次世代化学センサおよびセンシングシステムの開発課題と戦略

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

次世代化学センサおよびセンシングシステムの開発課題と戦略

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
山添 昇(九州大学・大学院総合理工学研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1998
概要(最新報告):
化学センサは、日本で生まれ育った新しい計測技術として様々な分野で用いられ、重要性を増しつつある。特に環境保全、クリーンプロセス、省エネルギーといったエネルギー・環境分野や、農業や工業におけるプロセス管理、製品そのもののシステム制御といった生産・製品管理分野、健康、医療、食品といったライフサイエンス分野などでは、今後とも化学センサへの期待がより一層高まるものと予想される。一方において、化学センサに課せられる要求が益々厳しくなっており、例えばppbレベルあるいはそれ以下の極微量成分の計測、電池駆動できる超小型低消費電力センサ、複合微量成分の同時計測など現在のセンサの改良改善では応えることができない要請が出されつつある。このような新しい状況に応えるには新しい発想を取り入れた化学センサの大きな飛躍が是非とも必要であり、平成10年度に基盤研究(C)企画調査として表記課題に着手した次第である。その研究組織は、センサの研究に従事している若手研究者から成り、5つの領域(新しい検知原理、高度検知機能界面、センサに適したマイクロ化技術、高度プロセッシング及びセンサ応用技術、材料からシグナル処理までの高度センシングシステム)を基に研究グループを組織し、各分野について研究分担者が以下の開発課題を重点的に調査、議論し、報告書にまとめた。 (1) 次世代化学センサ・センシングシステムをどのように考えるか (2) 次世代化学センサ・センシングシステムを支える基礎・基盤技術とは何か (3) 次世代化学センサ・センシングシステムにおける応用技術とは何か (4) 上記課題を推進させるための「戦略」をどのように考えるか 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
濃厚試料測定用化学センサの開発 by 今任 稔彦; IMATO Toshihiko
11
表面プラズモン共鳴センサを利用した酒造工程管理 by 羽原, 正秋; Habara, Masaaki; 向井, 達哉; Mukai, Tatsuya; 堂上, 長則; Dogami, Naganori; 草野, 英二; …
3.
濃厚試料測定用化学センサの開発 by 今任 稔彦; IMATO Toshihiko
11.
表面プラズモン共鳴センサを利用した酒造工程管理 by 羽原, 正秋; Habara, Masaaki; 向井, 達哉; Mukai, Tatsuya; 堂上, 長則; Dogami, Naganori; 草野, 英二; …