線虫における神経回路形成の分子機構

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

線虫における神経回路形成の分子機構

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
大島 靖美(九州大学・理学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998
概要(最新報告):
(A) UNC-51のキナーゼ(リン酸化)活性のin vitroにおける証明と解析 1. unc-51cDNAの全長、全長のcDNAでキナーゼドメインにK→M変異をもつもの、キナーゼドメイン、C末側ドメインのそれぞれのC末側にMyc tagを付しpUcD2SR α MCSベクターに挿入した。これらをCOS7細胞に導入し、融合タンパクの一時的発現を粗抽出液と抗Myc抗体で調べた。 2. 細胞の粗抽出液を抗Myc抗体結合ビーズによって処理し、後者に結合した分画を用いて、in vitroでキナーゼ活性を調べた。この結果、全長のUNC-51及びそのキナーゼ領域のcDNAを導入した場合には、外から加えたヒストンH1及び内在性のいくつかのタンパク質のリン酸化が示された。 3. 上記の発現系では発現が不充分であると考えて、現在pCAGGSベクターによる発現を試みている。これを用いて、UNC-51の自己リン酸化とその部位を明らかにする予定である。 (B) UNC-51とUNC-14の相互作用及びこれらと相互作用する因子の解析 1. UNC-51、UNC-14のそれぞれにつき、抗原性があり得る3つの部分ペプチドを合成し、ウサギに免疫して、抗血清及び精製抗体を得た。これらにより、in vivoでのUNC-51とUNC-14の共存と結合を証明したい。 2. UNC-51と相互作用すると考えられるタンパク質のcDNAの中でTHB28はEB1ホモログをコードし、このタンパクはtwo hybrid系においてUNC-14とも相互作用することが示されている。またTHB7,THB47はそれぞれ哺乳動物のMSK及びJNK kinaseのホモログをコードしている。UNC-51の基質も含めて、UNC-51.UNC-14と相互作用する因子を明らかにするため、これらの遺伝子の解析を行っている。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
線虫C.elegans神経系の分子遺伝学 by 大島 靖美; OHSHIMA Yasumi
2.
線虫C.elegans神経系の分子遺伝学 by 大島 靖美; OHSHIMA Yasumi