肥満およびインスリン抵抗性の成因としての骨格筋の役割-速筋優位モデルラットを用いての検討-

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

肥満およびインスリン抵抗性の成因としての骨格筋の役割-速筋優位モデルラットを用いての検討-

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
SKELETAL MUSCLEAS A ETIOLOGY OF OBESITY AND INSULIN RESISTANCE : INVESTIGATION BY USING FAST-TWITCH FIBER DOMINANT MODEL RATS (FFDR)
責任表示:
熊谷 秋三(九州大学・健康科学センター・助教授)
KUMAGAI Shuzo(九州大学・健康科学センター・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-1999
概要(最新報告):
(平成10年度) 遺伝的に生じた筋線維組成の違いとインスリン感受性、脂肪蓄積、および活動量との関係についてFFDRとCRを用いて検討した。その主な結果は以下の通りであった。(1)体重、復腔内脂肪量には有意差を認めなかった。(2)筋量に関しては、FFDRのヒラメ筋重量がCR群に比べ有意に高値を示したが、その他の筋では有意差を認めなかった。(3)筋組成に関しては、FFDRはCRよりも腓腹筋およびヒラメ筋の%Type1線維が有意に低値を示し、また腓腹筋の%Type2B線維およびヒラメ筋の%Type2A線維が有意に高値を示した。(4)毛細血管分布には有意差を認めなかった。(5)両群の血漿インスリン、グルコース濃度およびGIRには、有意差を認めなかった。自発活動量は(週間走行距離、累積走行距離)、FFDRが有意に高値を認めた。なお、有意差は9週令でのみ認めた。本研究では筋線維組成の違いがインスリン感受性や脂肪蓄積に影響を及ぼしていることを見いだすことはできなかった。この理由として、毛細血管分布に差が認められなかったこと、活動量の違いが筋線維組成の違いを補償していたこと、および被検道物が若齢(8-9週令)であったことなどが考えられた。 (平成11年度) FFDRとCRに6週間の高脂肪食または低脂肪食を負荷したところ、以下のような成績を認めた。 (1)腓腹筋の筋線維組成および腓腹筋線維横断面積比は、FFDRがCRに対してType1線維では低値を、Type2DX線維では高値を示した。(2)4群間に摂食量には有意な差が認められなったにも関わらず、高脂肪食負荷されたFFDR群の体重、体重増加量、および腹腔内脂肪量は、CR群に高脂肪食を負荷した場合に比べ、有意に低かった。(3)さらに、摂食効率(体重増加量/摂食量)には、CH群が他群に比べ有意な高値を認めた。(4)筋重量は、腓腹筋ではCHがFL、FHに対して高値を示し、ヒラメ筋、足底筋では有意差は認められなった。(5)腓腹筋では、Type2AおよびType2DX線維はType1線維よりもSDH活性が高かった。これらの結果から、CRとFFDRの肥満耐性の差は、筋線維の酸化能の違いによるものと考えられた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
Skeletal Muscle Phenotype, Fat Content and Voluntary Running Activity in the Fast-Twitch Fibre Dominant and Control Rats by Suwa, Masataka; 諏訪, 雅貴; Kumagai, Shuzo; 熊谷, 秋三; Higaki, Yasuki; 桧垣, 靖樹; Nakamura, Tomohiro; Katsuta, Shigeru; 勝田, 茂
12
インスリン抵抗性心筋症の概念と実態 by 丸山, 徹; 酒井, 由美子; 永渕, 正法; Maruyama, Toru; Sakai, Yumiko; Nagafuchi, Seiho
10.
Skeletal Muscle Phenotype, Fat Content and Voluntary Running Activity in the Fast-Twitch Fibre Dominant and Control Rats by Suwa, Masataka; 諏訪, 雅貴; Kumagai, Shuzo; 熊谷, 秋三; Higaki, Yasuki; 桧垣, 靖樹; Nakamura, Tomohiro; Katsuta, Shigeru; 勝田, 茂
12.
インスリン抵抗性心筋症の概念と実態 by 丸山, 徹; 酒井, 由美子; 永渕, 正法; Maruyama, Toru; Sakai, Yumiko; Nagafuchi, Seiho