自己組織化現象としての発生・形態形成の数理的研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

自己組織化現象としての発生・形態形成の数理的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
望月 敦史
本文言語:
日本語
研究期間:
1998
本文を見る

類似資料:

7
発生と形態の形成 by 太田, 次郎
8
器官発生における分岐形態形成の数理モデル by 平島, 剛志; HIRASHIMA, TSUYOSHI
9
発生と形態形成 by 小林, 英司
5
発生現象の数理的研究 by 望月, 敦史; MOCHIZUKI, ATSUSHI
5.
発生現象の数理的研究 by 望月, 敦史; MOCHIZUKI, ATSUSHI
7.
発生と形態の形成 by 太田, 次郎
8.
器官発生における分岐形態形成の数理モデル by 平島, 剛志; HIRASHIMA, TSUYOSHI
9.
発生と形態形成 by 小林, 英司