食生活と唾液・咀嚼機能の関連性にいて

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

食生活と唾液・咀嚼機能の関連性にいて

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
The relation of food taking, salivary secretion and masticatory function
責任表示:
家入 美香(九州大学・歯学部・助手)
IEIRI Yoshika(九州大学・歯学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-1999
概要(最新報告):
食に関わる唾液と味、補綴物による咀嚼機能の回復の関連について追求するため、60歳以上の有歯顎者(5名、平均68.3歳;Co群)および部分床義歯装着者(16名平均68.1歳;PD群)、若年者(12名平均23.7歳;Cy群)の唾液分泌、咀噛能率などを調査した。 1.唾液流出量;唾液量は安静時はPD群(平均1.58ml/5min)とCo群(平均0.43m1/5min)の高齢者は、Cy群に比べ有意にすくなく、この減少は義歯に関係なく加齢による影響と考えられる。ATP顆粒カプセルによる咀嚼能率検査ではPD群(1.67J)とCo群(1.70J)に差はなく、PD群は十分に咀噛機能が改善されていると考えられた。咀嚼刺激時唾液流出量はPD群(平均5.39m1/5min)ではCy群(平均6.37ml/5min)と有意差なく、Co群(平均2.37ml/5min)ではPD、Cyの両群より有意に少なかった。咀嚼機能が改善されている場合には十分な唾液流出が得られることが示唆された。今後、さらにCo群の調査人数を増やしていく必要がある。 2.口腔乾燥感;Co群では口腔乾燥感の有無と安静時、刺激時の唾液量は有意差がなかった。PD群ではCo群より安静時、刺激時とも唾液量は多いにもかかわらず、口腔乾燥を感じる者が多く、義歯装着の影響が疑われた。 3.味覚閾値との関係;Co群ではPD群に比べ、4基本味(甘、塩、酸、苦)の認知閾値は低く、PD群でCo群と同程度の認知閾値を示す者の唾液量はCo群の約2倍であった。 4.部分床義歯装着後2年間観察した5名の咀嚼スコアは6〜17%、咀嚼能率は0.38〜0.5J増加した。安静時唾液量はやや減少したが、刺激時唾液は咀嚼スコアや咀嚼能率の増加に伴い、0.6〜3.5ml/5min増加した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

4
障害高齢者の咀嚼機能(咀嚼力について) by 沖本 公繪; OKIMOTO Kimie
10
Metabolomics of Salivary Biomarkers in Yusho Patients by Kawasaki, Goro; 川﨑, 五郎; Ichikawa, Yoko; 市川, 陽子; Yoshitomi, Izumi; 吉冨, 泉; Umeda, Masahiro; 梅田, 正博
12
Application of Multiple Antigen Simultaneous Test to the Measurement of Allergen-specific IgA and IgG in Human Sera and Saliva by Takasugi, Mikako; Arimoto, Tetsuya; Igawa, Tatsuya; Itaya, Hideki; Sugano, Michihiro; Yamada, Koji; 高杉, 美佳子; …
4.
障害高齢者の咀嚼機能(咀嚼力について) by 沖本 公繪; OKIMOTO Kimie
10.
Metabolomics of Salivary Biomarkers in Yusho Patients by Kawasaki, Goro; 川﨑, 五郎; Ichikawa, Yoko; 市川, 陽子; Yoshitomi, Izumi; 吉冨, 泉; Umeda, Masahiro; 梅田, 正博
12.
Application of Multiple Antigen Simultaneous Test to the Measurement of Allergen-specific IgA and IgG in Human Sera and Saliva by Takasugi, Mikako; Arimoto, Tetsuya; Igawa, Tatsuya; Itaya, Hideki; Sugano, Michihiro; Yamada, Koji; 高杉, 美佳子; …