複雑内部流れの三次元剥離

閲覧数: 9
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

複雑内部流れの三次元剥離

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Three-Dimensional Separation in Complex Internal Flow Fields
責任表示:
井上 雅弘(九州大学・大学院・工学研究院・教授)
INOUE Masahiro(九州大学・大学院・工学研究院・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-2000
概要(最新報告):
ターボ機械の内部流れに焦点を絞って,先端的な非定常流れ計測および大規模数値解析により,遠心力およびコリオリ力の作用する極めて複雑な内部流れ場で生じる三次元剥離構造を詳細に解析した結果,以下のような知見が得られた. 圧縮機の不安定現象と密接に関係した軸流圧縮機動翼列のパートスパン形旋回失速における三次元剥離形態は二つに大別される.ひとつは翼2,3ピッチに相当するスケール(小スケール失速セル)構造を持ち,その内部には翼背面上とケーシング面に端を持つ竜巻状の剥離渦が形成され,失速の伝播はケーシング面上の剥離渦端が翼間を移動することで起こる.他方,失速域が翼十数ピッチに及ぶスケール(大スケール失速セル)構造を有する剥離形態も現れる.この大スケール失速セルは,流量の減少にともなって,複数の小スケール失速セルの内の一部が発達して形成される.大スケール失速においても,フルスパン失速に見られるような2次元的な失速形態は現れず,翼スパン方向に複雑な構造を有した3次元剥離形態を呈する.しかしながら,小スケール失速セルとは異なり,大スケール失速セル内部に明確な剥離渦構造は認められない. 動翼前方の静翼を動翼に近づけるとともに,小スケール失速セルの成長は抑制され,十分近づけた状態ではその発生すらも認められなくなる.また,静翼を近づけるほど,周方向に伝播する大スケールの擾乱波が発生しやすくなり,その結果大スケール失速セルがより高流量条件で発現する.さらに,動・静翼の間隔によらず,大スケール失速セル内に小スケール失速セルの形成が認められ,大スケール失速セル前縁部で発生した小スケール失速セルは,両者の旋回速度差により大スケール失速セルの後縁部へと移動した後に消滅する. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
ターボ機械翼端流れのアクティブ制御 by 井上 雅弘; INOUE Masahiro
3
複雑内部流れ解析におけるEFDとCFDの同化 by 古川 雅人; FURUKAWA Masato
3.
複雑内部流れ解析におけるEFDとCFDの同化 by 古川 雅人; FURUKAWA Masato
7.
回転翼列内の複雑乱流場におけるコリオリ力の効果 by 原 和雄; HARA Kazuo; 古川 雅人
8.
ターボ機械翼端流れのアクティブ制御 by 井上 雅弘; INOUE Masahiro