, 武彦; 加藤, 嘉太郎; Ihibashi, Takehiko; Kato, Yoshitaro
5.
哺乳類の始原生殖細胞研究の最前線 by 林, 克彦; Hayashi, Katsuhiko
6.
各種波長の光線が鶏の生殖腺の発達に及ぽす影響 by 石橋, 武彦; 加藤, 嘉太郎; Ihibashi, Takehiko; Kato, Yoshitaro
9.
家禽精子の加齢と膜の変化 by 藤原 昇; FUJIHARA Noboru
11.
家禽精子の膜機能に関する遺伝学的研究 by 藤原 昇; FUJIHARA Noboru