ダイオキシン関連物質のオンサイト・リアルタイム分析

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイオキシン関連物質のオンサイト・リアルタイム分析

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
ON-SITE REAL-TIME MONITORING OF DIOXINS AND RELATED COMPOUNDS
責任表示:
今坂 籐太郎(九州大学・大学院・工学研究院・教授)
IMASAKA Totaro(九州大学・大学院・工学研究院・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-2000
概要(最新報告):
本研究では、ダイオキシンを高感度・リアルタイム計測するための分析装置の開発するとともに、これを用いる基礎研究を行った。 ダイオキシンのような塩素を多数含む芳香族化合物は、スピン-軌道相互作用のために励起寿命が短くなり、多光子イオン化の効率が低下する。これを克服するには、励起寿命と同程度のパルス幅を持つレーザーを利用する必要があることを、理論・実験の両面から実証した。本研究では、とくに分布帰還型色素レーザーを開発し、実際に高いイオン化効率が得られることを確認した。 ダイオキシンを高感度に測定するには、生成したイオンを効率よく検出できる質量分析計が不可欠である。そこで新方式の質量分析計を設計するとともに、SIMIONソフトウエアを用いたシミュレーションにより、得られる性能を予測した。また、実際に装置を設計・試作し、所定の性能が得られることを確認した。 本研究では、ポリ塩化ビニルの熱分解生成物を超音速分子ジェット分光法により測定することにより、ダイオキシンの前駆体であるクロロベンゼンが全く生成しないこと、また塩素化したポリ塩化ビニル(ポリ塩化ビニリデン)からは、クロロベンゼンが効率よく発生することを明らかにした。また、塩化第二鉄の触媒存在下で、クロロフェノールがどのようなダイオキシンを生成するかを研究した。その結果、当初予想していたような単純な脱塩化水素化ではなく、スマイル転移した異性体が生成することが判明した。このような異性体のリアルタイム計測は、従来の質量分析装置では行えず、超音速分子ジェット法の有用性を示すことができた。 本研究の成果により、NEDOの平成12-14年度地域コンソーシアム事業「ダイオキシンのオンライン・リアルタイム計測装置の開発」が採択された。平成15年にはダイオキシン分析装置として市販化する計画となっている。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
ダイオキシンおよびその関連物質のショウジョウバエにおける遺伝毒性 by 光永, 浩子; 桑原, 鉄次; 坂口, 文吾; 増田, 義人; 古賀, 克己; Mitsunaga, Hiroko; Kuwahara, Tetsuji; …
4
超高感度・高選択的質量分析装置の開発 by 内村 智博; UCHIMURA Tomohiro
5
Cynaropicrinが油症原因物質2,3,4,7,8-PentachlorodibenzofuranによるWasting Syndromeおよび酸化的ストレスに及ぼす影響 by 山田, 健一; Yamada, Ken-ichi; Yamada, Kenichi; 石井, 祐次; Ishii, Yuji; 武田, 知起; Takeda, Tomoki; 黒木, …
11
血中ダイオキシン類の半減期の関係と想定される代謝機構 by 松本, 伸哉; 赤羽, 学; 神奈川, 芳行; 梶原, 淳睦; 戸髙, 尊; 千葉, 貴人; 安川, 史子; 内博, …
12
カネミ油症におけるダイオキシン類の排出速度研究の進展 by 松本, 伸哉; Matsumoto, Shinya; 赤羽, 学; Akahane, Manabu; 神奈川, 芳行; Kanagawa, Yoshiyuki; 梶原, 淳睦; …
4.
超高感度・高選択的質量分析装置の開発 by 内村 智博; UCHIMURA Tomohiro
5.
Cynaropicrinが油症原因物質2,3,4,7,8-PentachlorodibenzofuranによるWasting Syndromeおよび酸化的ストレスに及ぼす影響 by 山田, 健一; Yamada, Ken-ichi; Yamada, Kenichi; 石井, 祐次; Ishii, Yuji; 武田, 知起; Takeda, Tomoki; 黒木, …
7.
ダイオキシンおよびその関連物質のショウジョウバエにおける遺伝毒性 by 光永, 浩子; 桑原, 鉄次; 坂口, 文吾; 増田, 義人; 古賀, 克己; Mitsunaga, Hiroko; Kuwahara, Tetsuji; …
11.
血中ダイオキシン類の半減期の関係と想定される代謝機構 by 松本, 伸哉; 赤羽, 学; 神奈川, 芳行; 梶原, 淳睦; 戸髙, 尊; 千葉, 貴人; 安川, 史子; 内博, …
12.
カネミ油症におけるダイオキシン類の排出速度研究の進展 by 松本, 伸哉; Matsumoto, Shinya; 赤羽, 学; Akahane, Manabu; 神奈川, 芳行; Kanagawa, Yoshiyuki; 梶原, 淳睦; …