新しいイノシトール1,4,5-三リン酸結合蛋白の機能と発癌抑制

閲覧数: 7
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいイノシトール1,4,5-三リン酸結合蛋白の機能と発癌抑制

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
平田 雅人(九州大学・歯学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998
概要(最新報告):
分子量130kDの新規のイノシトール1,4,5-三リン酸結合蛋白質(p130)は我々がIns(1,4,5)P_3アナログに対する先駆的かつ独創的な取り組みの中から見い出したものであるがヒト肺癌に多く見られる第2染色体長腕部欠損領域に本分子のヒト型ホモログをコードすると思われる遺伝子が存在する。したがって、がん抑制遺伝子産物である可能性を示唆する。p130の機能について特にがん抑制遺伝子産物である可能性について検討することが最終目標であるが、今年度は細胞内Ca^<2+&gt;濃度変化に対する影響について検討した。p130を発現する細胞株(COS-1:p130)を作製した。発現したp130はプレックストリン相同領域(PHドメイン)を有するものの、細胞膜ではなく、細胞質内に局在していた。COS-1:p130をブラジキニンや上皮成長因子などで刺激すると対照細胞に比べて、細胞内Ca^<2+>上昇が抑制された。この効果はPHドメインを欠いたp130分子の発現細胞では認められなかった。したがって、p130はホスホリパーゼC(PLC)-Ins(1,4,5)P_3を介した細胞機能の内在性阻害分子として作用する可能性がある。どのサブタイプのPLCとおもに係わっているのかについて検索するため、in situハイブリダイゼーション法によってラット脳内のp130の分布を調べた。既報のPLC-βの分布と類似していた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
新規イノシトールリン酸結合蛋白による発がん抑制 by 白土 雄司; SHIRATSUCHI Yuji; 松木 範明
9.
新規イノシトールリン酸結合蛋白による発がん抑制 by 白土 雄司; SHIRATSUCHI Yuji; 松木 範明