作用素環論の指数理論における中間因子環の研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

作用素環論の指数理論における中間因子環の研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
照屋 保
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-2000
本文を見る

類似資料:

7
作用素環論の発展 by 京都大学数理解析研究所
8
作用素環論の展開 by 京都大学数理解析研究所; 伊藤, 隆
9
作用素環論の進展 by 京都大学数理解析研究所
4
作用素環論における最近の分類問題について : 短期共同研究 by 京都大学数理解析研究所; 大坂, 博幸
10
作用素環論の多様性 by 京都大学数理解析研究所
5
作用素環論における諸問題 by 京都大学数理解析研究所; 山ノ内, 毅彦
6
III型因子環の指数理論 by 浜地 敏弘
12
自由確率論と作用素環論の研究 by 植田 好道; UEDA Yoshimichi
4.
作用素環論における最近の分類問題について : 短期共同研究 by 京都大学数理解析研究所; 大坂, 博幸
5.
作用素環論における諸問題 by 京都大学数理解析研究所; 山ノ内, 毅彦
6.
III型因子環の指数理論 by 浜地 敏弘
7.
作用素環論の発展 by 京都大学数理解析研究所
8.
作用素環論の展開 by 京都大学数理解析研究所; 伊藤, 隆
9.
作用素環論の進展 by 京都大学数理解析研究所
10.
作用素環論の多様性 by 京都大学数理解析研究所
12.
自由確率論と作用素環論の研究 by 植田 好道; UEDA Yoshimichi