嚥下および嘔吐における上気道運動出力の中枢制御機構に関する研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

嚥下および嘔吐における上気道運動出力の中枢制御機構に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Neural nechanisms of upper airwav motor outputs during vomiting versus swallowing
責任表示:
梅崎 俊郎(九州大学・医学部・講師)
UMEZAKI Toshiro(九州大学・医学部・講師)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-1999
概要(最新報告):
嚥下と嘔吐は上部消化管においては逆方向の運動であるが、咽頭および内外喉頭を含めた上気道筋群のそれらの運動時の活動には類似性と相違点がある。本研究では、まず嘔吐と嚥下時における各上気道筋およびその支配神経の運動出力パターンを系統的に除脳動物をもちいて観察し、その生理的意義とこれら2つの運動の中枢制御の関連性を解明することを目的とした。その結果、嚥下は嘔吐に比し末梢知覚のフィードバックの有無によらず、よりステレオタイプな出力パターンを示すことが明らかになった。また、嘔吐の最終段階でみられる上気道筋群の活動は嚥下とは本質的に異なること、嘔吐と嚥下のパターン形成機構は中枢内で密接に連係していることなどが明らかとなった。 そこで、これら2つの運動における運動ニューロン、呼吸ニューロンおよびパターン形成器を構成していると考えられるインターニューロンについて検討した。無麻酔除脳ネコで筋弛緩剤により動物を非動化した'fictive'運動モデルを用いた実験の結果、舌下神経核内で単一ニューロンの活動についてみると、運動ニューロンの多くは、多機能性ではあるが均一ではないことが判明した。また、嚥下および嘔吐に重要な役割をもつ疑核内の咽頭および喉頭の運動ニューロンの細胞内記録の結果からも、これら2つの運動のパターン形成器から共通に入力を受ける細胞の存在が明らかとなった。さらに、嚥下は呼吸システムに深く関わる協調運動であることから、ニューロンネットワークのダイナミックな統合機構の存在が示唆された。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
超電導量子干渉装置を用いた嚥下中枢の研究 by 山本 智矢; 梅崎 俊郎; UMEZAKI Toshiro
11
嘔吐 by Sartre, Jean Paul, 1905-1980; 白井, 浩司
12
嘔吐 by Sartre, Jean Paul, 1905-1980; 白井, 浩司
1.
超電導量子干渉装置を用いた嚥下中枢の研究 by 山本 智矢; 梅崎 俊郎; UMEZAKI Toshiro
10.
超伝導量子干渉装置を用いた味覚受容の研究 by 山本 智矢; YAMAMOTO Tomoya
11.
嘔吐 by Sartre, Jean Paul, 1905-1980; 白井, 浩司
12.
嘔吐 by Sartre, Jean Paul, 1905-1980; 白井, 浩司