「力石」に関する歴史社会学的研究-力石の衰退に身体の近代化をみる-

閲覧数: 30
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

「力石」に関する歴史社会学的研究-力石の衰退に身体の近代化をみる-

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
A History Sociological Study about "Chikaraishi" - We can catch a glimpse of the modernization of Body in the atrophy of Chikaraishi -
責任表示:
西村 秀樹(九州大学・健康科学センター・助教授)
NISHIMURA Hideki(九州大学・健康科学センター・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-1999
概要(最新報告):
昭和初期においては、力石には労働様式と関連した「通過儀礼」的な意味はすでにうすれてしまっていたようである。概しては、祭りのとき、相撲大会のとき、お宮の掃除のときなど若い衆が集まった際に、「力比べ」「力試し」「力自慢」の「遊び」としておこなわれていたと言える。すなわち、「伝統的身体」は、かつてのように農耕という労働様式と有機的に関連するものではなくなっており、「遊び」「レクリェーション」のなかでその威力を発揮するものになってしまっていた。こうした変容は、明治政府のスローガン「富国強兵」「殖産興業」を推進していくために講じた「身体の近代化」政策-学校体育の普及・運動会の普及-によると同時に、それと並行して生じた農業技術の向上、科学肥料の供給、生産の集約化等による「伝統的身体」の変質あるいは意義喪失といった社会過程にも負うている。こうして、昭和初期には、身体は近代化されていた。一方で力石を担いで遊んでいたが、他方では町や部落、学校の運動会が盛んで、「躍動」「すばやいロコモーション」「方向転換」「整列行進」になじんでいたのである。 戦後は、力石はこの「レクリェーション」からも姿を消し、現在では香北町や香我美町で年一回のコンテストとして残存するにすぎない。これは、村落構造の崩壊(例えば、力石の担い手である若い衆が減り、若者宿が消失していったこと)や他のレクリェーション(野球・相撲・芝居・浄瑠璃など)の普及といった社会過程を背景にしていると考えられる。 今回の聞き取り調査は、今や風化してしまいそうな力石の実態を記録にとどめることができたというところに、最大の成果があったと思っている。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
男女青少年団体概況 . 大日本青少年団組織経営ニ関スル資料 by 文部省社会教育局; 大日本青少年團; 大日本青少年団本部
3
自尊感情の変容に関する実践的研究 by 吉田, 達也; Yoshida, Tatsuya
3.
自尊感情の変容に関する実践的研究 by 吉田, 達也; Yoshida, Tatsuya
7.
男女青少年団体概況 . 大日本青少年団組織経営ニ関スル資料 by 文部省社会教育局; 大日本青少年團; 大日本青少年団本部