日米における統計作成のための外部データ利用に関する制度・運営の比較研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

日米における統計作成のための外部データ利用に関する制度・運営の比較研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
原田 久(熊本県立大学・総合管理学部・講師)
平井 文三(九大・法学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998
概要(最新報告):
ミクロデータ利用技術研究の目的の一つは、統計機関が調査データの一部又は全部を外部データにより代替することにより、報告者の負担軽減や調査の効率化を図るための技術を開発することにある。本研究においては、統計機関が外部データを利用することにより統計調査を改善するために望ましい制度的枠組みを解明することを目的とした。具体的には、日本における非統計上の目的で収集された行政記録を統計作成に使用することを実質的に促進させる制度のあり方を検討した。 現在、総務庁行政管理局は総定員法に基づき総量規制的に定員の査定を所管している。また同局は,スクラップ・アンド・ビルドの原則に基づき、機構の査定を行っている。これに類するかたちで、統計基準部が所管する指定統計及び承認統計の審査についても総量規制方式あるいはスクラップ・アンド・ビルドを導入することが、行政記録の統計利用を促進させる有効な手段として考えられ得る。調査件数、調査客体数、調査項目数に大枠を課することができれば、自ずから各省庁は統計調査に機能的に代替しうる行政記録の統計利用の可能性を模索することになる。 ただし、調査統計の審査におけるスクラップ・アンド・ビルド方式の導入にあたっては、調査統計に代替しうる行政記録の多くは税務データであり、公務員の守秘義務が課せられていること等の問題が残っていること、また、行政記録の統計化に際しては、カバレッジや記録の更新時期の問題等が存在することも明らかになった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
日本統計制度再建史 : 統計委員会史稿 by 日本統計研究所; 行政管理庁統計基準局
2
諸外国における統計の制度と運営 by 総務庁統計局統計基準部国際統計課; 行政管理庁行政管理局統計主幹; 総務省統計局統計基準部国際統計課; 総務省政策統括官
3
日中会計・統計制度の比較 : 日中共同シンポジウム by 西村, 明; 張, 以寛; 日中共同シンポジウム
9
統計調査総覧 : 統計利用者への手びき by 美濃部, 亮吉; 松川, 七郎
4
統計制度と統計調査 by 行政管理庁行政管理局統計主幹
5
統計制度と統計調査 by 行政管理庁行政管理局統計主幹
11
統計情報の地方における多目的利用に関する調査研究報告書 by 全国統計協会連合会; 機械振興協会経済研究所
6
アジア諸国の統計制度 by 松田, 道夫(1924-)
12
「統計情報の地方における多目的利用の調査分析」に関する調査研究報告書 by 全国統計協会連合会; 機械振興協会経済研究所
2.
諸外国における統計の制度と運営 by 総務庁統計局統計基準部国際統計課; 行政管理庁行政管理局統計主幹; 総務省統計局統計基準部国際統計課; 総務省政策統括官
3.
日中会計・統計制度の比較 : 日中共同シンポジウム by 西村, 明; 張, 以寛; 日中共同シンポジウム
4.
統計制度と統計調査 by 行政管理庁行政管理局統計主幹
5.
統計制度と統計調査 by 行政管理庁行政管理局統計主幹
6.
アジア諸国の統計制度 by 松田, 道夫(1924-)
7.
日本統計制度再建史 : 統計委員会史稿 by 日本統計研究所; 行政管理庁統計基準局
9.
統計調査総覧 : 統計利用者への手びき by 美濃部, 亮吉; 松川, 七郎
11.
統計情報の地方における多目的利用に関する調査研究報告書 by 全国統計協会連合会; 機械振興協会経済研究所
12.
「統計情報の地方における多目的利用の調査分析」に関する調査研究報告書 by 全国統計協会連合会; 機械振興協会経済研究所