G-CSFによる細胞増殖および分化に関与する刺激伝達物質のクローニング

閲覧数: 33
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

G-CSFによる細胞増殖および分化に関与する刺激伝達物質のクローニング

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
ANALYSIS OF G-CSF SIGNAL TRANSDUCTION PATHWAY INCLUDING THE CLONING OF NEW MOLECULES.
責任表示:
岡村 精一(九大・医学部・講師)
浅野 嘉延(九州大学・医学部・助手)
ASANO Yoshinobu(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998-1999
概要(最新報告):
G-CSFは好中球の増殖、分化、機能発現などを調整するサイトカインであるが、これら各々の作用に特異的なシグナル伝達経路に関しては不明な点が多い。そこで我々は、好中球造血に破綻を来した種々の造血異常症におけるG-CSFシグナル伝達経路の遺伝子解析を行ない、病態との相関から、新たな刺激伝達物質のクローニングを含めたシグナル伝達経路の解明を試みている。 最初に、好中球の増殖が障害された先天性好中球減少症においてG-CSF受容体の増殖シグナル領域に遺伝し異常を発見した。この変異体を遺伝子導入した細胞はG-CSFに対する増殖反応性が不良であり、分化能は保たれていた。一方、分化シグナル領域のC端末側が欠損した症例も経験した。そこで現在は、増殖および分化シグナル領域に変異のあるG-CSF受容体をそれぞれ細胞に遺伝子導入し、純粋な実験系で比較検討を行なっている。 さらに、新たなタイプの可溶性G-CSF受容体cDNAのクローニングに成功した。是は従来のタイプと異なり膜貫通ドメインが完全に欠落していた。各々のタイプの可溶性G-CSF受容体cDNAをCHO細胞に遺伝し導入し、上清中の活性を比較検討したが有意な差は認めなかった。そこで、新タイプの可溶性G-CSF受容体のモデルとしてキメラ蛋白を用いて検討し、G-CSFの作用を完全に阻害することを証明した。 一方、骨髄性白血病細胞もG-CSF受容体を発現しており、G-CSFの刺激で旺盛に増殖するが分化に乏しい傾向にある。そこで白血病細胞におけるG-CSF受容体、Jakキナーゼの遺伝子解析を行なったが、病態と関連する遺伝子変異は発見できなかった。ただし、転写因子のStat 3 isoformの遺伝子発現に不均衡のあることが判明した。これらの検討は、G-CSFシグナル伝達経路を解明する手掛かりになるとともに、造血異常症の病態解明にも大きく寄与することが期待される。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
可溶性G-CSFレセプターの解明 by 岡村 精一; OKAMURA Seiichi
2.
可溶性G-CSFレセプターの解明 by 岡村 精一; OKAMURA Seiichi