シクロファンを分子基盤とした糖クラスターの設計と機能

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

シクロファンを分子基盤とした糖クラスターの設計と機能

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
林田 修(九州大学・有機化学基礎研究センター・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998
概要(最新報告):
1. 糖クラスターの合成 既に合成が確立しているラクトースクラスター及びマルトースクラスターに加えて、新たにセロビオース、メリビオース、イソマルトース及びオリゴ糖であるマルトトリオース、マルトテトラオース、マルトペンタオース、マルトヘキサオース、マルトヘプタオース誘導体をそれぞれ8つ有する糖クラスターの合成に成功した。 2. 溶液中から極性表面へのゲスト運搬 長鎖アルキル基を有するOctakis-typeの糖クラスターは両親媒性の性質を示し、糖クラスターはシリカゲルや石英板などの極性表面に強く吸着することが紫外可視吸収スペクトルの測定からわかった。また、蛍光性色素などのゲストが水中に存在する場合にはホスト-ゲスト複合体を形成し、複合体のまま極性表面に吸着することから、水中から極性表面への有効なゲスト運搬系を構築できることが示された。 3. リン酸化合物との相互作用 糖クラスターの糖鎖の長さが伸びるに従って、糖クラスターのリン酸関連化合物に対する結合挙動が大きく異なることを見いだした。即ち、マルトペンタオースクラスターはリポース-5'-リン酸(RP)やモノヌクレオチドであるAMPに対して、多分子を極めて強く結合することがわかった。また、ポリヌクレオチドであるPolyAとも強く相互作用することが表面プラズモン共鳴法により明らかとなった。 4. リポソームベシクルへの糖クラスターの固定化 レセプターに対する認識部位を有するリポソームとして、糖クラスターのリポソームベシクルへの固定化が容易に行えることがわかった。 続きを見る
本文を見る

類似資料: