ヒトFTZ-F1β遺伝子の構造と機能に関する研究

閲覧数: 7
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒトFTZ-F1β遺伝子の構造と機能に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Research on the structure and functions of human FTZ-F1β gene
責任表示:
柳瀬 敏彦(九州大学・大学院・医学研究院・助教授)
YANASE Toshihiko(九州大学・大学院・医学研究院・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-2000
概要(最新報告):
我々はヒトAd4BP遺伝子クローニングの過程で偶然、Ad4BP類似の構造を有する部分遺伝子クローンを得たが、ホモロジー検索の結果、Ad4BP関連核内受容体であるmouse liver receptor homologue-1(mLRH-1)のヒト型homologueであることが判明した。Ad4BPがショウジョバエのfushitarazu factor-1(FTZ-F1)のヒト型homologueであることから、これをα型とし、mLRH-1タイプをFTZ-F1βと名づけた。Ad4BPは副腎、性腺の発生、分化に必須の因子であることが確立しているが、FTZ-F1βに関して、不明のことが多く、その解明を目的として以下のような成績を得た。 1.ヒトFTZ-F1β遺伝子の全構造を決定した。そのエクソン/イントロン構造はAd4BP/SF-1遺伝子のそれと構造を異にするA/B領域以外は極めて類似した構造を示した。 2.同遺伝子の5'領域のクローニングを行い、そのプロモーター領域にTATAボックスの存在を認めた。 3.その転写調節機構についての研究を行い以下のような成績を得た。HepG2細胞とCV-1細胞、Hela細胞における基礎転写活性の違いより、hFTZ-F1β5'隣接領域が組織特異的なプロモーターとして機能することが判明した。 4.-1040(Sma I)から-1743(Pvu II)の間に強く転写を活性させる領域が存在する。この領域には3つのHNF-1領域が存在し、hFTZ-F1bの発現調節にはHNF-1aの関与が示唆される。 5.しかしながらHNF-1αはCV-1細胞ではHepG2細胞ほど転写活性を上昇させない。HNF-1aが他の転写因子を活性化させ、間接的にhFTZ-F1βの発現に関与していることが示唆される。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
生殖腺の性分化におけるAd4BPの機能 by 諸橋 憲一郎; MOROHASHI Ken-ichirou
9
生殖器官形成過程における転写因子Ad4BPの機能 by 諸橋 憲一郎; MOROHASHI Kenichirou
5
性分化を制御する遺伝子カスケード解明 by 諸橋 憲一郎; MOROHASHI Ken-ichirou
5.
性分化を制御する遺伝子カスケード解明 by 諸橋 憲一郎; MOROHASHI Ken-ichirou
8.
生殖腺の性分化におけるAd4BPの機能 by 諸橋 憲一郎; MOROHASHI Ken-ichirou
9.
生殖器官形成過程における転写因子Ad4BPの機能 by 諸橋 憲一郎; MOROHASHI Kenichirou