白色腐朽菌が産生するエーテル結合開裂酵素によるダイオキシン類のin vitro分解

閲覧数: 21
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

白色腐朽菌が産生するエーテル結合開裂酵素によるダイオキシン類のin vitro分解

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
In vitro treatment of dioxins by enzymes from white-rot fungus.
責任表示:
近藤 隆一郎(九州大学・大学院・農学研究院・教授)
KONDO Ryuichiro(九州大学・大学院・農学研究院・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-2000
概要(最新報告):
1.アリールエーテル型結合の開裂を短時間で容易に判定するために、エーテル結合の開裂により蛍光を発し、リグニンペルオキシダーゼにより酸化され2次的にエーテル結合が開裂しないように、芳香環の電子密度を低下させたリグニンモデル化合物を合成した。リグニンモデル化合物を含むKirk基本寒天培地を調製し、前培養した木材腐朽菌250株を植菌し、経時的に蛍光を観察したところ、明瞭な蛍光を発する菌株5株の選抜に成功した。これらの5菌株のダイオキシン分解能力を2,7-DCDDを基質として評価し、強力なダイオキシン分解菌であるMZ-340株を選抜した。この菌株を液体培地にて振とう培養し、得られた培養液により2,7-DCDDを処理したところ分解が観察され、ダイオキシンのin vitro分解に成功した。 2.菌体外粗酵素液によるダイオキシン類のin vitro処理:選抜した高活性ダイオキシン分解菌MZ-340株を種々の培養条件下で液体培養を行い、粗酵素液を調製した。その粗酵素液とダイオキシン類の標準品を作用させたところ2塩素置換から8塩素置換のすべてのダイオキシン類が減少することを明らかにした。さらに、この現象を詳細に検討したところ、粗酵素液中のタンパク質によるトラッピング現象であることを明らかにした。 3.菌体外物質による土壌および飛灰中ダイオキシン類の処理:MZ-340株の培養条件を詳細に検討し、ダイオキシントラッピング物質を多量に産生する条件を見い出した。ダイオキシントラッピング物質を土壌および飛灰に作用させ、ダイオキシン類が水層に移行することを明らかにした。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
油症認定患者の血液中ダイオキシン類濃度の分布 by 梶原, 淳睦; Kajiwara, Jumboku; Kajiwara, Junboku; 戸髙, 尊; Todaka, Takashi; 平川, 博仙; Hirakawa, Hironori; …
4
クラフトパルプの酵素漂白に関する研究 by 近藤 隆一郎; KONDO Ryuichiro
5
血液中ダイオキシン, PCB類濃度測定のクロスチェック by 梶原, 淳睦; Kajiwara, Jumboku; 戸髙, 尊; Todaka, Takashi; 平川, 博仙; Hirakawa, Hironori; 堀, 就英; Hori, …
11
ダイオキシン類と免疫 by 内, 博史; Uchi, Hiroshi
6
ダイオキシン母体曝露による発達児の甲状腺ホルモンへの影響 by 服部, 友紀子; Hattori, Yukiko; 武田, 知起; Takeda, Tomoki; 田浦, 順樹; Taura, Junki; 黒木, 広明; …
4.
クラフトパルプの酵素漂白に関する研究 by 近藤 隆一郎; KONDO Ryuichiro
5.
血液中ダイオキシン, PCB類濃度測定のクロスチェック by 梶原, 淳睦; Kajiwara, Jumboku; 戸髙, 尊; Todaka, Takashi; 平川, 博仙; Hirakawa, Hironori; 堀, 就英; Hori, …
6.
ダイオキシン母体曝露による発達児の甲状腺ホルモンへの影響 by 服部, 友紀子; Hattori, Yukiko; 武田, 知起; Takeda, Tomoki; 田浦, 順樹; Taura, Junki; 黒木, 広明; …
7.
油症認定患者の血液中ダイオキシン類濃度の分布 by 梶原, 淳睦; Kajiwara, Jumboku; Kajiwara, Junboku; 戸髙, 尊; Todaka, Takashi; 平川, 博仙; Hirakawa, Hironori; …
11.
ダイオキシン類と免疫 by 内, 博史; Uchi, Hiroshi