マトリックスメタプロテナーゼ(MMP7)の消化器癌の浸潤・転位への関与

閲覧数: 18
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

マトリックスメタプロテナーゼ(MMP7)の消化器癌の浸潤・転位への関与

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
The involvement of matrix metalloproteinase (MMP-7) in invasion and metastasis of gastrointestinal carcinoma.
責任表示:
勝田 猛(九大・生体防御医学研究所・助手)
吉河 康二(九州大学・生体防御医学研究所・助教授)
YOSHIKAWA Yasuji(九州大学・生体防御医学研究所・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-1999
概要(最新報告):
われわれは、臨床消化器癌にけるMMP-7の発現を調べ、大腸癌では臨床病気の進行に伴ってMMP-7の発現が亢進すること(Mori et al.1995 Cancer)、胃癌ではリンパ節転移、リンパ管侵襲、静脈侵襲に相関すること(Honda et al.1996 Gut)を明らかにしてきた。今回、48例の食道臨床癌の検討によって、MMP-7の発現亢進はリンパ節転移、予後と相関していることが判明した。また、予後に関して多変量解析をおこなったところ臨床病理学的因子とは独立した予後因子であるこ事が示された(p=0.0005)(Yamashita et al.2000 Clin.Cancer Res.in press)。MMP-7は癌組織において主として癌細胞で発現していることが知られているし、われわれも食道癌を用いた免疫染色で癌細胞での発現を確認している。ところが、13個の食道癌株化細胞を調べた結果MMP-7を発現していたものは1例もなく臨床検体とのdiscrepancyを示した。これは、MMP-7の発現が癌間質相互作用によって誘導されることを示唆している。そこでMMP-7を発現していない食道癌株化細胞(KY150)をもちいてMMP-7の遺伝子導入株(KY-7)を作成し親株(KY-P)との比較を行い検討している。KY-7はKY-Pに比較して細胞がconfluentになった後cyclinD1,c-myc遺伝子の亢進、p27蛋白の低下を認めS期の細胞の増加をみとめた。この現象にともなってBrdU uptakeの亢進を認め細胞の増殖能の亢進を示した。KY-7とKY-Pのin vitroにおける細胞増殖は細胞密度の上昇にともなって強い差を認めた。MMP-7の発現は腫瘍細胞の腫瘍原性に関連する事はすでに知られていたが今回の実験でG1/S期の亢進によってtumorigenicityに関与する事が示唆された。(792字) 続きを見る
本文を見る

類似資料:

5.
細胞周期調節因子aurora2による消化器癌浸潤・転移機構の解明 by 佐藤 浩一; 定永 倫明; SADANAGA Noriaki