電極酸化における革新的メディア系の開拓

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

電極酸化における革新的メディア系の開拓

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
松村 功啓(九州大学・有機化学基礎研究センター・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998
概要(最新報告):
電極酸化反応の持つ問題点、即ち、陽極の酸化電位をいくら上げても目的の基質の酸化よりもメディア系の酸化が主に起こるという問題点を革新的メディア系を開拓することにより解決して、形式的には理想的な手法である電極酸化法の対象範囲を拡大し高選択性を持つ有用な有機合成反応を見いだすのが本研究の目的である。本年度は、メディア系としてメディエーター系も含めて検討を行い、以下の成果を得た。 1) 臭素陰イオンと有機スズ化合物をメディエーターとする1,2-ジオールの選択的酸化反応 高選択的に酸化反応を達成しうるメディア系として、溶媒だけでなくメディエーター系も検討し、臭素陰イオンと有機スズ化合物、特にジブチルチンオキシドの両者がメディエーターとして存在すると1,2-ジオールのα-ヒドロキシケトンへの酸化が非常に効率良く起こることを見いだした。メディエーターが存在しない電極酸化の場合には1,2-ジオールの炭疸間切断反応が起こる。触媒は1000分の1以下でも効率的にすすむので、本電極酸化は、本研究の目的に適う理想的なメディエーター系である。 2) トリフルオロエタノール溶媒系でのメディエーター電極酸化反応 トリフルオロエタノール溶媒系で臭素陰イオンをメディエーターとしてアミドの電極酸化を行うと、高収率で炭素一個減じたアミンのN-トリフルオロエトキシカルボニル化体が高収率で得られた。トリフルオロエタノールはメタノール、n-ブタノールなどの一般1級アルコールには観られない特異な反応性があることが解った。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
新規不斉源の創製とその高次利用 by 末宗 洋; SUEMUNE Hiroshi
8.
新規不斉源の創製とその高次利用 by 末宗 洋; SUEMUNE Hiroshi