スペクトル解析を用いた前庭刺激に対するヒト自律神経反応の検討

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

スペクトル解析を用いた前庭刺激に対するヒト自律神経反応の検討

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Spectral analysis of human autonomic nerve responses to vestibular stimulation
責任表示:
井之口 昭(佐賀医科大学・医学部・教授)
INOKUCHI Akira(佐賀医科大学・医学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-2000
概要(最新報告):
多くのめまい疾患で自律神経異常がその発症の誘因の1つと考えられ、動揺病発症時あるいはめまい発作時にみられる悪心、冷汗、動悸などは前庭自律神経反射系が異常に亢進したために引き起こされると考えられているが、その詳細は不明である。心電図上のR-R間隔をスペクトル解析することにより各周波数成分の増減から交感・副交感神経機能を評価することが可能であるので、今回は前庭刺激を種々の程度で加えた時の自律神経応答を測定した。On verticalの回転刺激を加えた際のαおよびβ交感神経、副交感神経の活動についてスペクトル解析法を用いて測定した。α交感神経成分は0.1Hz,角速度29度/秒、8分20秒刺激では刺激中、後とも変化しなかった。しかし0.2Hz,角速度57度/秒刺激では刺激終了7分後より約60分上昇した。さらに刺激強度を0.4Hz,角速度114度/秒に上げると刺激中に有意な低下を認めた。この低下は刺激後には消失し、刺激前のレベルに戻った。β交感神経成分も0.2Hz刺激ではα交感神経とほぼ同様の経過で上昇したが、0.1Hz、0.4Hz刺激では変化を認めなかった。これに対して副交感神経成分は0.2Hzでの刺激中は変化しなかったが、0.2Hz刺激終了7分後よりその活動が60分間低下した。0.1Hz、0.4Hz刺激では有意な変化はみられなかった。Off vertical刺激ではα交感神経成分の上昇と副交感神経成分の低下がより顕著となった。めまい患者2名に0.2Hz刺激を加えたところ正常者で見られた刺激後の副交感神経成分の低下は認められなかった。次にカロリック刺激(20℃冷水)を行ったところ、α交感神経成分は1分後に有意に低下した後次第に前値に戻ったが、β交感神経成分、副交感神経成分には有意の変化を認めなかった。種々の前庭刺激時にスペクトル解析法を用いて自律神経の活動変化を捉えることにより、自律神経の応答様式の詳細が明らかになることが判明した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
Nonlinear methods of spectral analysis by Haykin, Simon S., 1931-
9
不規則振動とスペクトル解析 by Newland, D. E.; 坂田, 勝; 木村, 康治
4
10年使える有機スペクトル解析 by 新津, 隆士; 海野, 雅史; 鍵, 裕之
4.
10年使える有機スペクトル解析 by 新津, 隆士; 海野, 雅史; 鍵, 裕之
8.
Nonlinear methods of spectral analysis by Haykin, Simon S., 1931-
9.
不規則振動とスペクトル解析 by Newland, D. E.; 坂田, 勝; 木村, 康治