物理ゲルの微視的架橋構造並びに不均質性と巨視的物性の相関

閲覧数: 17
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

物理ゲルの微視的架橋構造並びに不均質性と巨視的物性の相関

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Relations between microscopic crosslinking structure and heterogeneity of physical gels and macroscopic properties.
責任表示:
根本 紀夫(九州大学・大学院・総合理工学研究院・教授)
NEMOTO Norio(九州大学・大学院・総合理工学研究院・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-2000
概要(最新報告):
本研究では、外部応力に対応した局所的な分子運動を検出可能にするために、高分子ゲル及び高分子フィルムに応力を印可しながら赤外吸収二色性を顕微視野で測定できる装置の開発を行った。 微結晶部分を架橋点とするポリエチレンゲルの延伸に伴う赤外吸収二色性変化を調べたところ、フィルムを溶媒中で膨潤させて調製したゲル(膨潤ゲル)では、ラメラから成る架橋部位の回転による配向により変形が生じる初期と結晶・非晶部ともに配向する後期の二段階で変形するのに対して、膨潤ゲルを溶解後徐冷してえられるゲル(溶解ゲル)では、結晶・非晶部が同時に配向する一段階の変形機構を取ることが明らかとなった。 巨大球晶を含んだポリプロピレンフィルムフィルムを延伸しながら、巨大球晶およびそれを取り巻く微結晶部分の変形挙動について調べたところ、微結晶部では延伸に伴い高分子鎖が延伸方向に大きく配向するが、球晶部では、ほとんど配向が生じず球晶が微結晶部に比べてかなり硬いことが示された。結晶構造に対応して変形機構も異なった。微結晶部では、降伏現象の終了直前まで無配向状態を維持するが、降伏が生じた直後に急に配向が生じ、その後延伸に伴い徐々に配向することがわかった。巨大球晶部では、α晶ではラメラの延伸・分離及び、圧縮・解きほぐれが結晶束ごとに生じており、αmix晶では親ラメラの変形に対して子ラメラが抵抗することにより配向しにくくなる。さらに、β晶はもろく、捩れたラメラの絡み合いがわずかな応力で解けるのであろうということが示唆された。α晶は微結晶とは比較的孤立した状態にあるのに対して、β晶では十分に微結晶と絡んでおり、球晶の結晶形態が変形機構に大きな影響を及ぼすことが明らかとなった。 疎水性主鎖を持つテレケリックイオノマーをMg^<2+>およびK^+イオンにより中和し、溶液状態における会合体形成について検討を行った。いずれの系でも低濃度では分子間で会合体を形成し、濃度の上昇と智に供に会合体サイズが大きくなり、10%前後の濃度を越えると系全体に広がる粘弾性網目を形成することがわかった。1価のK^+系の粘弾性網目では網目の組替えとイオンクラスタの運動と推測される2段階の緩和が生じたが、2価のMg^<2+>系では非常に広い緩和時間分布をもつ挙動を示した。これは、無極性溶媒中においてはMg^<2+>イオンのつくるイオンペアーは電離することができず、2本一組での運動しか許されないためであると思われる。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
高分子材料の衝撃圧縮特性の微視的解明 by 永山 邦仁; NAGAYAMA Kunihito
10
ポリプロピレン樹脂 by 高木, 謙行; 佐々木, 平三
11
ポリプロピレン by 井上, 辰雄; 川上, 茂
12
Polypropylene by Taiwan jing ji yan jiu suo; EBSCO Publishing
1.
高分子材料の衝撃圧縮特性の微視的解明 by 永山 邦仁; NAGAYAMA Kunihito
10.
ポリプロピレン樹脂 by 高木, 謙行; 佐々木, 平三
11.
ポリプロピレン by 井上, 辰雄; 川上, 茂
12.
Polypropylene by Taiwan jing ji yan jiu suo; EBSCO Publishing