センサー機能分子の導入による外部環境応答性タンパク質の分子デザイン

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

センサー機能分子の導入による外部環境応答性タンパク質の分子デザイン

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
浜地 格(九州大学・工学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998
概要(最新報告):
(1) 遷移金属イオン結合能をもったイミノ二酢酸型アミノ酸をリジンを基本骨格として大量合成するルートを確立した。またこれにFmo保護基をつけて、ペプチド自動合成器を使ってペプチド内に自動で組込むことができることを確認した。 (2) 次いで、リボタクレアーゼSのペプチド部分に上記イミノ二酢酸を導入した人工S-ペプチドを半合成によって組み込んだ。導入位置によって半合成がうまくいく場合とそうでない場合が見られたが、溶媒側に露出した残基には、うまく導入できた。得られた半合成リボタクレアーゼについて、金属イオンを添加して、構造と活性の変化を追跡すると、モノ置換体では、銅イオンの添加によって活性が抑制された。一方、ジ置換体では、i,i+4への位置にイミノ二酢酸を導入した場合には、この残基間での協同的な錯体形成によって酵素が安定化され、活性が上昇した。 (3) これらの応答性を利用して、活性のスイッチングが銅イオンの濃度によって可能な、リボタクレアーゼが半合成された。 続きを見る
本文を見る

類似資料: